Santa Lab's Blog


「太平記」公家一統政道の事(その8)

同じき八月三日より可有軍勢恩賞沙汰とて、洞院とうゐん左衛門さゑもんかみ実世さねよきやうを被定上卿。これによつて諸国の軍勢、立軍忠支証捧申状望恩賞ともがら、何千万人と云ふ数を不知。まことに有忠者は憑功不諛、無忠者媚奥求竈、掠上聞間、数月すげつの内にわづかに二十にじふ余人の恩賞を被沙汰たりけれども、事非正路やがて被召返けり。さらば改上卿とて、万里小路までのこうぢ中納言藤房ふぢふさの卿を被成上卿、申し状を被付渡。藤房請取之糾忠否分浅深、各々まうし与へんとし給ひける処に、依内奏秘計、只今までは朝敵てうてきなりつる者も安堵を賜はり、更に無忠ともがらも五箇所・十箇所じつかしよ所領しよりやうを賜はりける間、藤房諌言をれかねて称病被辞奉行。かくて非可黙止とて、九条くでうの民部卿を上卿に定めて御沙汰ありける間、光経みつつねきやう諸大将しよだいしやうにその手の忠否を委細たづきはめてまうし与へんとし給ひける処に、相摸入道にふだうの一跡をば、内裏の供御料所ぐごれうしよに被置。舎弟四郎しらう左近の大夫入道の跡をば、兵部卿ひやうぶきやう親王しんわうへ被進。大仏陸奥のかみの跡をば准后じゆごう御領ごりやうになさる。




同じ元弘三年(1333)八月三日より軍勢恩賞の沙汰あるべしと、洞院左衛門督実世卿(洞院実世)を被定上卿([公卿が関わる組織や儀式・政務・公事などの各種行事における役目の中の筆頭の者])に定められました。諸国の軍勢で、軍忠の支証([裏付けとなる証拠])の申し状を捧げ恩賞を望む者どもは、何千万人という数を知りませんでした。まことに忠ある者は功を頼みへつらうことはありませんでしたが、忠なき者は媚を含み竈([生活のよりどころとなるもの])を求め、上聞([天皇や君主の耳に入れること])の隙を窺ったので、数月の内にわずかに二十余人の恩賞を沙汰しましたが、正路([正直な様])にあらずとたちまち召し返しました。さらば改上卿を改めるべしと、万里小路中納言藤房卿(万里小路藤房)を上卿になし、申し状([朝廷に対して、官司がその所属官人の叙位・任官を申請し、また官人自らが申請する場合に提出される文書])を渡されました。藤房は忠否の度合いによって恩賞を判断し、各々に与えようとしましたが、内奏により密かに計らって、今まで朝敵であった者にも安堵を賜わり、更に忠のない輩にも五箇所・十箇所の所領を賜わったので、藤房は諌言を入れかねて病いと称して奉行を辞しました。奉行がいないままにはできないので、九条民部卿(九条光経)を上卿に定めて沙汰させました、光経卿は、諸大将にその忠否を委しく訊ね究めて恩賞を与えようとしましたが、相摸入道(鎌倉幕府第十四代執権、北条高時たかとき)の一跡を、内裏の供御料所(食料に充てる土地)とされました。舎弟四郎左近大夫入道(北条泰家やすいへ)の跡は、兵部卿親王(護良もりよし親王)に参らせました。大仏陸奥守(北条貞直さだなほ)の跡は准后(第九十六代後醍醐天皇の寵妃、阿野廉子やすこ)の御領とされました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-03-14 07:41 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」先帝崩御の事(その6)      「太平記」先帝崩御の事(その5) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧