Santa Lab's Blog


「太平記」諸国宮方蜂起事付越中軍事(その7)

越中には、桃井もものゐ播磨のかみ直常ただつね信濃の国より打ち越えて、旧好きうかうつはものどもを相語あひかたらふに、当国の守護尾張をはりの大夫入道にふだうの代官鹿草かくさ出羽ではの守が、国の成敗みだりなるに依つて、国人挙つてこれを背きけるにや、野尻・井口ゐのくち・長倉・三沢の者ども、直常に馳せ付きけるほどに、その勢千余騎に成りにけり。桃井やがていきほひに乗つて国中こくぢゆうを押すに手にさわる者なければ、加賀の国へ発向はつかうして富樫とがしを責めんとて打ち出でける。能登・加賀・越前の兵どもこれを聞いて、敵に先をせられじと相集つて、三千余騎越中ゑつちゆうの国へ打ち越えて三箇所に陣を取る。桃井はいつも敵の陣未だ取りをほせぬ所に、懸け散らすを以つて利とする者なりければ、逆寄さかよせに押し寄せて責め戦ふに、越前の勢一陣先づ破れて、能登・越中の両陣も不全、十方に散つてぞ落ち行きける。日暮るれば桃井本の陣へ打ち帰つて、物の具脱いで休みけるが、夜半計りにちと可評定事ありとて、この陣より二里許り隔てたる井口が城へ、誰にもかくとも不知してただ一人ぞ行きたりける。この時しも能登・加賀の者ども三百余騎打ち連れて、降人かうにんに出でたりける。執事にしよくして、大将の見参に入らんとまうす間、同道して大将の陣へ参じ、事の由を申さんとするに、大将の陣に人一人もなし。近習きんじふの人に尋ぬれども、「いづくへか御入りさふらひぬらん。未だよひより大将は見へさせ給はぬなり」とぞ答へける。陣を並べたる外様の兵どもこれを聞いて、「さては桃井殿被落にけり」と騒ぎて、「我もいづくへか落ち行かまし」と物の具を着るもあり捨つるもあり、馬に乗るもあり、乗らぬもあり、ひたひしめきにひしめく間、焚き捨てたる火陣屋に燃え著いて、燎原れうげんほのほ盛んなり。




越中では、桃井播磨守直常(桃井直常)が信濃国より打ち越えて、旧好の兵どもを味方に付けようとしました、当国の守護尾張大夫入道(斯波高経たかつね)の代官鹿草出羽守(完草義続よしつぐ?)が、国の成敗を好き勝手になしたので、国人は残らずこれに背いたか、野尻・井口・長倉・三沢の者どもが、直常に馳せ付いたので、桃井直常の勢は千余騎になりました。桃井(直常)はたちまち勢いに乗って国中を攻めましたが刃向かう者はいませんでしたので、加賀国へ発向して富樫(富樫 昌家まさいへ)を攻めようと打ち立ちました。能登・加賀・越前の兵どもはこれを聞いて、敵に先を越されまいと集まって、三千余騎が越中国に打ち越えて三箇所に陣を取りました。桃井はいつも敵が陣を取らぬうちに、駆け散らして勝つ者でしたので、逆寄せに押し寄せて攻め戦うと、越前の勢は一陣にまず破れて、能登・越中の両陣も防ぎかねて、十方に散って落ち行きました。日が暮れると桃井は本陣に帰り、物の具([武具])を脱いで休んでいましたが、夜半ほどに少々評定すべきことがあると、この陣より二里ばかり離れた井口城(現富山県南砺市)に、誰にも知られずただ一人出かけました。この間に能登・加賀の者どもが三百余騎打ち連れて、降人に出ました。執事に付いて、大将の見参に入りたいと申したので、同道して大将の陣へ参じ、事の由を申そうとしましたが、大将の陣には一人もいませんでした。近習の人に訊ねましたが、「どこに行かれましたか。宵より大将を見ておりません」と答えました。陣を並べていた外様の兵どもはこれを聞いて、「さては桃井殿は落ちられたか」と騒いで、「我もどこにか落ち行かなくては」と物の具を着る者もあり捨てる者もあり、馬に乗るもあり、乗らぬもあり、ひしめき合ったので、焚き捨てた火が陣屋に燃え付いて、燎原([火の燃えひろがった野原])の炎となって燃え広がりました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-11-18 07:34 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」諸国宮方蜂起事付越中...      「太平記」諸国宮方蜂起事付越中... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧