Santa Lab's Blog


「太平記」諸国宮方蜂起事付越中軍事(その6)

「丹波は京近き国なればしばらくも差し置くべからず、急ぎ大勢を下して義尹よしたかに力を合はせよ」とて、若狭の守護尾張をはり左衛門さゑもんすけ入道心勝しんしよう遠江とほたふみの守護今河いまがは伊予のかみ三河みかはの守護大島遠江の守三人に、三箇国の勢を相副あひそへて三千余騎、京都より差し下さる。その勢すでに丹波の篠村しのむらに着きしかば、当国のつはものども、心を両方に懸けて、いづ方へか付かましと思案しける者ども、今は将軍しやうぐん方ぞ強からんずらんと見定めて、我先にと馳せ付きけるほどに、篠村の勢は日々に勝りてなきほどに五千余騎になりにけり。山名が勢はわづかに七百余騎、国とほくして兵糧とぼしく馬・人疲れて城の構へ厳しからず。かくてはいかがこらふべき、聞き落ちにぞせんずらんと思えけるところに、小林右京うきやうすけ伯耆はうきの国を出でしより、「今度天下を動かすほどの合戦をせずは、生きて再び本国へ帰らじ」と申し切つて出でたりしかば、少しも非可騒、一所にて討ち死にせんと、気を励まし心を一つにするつはものども、神水じんずゐを飲みてすでに篠村を立つと聞きしかば、いづくにても広みへ懸け合はせて、組打ちに討たんと議しける間、篠村の大勢これを聞きて、かへつて寄せられやせんずらんと、二日路ふつかぢを隔てたる敵に恐れて一足も先へは不進、木戸を構へ逆茂木を引きて、用心きびしくては居たりけれども、小林兵粮に詰まりて、また伯耆へ引き退きければ、「御敵をば早や追ひ落として候ふ」とて、気色きしよくばうてぞ帰洛しける。




「丹波は京から近い国であるからしばらくも差し置くべきでない、急ぎ大勢を下して義尹(仁木義尹よしただ)に力を合わせよ」と、若狭守護尾張左衛門佐入道心勝(石橋和義かずよし)・遠江守護今川伊予守(今川貞臣さだおみ)・三河守護大島遠江守(大島義高よしたか?)三人に、三箇国の勢を相添えて三千余騎で、京都より下しました。その勢が丹波の篠村(現京都府亀岡市)に着くと、当国の兵どもは、心を両方に懸けて、どちらに付こうかと思案していた者どもは、将軍(足利義詮よしあきら)方が強いと見定めて、我先にと馳せ付いたので、篠村の勢は日々に増えてなきほどに五千余騎になりました。山名の勢はわずかに七百余騎、国遠くして兵糧は乏しく馬・人は疲れて城の構えも厳しくありませんでした。こうなってはとても堪えられぬ、聞き落ちしようと思っていましたが、小林右京亮は伯耆国を出る時、「今度天下を動かすほどの合戦をせずに、生きて再び本国へは帰るまい」と覚悟を決めていましたので、少しも騒がず、一所で討ち死にしようと、気を励まし心を一つにする兵どもは、(敵が)神水を飲んですでに篠村を立ったと聞いて、どこでも広みに駆け合わせて、組打ちに討とうとんと話し合っているところに、篠村の大勢が聞いて、反対に攻めて来るかと、二日路を隔てた敵に恐れて一足も先へは進まず、木戸を構え逆茂木を引いて、用心厳しくしましたが、小林は兵粮に詰まって、また伯耆に引き退いたので、「敵を早くも追い落としたぞ」と、得意顔で帰洛しました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-11-17 08:15 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」諸国宮方蜂起事付越中...      「太平記」諸国宮方蜂起事付越中... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧