Santa Lab's Blog


「太平記」義貞の馬属強の事(その1)

うるふ七月二日、足羽あすはの合戦と触れられたりければ、国中の官軍くわんぐん義貞よしさだの陣河合かはひしやうへ馳せ集まりけり。その勢あたかも雲霞の如し。大将新田左中将さちゆうじやう義貞朝臣は、赤地あかぢの錦の直垂ひたたれ脇立わいだてばかりして、遠侍とほさぶらひの座上に坐し給へば、脇屋右衛門うゑもんすけは、紺地こんぢの錦の直垂に、小具足計りにて、左の一の座に着き給ふ。このほか山名・大館おほたち・里見・鳥山・一井いちのゐ・細屋・中条・大井田おゐだ桃井もものゐ以下いげの一族三十さんじふ余人は、思ひ思ひの鎧兜よろひかぶとに色々の太刀・刀、奇麗を尽くして東西二行に座を列す。




(延元三年(1338))閏七月二日に、足羽の合戦(藤島の戦い)をすると触れ回ったので、国中の官軍は義貞(新田義貞)の陣河合庄(現福井県福井市)に馳せ集まりました。その勢はまるで雲霞のようでした。大将新田左中将義貞朝臣は、赤地の錦の直垂に脇立([兜の立て物=兜の鉢につける飾り金物。の一])ばかり着けて、遠侍([主屋から遠く離れた中門のわきなどに設けられた警護の武士の詰め所])の座上に座していました、脇屋右衛門佐(脇屋義助よしすけ。新田義貞の弟)は、紺地の錦の直垂に、小具足姿で、左の一の座に着きました。このほか山名・大舘館・里見・鳥山・一井・細屋・中条・大井田・桃井以下の一族余人は、思い思いの鎧兜に色々の太刀・刀、奇麗を尽くして東西二行に座を連ねました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-01-24 07:23 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」義貞の馬属強の事(その2)      「太平記」義貞重黒丸合戦の事付... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧