Santa Lab's Blog


「太平記」義貞自害の事(その2)

大将義貞は、燈明寺の前に控へて、手負ひの実検じつけんしてをはしけるが、藤島ふぢしまの戦ひ強くして、官軍くわんぐんややもすれば追つ立てらるるていに見へける間、安からぬ事に思はれけるにや、馬に乗り替へ鎧を着替へて、わづかに五十ごじふ余騎の勢を相従へ、路を変へくろを伝ひ、藤島の城へぞ向かはれける。その時分黒丸の城より、細川出羽ではかみ鹿草かくさ彦太郎両大将にて、藤島の城を攻めける寄せ手どもを追ひ払はんとて、三百余騎の勢にて横畷よこなはてまはりけるに、義貞覿面てきめんに行き合ひ給ふ。細川が方には、歩立かちだちにて楯を突いたる射手ども多かりければ、深田ふけたに走り下り、前に持楯もつたてを衝き並べてやじりささへて散々さんざんに射る。義貞の方には、射手の一人もなく、楯の一帖いちでふをも持たせざれば、前なるつはもの義貞の矢面やおもてに立ち塞がつて、ただまとに成つてぞ射られける。中野藤内左衛門とうないざゑもんは義貞に目加めくはせして、「千鈞せんきんは為鼷鼠けいそ不発機」とまうしけるを、義貞聞きも敢へず、「失士独り免るるは非我意」と云ひて、なほ敵の中へ懸け入らんと、駿馬しゆんめ一鞭いちべんを勧めらる。




大将義貞(新田義貞)は、燈明寺(現福井県福井市)の前に控えて、手負いの実検をしていましたが、藤島城(現福井県福井市)の戦いは激しく、官軍がややもすれば追っ立てらるように見えたので、安からぬと思ったか、馬に乗り替え鎧を着替えて、わずかに五十余騎の勢を従え、路を変え畔を伝い、藤島城に向かいました。その時分黒丸城(小黒丸城。現福井県福井市)より、細川出羽守・鹿草彦太郎を両大将として、藤島城を攻める寄せ手どもを追い払おうと、三百余騎の勢で横畷を廻っていましたが、義貞と覿面([面と向かうこと])に遭遇しました。細川方には、歩立で楯を突いた射手どもが多くいましたので、深田に走り下り、前に持楯を突き並べて矢を番えて散々に射ました。義貞方には、射手の一人もなく、楯の一帖も持っていませんでしたので、前の兵が義貞の矢面に立ち塞がって、ただ的ちなって射られました。中野藤内左衛門は義貞に目配せして、「千鈞の弩は鼷鼠の為に機を発せず」([たいそう重い石弓は、小さなはつかねずみを射るためには使わない。大きな目的を持ってそれを成し遂げようとしている者は、細かいことには気持ちを動かすことはないというたとえ])と申すと、義貞は聞きも敢えず、「士を失い独り免れるは我が意にあらず」と言って、なお敵の中へ駆け入ろうと、駿馬に一鞭打ちました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-01-27 07:27 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」義貞自害の事(その3)      「太平記」義貞自害の事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧