Santa Lab's Blog


「太平記」身子声聞一角仙人志賀寺上人事(その2)

婆羅門二の眼を手に取つて、「肉眼は被抜て後、きたなき物なりけり。我何の用にか可立」とて、すなはち地にげて、蹂躙じうりんしてぞ捨てたりける。この時に身子、「人の五体の内には、眼に過ぎたる物なし。これほど用にもなき眼を乞ひ取りて、結句けつく地に抛げつる事の無念さよ」と一念瞋恚しんいの心をこししより、菩提のぎやうを退けしかば、さしも功を積みたりし六波羅蜜のぎやう一時に破れて、破戒の声聞しやうもんとぞ成りにける。




婆羅門([僧侶])は二つの眼を手に取って、「肉眼は抜けば、汚いものだな。わしにとって何の役にもたたぬ」と言って、たちまち地に投げると、踏みつけて捨ててしまいました。この時に身子は、「人の五体の内で、眼ほど大事なものはなし。用にも立たない眼を乞うて、結局地に投げ捨てるとはなんとも無念なことよ」と一念瞋恚([燃え上がる炎のような激しい怒り・憎しみ])の心を起こしたので、菩提の行は無駄となり、功を積んだ六波羅蜜([仏の境涯に到るための六つの修行])は一時に消えて、破戒の声聞([釈尊の教えを忠実に実行はするが、自己の悟りのみを追求する出家修行者のこと])となりました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-01-04 07:52 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」身子声聞一角仙人志賀...      「太平記」身子声聞一角仙人志賀... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
文中の両探題職は六波蘿探..
by aegean at 20:56
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧