Santa Lab's Blog


「太平記」北野通夜物語の事付青砥左衛門事(その5)

不思議やと思ひて、立ち寄つて事のやうを問へば、獄卒答へて曰はく、『一人はこれ延喜の帝、残りは臣下なり』とて、ほこに指し貫いて、ほのほの中へ投げ入れ奉りけり。在り様業果法然ごふくわほふねんの理とは云ひながら、余りに心憂くぞ思えける。やや暫くあつて上人、『さりとては延喜の帝に少しの御いとま奉宥、今一度拝竜顔本国へ帰らん』と、泣く泣くのたまひければ、一人の獄卒これを聞きて、いたはしげもなくくろがねの鉾に貫いて、焔の中より指し出し、十丈じふぢやう計り差し上げて、熱鉄ねつてつの地の上へ打ち付け奉る。焼け炭の如くなる御かたち散々に打ち砕かれて、その御形とも見へ給はず。




(日蔵上人は)なんと不思議なことかと思い、立ち寄ってどういうことかと訊ねると、獄卒([地獄に居る鬼])が答えて申すには、『一人は延喜帝(第六十代醍醐天皇)、残りは臣下だ』と言って、鋒に刺し貫いて、炎の中へ投げ入れた。業果法然([前世での行いの報いを、現世で受けるのは当然のことであるということ])の理とは言いながら、あまりに残酷なことと思われた。ややしばらくあって上人が、『ともかく延喜帝に少し暇を与えられますよう、今一度竜顔を拝んで本国へ帰りたいのです』と、泣く泣く申せば、一人の獄卒がこれを聞いて、情けもなく鉄の鉾に貫いて、炎の中から出して、十丈ばかり差し上げると、熱鉄の地の上へ打ち付けました。焼け炭のような体は散々に打ち砕かれて、その姿とも見えなかった。


続く


[PR]
by santalab | 2017-02-23 08:09 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」北野通夜物語の事付青...      「太平記」北野通夜物語の事付青... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧