Santa Lab's Blog


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その16)

同じき年夏のすゑに、延暦寺第十三の座主、法性坊尊意ほふしやうばうそんい贈僧正、四明しめい山の上、十乗の床のまへに照観月、清心水おはしましけるに、持仏堂の妻戸を、ほとほととたたく音しければ、押し開いて見給ふに、過ぎぬる春筑紫にてまさしく薨逝こうせいし給ひぬと聞こへし菅丞相くわんしようじやうにてぞおはしましける。僧正あやしく思して、「先づこなたへ御入り候へ」と奉誘引、「さても御事は過ぎにし二月二十五日に、筑紫にて御隠れさふらひぬと、たしかにうけたまはりしかば、悲歎の涙を袖に懸けて、後生菩提ごしやうぼだいの御追善つゐぜんをのみまう候ふに、少しも不替元の御形にて入御じゆぎよ候へば、夢幻ゆめうつつの間難弁こそ思えて候へ」と被申ければ、菅丞相御顔にはらはらとこぼれ懸かりける御泪を押しのごはせ給ひて、「我成朝廷臣、為令安天下、暫く下生人間処に、君時平公しへいこうざんを御許容あつて、つひに無実の罪に被沈ぬる事、瞋恚しんいほむら従劫火盛んなり。依之これによつて五蘊ごうんの形は雖壊、一霊のしんは明らかにして在天。今得大小だいせう神祇しんぎ・梵天・帝釈・四王許、為報其恨九重ここのへ帝闕ていけつに近付き、我につらかりし佞臣ねいしん・讒者を一々に蹴殺さんと存ずるなり。その時定めて仰山門可被致総持法験。たとひ雖有勅定、相構あひかまへて不可有参内」と被仰ければ、




同じ年(延喜三年(903))の夏の末に、延暦寺第十三代座主、法性坊尊意贈僧正が、四明山(比叡山)の上、十乗([十乗観法]=[天台宗で、悟りの境地に至るために行われる十種の観法=意識を集中させ、特定の対象を心に思い描くことによって仏教の真理を直観的に認識しようとする修行])の床の前で月を見て、心を澄ましていると、持仏堂の妻戸を、とんとんと叩く音がしたので、押し開いて見れば、過ぎし春筑紫で薨逝したと聞いた菅丞相(菅原道真)でした。僧正はどういうことかと思い、「まずはこちらにお入りくだされ」と誘い入れて、「それにしてもそなたは過ぎし二月二十五日に、筑紫でお隠れになられたと、確かに聞いておれば、悲歎の涙を袖に懸けて、後生菩提([来世に極楽に生まれ変わること])の追善([追善供養]=[死者の冥福を祈って行う供養])をしておったのだが、少しも元に変わらぬのお姿であられる、夢幻とも弁え難く思われて」と申せば、菅丞相は顔にはらはらとこぼれ懸かる涙を押し拭い、「わたしは朝廷の臣となって、天下を安んじせしめるために、しばらく天下り人間に生まれるところに、君(第六十代醍醐天皇)は時平公(藤原時平ときひら)の讒により、終に無実の罪に沈みました、瞋恚([三毒・十悪の一。自分の心に逆らうものを怒り恨むこと])の炎は劫火([世界が滅亡するときにこの世のすべてを焼き尽くしてしまうと信じられている大火])のように盛んに燃え盛っております。これにより五蘊([諸存在を構成する物質的・精神的五つの要素。色・受・想・行・識])の姿は失うとはいえ、一霊の神([心])は明らかにして天にあります。今大小の神祇([神])・梵天([正法護持の神])・帝釈([梵天と並び称される仏法守護の主神])・四天王([仏教を守護する四神。帝釈天に仕え、須弥山の中腹にある四王天の主。東方の持国天・南方の増長天・西方の広目天・北方の多聞天])の許しを得て、その恨みに報じるため九重([宮中])の帝闕([皇居の周り])に近付き、我に辛く当たった佞臣([口先巧みに主君にへつらう、心のよこしまな臣下])・讒者([人をおとしいれようとして、事実に反する悪口を言う者])を一々に蹴殺ろうと思っております。その時定めて山門(延暦寺)に仰せてすべからく効験を召して法験を致しましょう。たとえ勅定があろうとも、決して参内なさらぬよう」と申しました、


続く


[PR]
by santalab | 2017-04-01 08:57 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」大内裏造営の事付聖廟...      「太平記」大内裏造営の事付聖廟... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧