Santa Lab's Blog


「太平記」北野通夜物語の事付青砥左衛門事(その8)

されども上代には世ををさめんと思ふ心ざし深かりけるにや、泰時やすとき朝臣あつそん在京の時、明慧みやうえ上人に相看しやうかんして法談の次でにおほせられけるはく、『如何にしてか天下を治め人民を安んじ候ふべき』と被申ければ、上人のたまはく、『良医りやうい能く脈を取つて、その病ひの根源を知つて、薬を与へきうくはふれば、病ひおのづからゆる様に、国を乱る源を能く知つて可治給。乱世の根源はただ欲を為本。欲心変じて一切万般ばんばんわざはひと成る』とのたまへば、泰時の云はく、『我雖存此旨、人々無欲に成らん事難し』とのたまへば、上人しやうにんの云はく、『太守一人無欲にならん事を思ひ給はば、それに恥ぢて万人自然じねんに欲心薄く成るべし。人の欲心深く訴へ来たらば我が欲の直らぬ故ぞと我を恥ぢしめ可給。古人いにしへびとの云はく、その身すぐにして影不曲、そのまつりこと正しくして国乱るる事なしと云云。また云はく、君子居其室そのそのことばを出だす事善なるときは、千里の外皆応之。善と云ふは無欲なり。




けれども上代には世を治めようと思う心ざしが深かったか、泰時朝臣(鎌倉幕府第三代執権、北条泰時)が在京の時、明慧上人(鎌倉時代前期の僧)に相看([面会])して法談のついでに申すには、『どのようにして天下を治め人民を安んじるべきでしょうか』と申せば、上人は答えて、『良医は脈を取って、その病いの根源を知る、薬を与え灸を施す、さすれば病いは自ずと愈えるように、国を乱す源をよく知って治めなさい。乱世の根源はただ欲から起こるものです。欲心が変じて万般の禍いとなるのです』と申した、泰時は続けて申して、『確かにそうですが、人が無欲となることは難しいことです』と申せば、上人が申すには、『太守が無欲になろうとすれば、それに恥じて万人は自然と欲心をなくすものです。人が欲心深く訴え来たならば我が欲のせいだと反省なさい。古人が申すには、身を正せば影が曲がらぬように、政が正しければ国が乱れることはないといいます。またいわく、君子が善をもって言葉を発すれば、千里までも皆それに従うといいます。善というのはつまり無欲ということです。


続く


[PR]
by santalab | 2017-02-24 08:08 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」北野通夜物語の事付青...      「太平記」北野通夜物語の事付青... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧