Santa Lab's Blog


「太平記」北野通夜物語の事付青砥左衛門事(その4)

かの上人、承平四年八月一日午時頓死とんしして、十三日じふさんにちぞおはしましける。そのほど夢にも非ず、うつつにも非ず、金剛蔵王こんがうざわう善巧方便ぜんげうはうべんにて、三界流転さんがいるてんの間、六道四生ろくだうししやうみかを見給ひけるに、等活とうくわつ地獄の別処べつしよ鉄崛てつくつ地獄とてあり。火焔くわえん渦巻き黒雲空におほへり。くちばしある鳥飛び来て、罪人の眼をつつき抜く。またくろがねの牙ある犬来て、罪人のなうを吸ひ喰らふ。獄卒眼を怒らかして声を振る事いかづちの如し狼虎らうこ罪人の肉をき、利剣足の蹈み所なし。その中に焼き炭の如くなる罪人有四人。叫喚けうくわんする声を聞けば、忝くも延喜の帝にてぞおはしましける。




日蔵上人は、承平四年(934)八月一日午時に頓死([急死])して、十三日間黄泉におられた。その時夢にもあらず、幻にもあらず、金剛蔵王(現奈良県吉野郡吉野町にある金峯山寺の本尊、蔵王権現)の善巧方便([衆生を救うために、衆生の機根 =素質)。に応じて種々の方便を用いること])により、三界流転([三種の迷いの世界に生と死を繰り返すこと])の間、六道四生([六道における四種の生まれ方。胎生・卵生・湿生・化生])の住みかを見たが、等活地獄([八大地獄の第一。殺生を犯した者の落ちる地獄])の別処([八大地獄に付属する小地獄])に、鉄崛地獄というものがあった。火焔が渦巻いて黒雲が空を覆っておった。くちばしがある鳥が飛んで来て、罪人の眼をつつき抜いておった。また鉄の牙がある犬がやって来て、罪人の脳を喰っておった。獄卒([地獄に居る鬼])は眼を怒らかして声を出せばまるで雷が落ちるようであった。狼虎が罪人の肉を喰いちぎり、利剣([鋭利なつるぎ])が足の踏み所なく生えておった。その中に焼き炭のように焦がされる罪人が四人いた。叫喚([大声で喚き叫ぶこと])する声を聞けば、忝くも延喜帝(第六十代醍醐天皇)であられたのだ。


続く


[PR]
by santalab | 2017-02-23 07:17 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」北野通夜物語の事付青...      「太平記」義助予州下向の事(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧