Santa Lab's Blog


「太平記」尾張左衛門佐遁世事(その2)

左衛門さゑもんすけこれを聞いて、父をや恨みにけん、世を憂しとや思ひけん、密かに出家して、いづちともなく迷ひ出でにけり。付き随ふ郎従ども二百七十人、同時に皆もとどりを切つて、思ひ思ひにぞ失せにける。この人まことに父の所存をも破らず、我が身の得道をも願うて、出家遁世しぬる事たぐひ少なき発心なり。ただしこの頃の人の有様は、昨日は髻切つてまことにたつとげに見ゆるも、今日は頭を包みて、無慚無愧むざんむぎに振る舞ふ事のみ多ければ、この遁世もまた行く末通らぬ事にてやあらんずらんと思ひしに、つひに道心醒むる事なくして、果て給ひけるこそあり難けれ。




左衛門佐(斯波氏頼うぢより)はこれを聞いて、義父(斯波高経たかつね)への恨みか、それとも世の無情を思ってか、ひそかに出家して、どこへともなくいなくなってしまいました。付き従う郎従([家来])ども二百七十人も、同時に皆髻を切って、それぞれいなくなりました。この人は父の所存([考え])に背くことなく、我が身の得道([仏道を修行して悟りを開くこと])をも願い、出家遁世しましたが類いまれな発心でした。ただしこの頃の人の有様は、昨日は髻を切ってまこと貴げに見えても、今日は頭を包み隠して、無慚無愧([悪事を働いても、それを恥じることなく平気でいること])に振る舞うことが多くありましたので、この遁世もまた行く末どうなることかと思っていましたが、遂に道心を冷ますことなく、命を終えたことはりっぱなことでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-12-31 07:55 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」身子声聞一角仙人志賀...      「太平記」尾張左衛門佐遁世事(... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧