Santa Lab's Blog


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その1)

翌年よくねん正月十二日、諸卿しよきやう議奏して曰はく、「帝王のげふ、万機事繁うして、百司はくし設位。今の鳳闕ほうけつわづかにはう四町しちやうの内なれば、分内せばうして調礼儀無所。四方しはう一町いつちやうづつ被広、建殿造宮」。これなほいにしへ皇居くわうきよに及ばねばとて、「大内裏可被造」とて安芸・周防すはう料国れうごくに被寄、日本国の地頭ぢとう・御家人の所領しよりやう得分とくぶん二十分にじふぶんの一を被懸召。




翌年(建武元年(1334))正月十二日に、諸卿は議奏して申し上げて、「帝王がなすべきこと万機([政治上の多くの重要な事柄])は多事に渡り、百司の位を設けてこれを行わなくてはなりません。今の鳳闕([皇居の周り])はわずかに四方四町なれば、分内([範囲])は狭く礼儀を調える所もありません。四方を一町ずつ広げて、殿を建て皇居とするべきです」。(第九十六代後醍醐天皇は)皇居を造営するからには昔の皇居に匹敵するものをと思われて、「大内裏を造れ」と申して安芸・周防を料国([内裏・寺社の造営など特定の必要資金に充てるための租税を課する国])に寄せて、日本国の地頭・御家人の所領の得分の二十分の一を徴収し費用に充てました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-03-17 07:11 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」任遺勅被成綸旨事義助...      「太平記」任遺勅被成綸旨事義助... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧