Santa Lab's Blog


「太平記」義助予州下向の事(その3)

かくて順風に成りにければ、熊野人くまのとども兵船ひやうせん三百余艘よさう調へ立て、淡路の武島むしまへ送り奉る。ここには安間あま志知しうち・小笠原の一族ども、元来ぐわんらい宮方にて城を構へて居たりしかば、様々の酒さかな・引出物を尽くして、三百余艘の舟をそろへ、備前の小島へ送り奉る。ここには佐々木の薩摩のかみ信胤のぶたね・梶原三郎自去年宮方に成つて、島の内にはまた交はる人もなし。されば大船だいせん数多あま汰へて、四月二十三日にじふさんにち伊予の国今張の浦に送り著け奉る。




そして順風になると、熊野人どもは兵船三百を調え立て、(脇屋義助よしすけを)淡路の武島(沼島。現兵庫県南あわじ市)へ送り届けました。ここには安間・志知・小笠原の一族どもが、元より宮方として城を構えていましたので、様々の酒肴・引出物を尽くして、三百余艘の舟とともに、備前の児島(現岡山県倉敷市)へ送り届けました。ここには佐々木の薩摩守信胤(飽浦あくら信胤)・梶原三郎(梶原景久かげひさ?)は去年より宮方になって、島の内には敵対する者はいませんでした。こうして大船を数多く揃えて、四月二十三日に伊予国今張の浦(現愛媛県今治市)に送り届けました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-02-24 07:11 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」北野通夜物語の事付青...      「太平記」北野通夜物語の事付青... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧