Santa Lab's Blog


「太平記」法勝寺の塔炎上の事(その2)

院は二条河原にでうがはらまで御幸ごかう成つて、法滅ほふめつの煙に御胸を焦がされ、将軍は西門の前に馬を控へられて、回禄くわいろくの災ひに世を危ぶめり。そもそもこの寺とまうすは、四海の泰平を祈つて、殊に百王の安全を得せしめん為に、白河しらかはゐん建立こんりふありし霊地なり。されば堂舎の構へ善尽くし美尽くせり。本尊のかざりは、金をちりばめ玉をみがく。中にも八角九重はちかくくぢゆう塔婆たふばは、横竪よこたてともに八十四丈にして、重々ぢゆうぢゆう金剛九会こんがうきうゑの曼陀羅を安置あんぢせらる。その奇麗崔嵬そのきれいさいぐわいなることは三国無双ぶさう鴈塔がんたふなり。この塔婆始めて造り出だされし時、天竺てんぢく無熱池むねつち震旦しんだん昆明池こんめいち・我がてうの難波の浦に、その影明らかに写りて見へける事こそ奇特きどくなれ。かかる霊徳不思議の御願所ぐわんしよ片時へんしに焼滅する事、偏へにこの寺計りの荒廃にはあるべからず。只今より後いよいよ天下てんが不静して、仏法も王法もあつてなきが如くにならん。公家も武家もともに衰微すべき前相を、兼ねてあらはすものなりと、歎かぬ人はなかりけり。




院(北朝初代光厳院)は二条河原まで御幸になられて、法滅の煙に胸を焦がされ、将軍(足利尊氏)は西門の前に馬を控えて、回禄([火災])の災い([凶事])に世を危ぶみました。そもそもこの寺(現京都市左京区にあった法勝寺)と申すのは、四海([国内])の泰平を祈り、とりわけ百王([天皇])の安全を祈念するために、白河院(第七十二代天皇)が建立された霊地でした。堂舎の構え([造り])は善を尽くし美を尽くしていました。本尊の錺([金属製の装飾])は、金をちりばめ玉を施したものでした。中でも八角九重の塔婆(八角九重の塔)は、四方ともに八十四丈(一丈=約3mなので、八十四丈=約252mとなる。さすがにそれほど巨大であったはずもなく、高さ二十七丈=約81m、塔の直径は約30mだったらしい。とはいえ木造建築の限界に近い高さだと思われます)にして、重々に金剛九会([金剛界について説かれる曼荼羅の総称])の曼陀羅([仏の悟りの境地である宇宙の真理を表す方法として、仏・菩薩などを体系的に配列して図示したもの])を安置していました。その奇麗崔嵬([堂や塔などが高くそびえている様])なる姿は三国(日本・震旦・天竺)無双の鴈塔(古代インドのマガダ国にあった雁供養の塔)でした。この塔婆が建立された時、天竺の無熱池([阿耨達池あのくだつち]=[ヒマラヤの北にあるという想像上の池。岸は金・銀など四宝よりなり、阿耨達竜王が住むという])・震旦の昆明池(現雲南省、昆明の南方にある湖)・我が朝の難波浦(現大阪市)に、その影が明らかに映って見えたのは奇特([神仏の持っている、超人間的な力])によるものでした。この霊徳不思議の願所が、片時に焼滅したのは、この寺ばかりの荒廃であろうはずがありませんでした。今後ますます天下は乱れて、仏法も王法もあってないが如くになりましょう。公家も武家もともに衰微すべき前相([前兆。])を、前もって顕わすものであると、嘆き悲しまぬ人はいませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2017-02-16 08:39 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」作々木信胤成宮方事(...      「太平記」法勝寺の塔炎上の事(... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧