Santa Lab's Blog


「太平記」武蔵野合戦の事(その6)

三番に饗庭あいば命鶴みやうづる生年しやうねん十八歳じふはつさい容貌ようばう当代無双ぶさうちごなるが、今日花一揆の大将なれば、殊更花を折つて出で立ち、花一揆六千余騎が真つさきに懸け出でたり。新田武蔵のかみこれを見て、「花一揆を散らさん為に児玉党を向かはせ、打ち輪の旗は風を含める物なり」とて、児玉党七千余騎を差し向けらる。花一揆皆若武者なれば思慮もなく敵に懸かりて、一戦ひ戦ふとぞ見へし。児玉党七千余騎に被揉立、一かへしも返さずはつと引く。自余の一揆は、駆くる時は一手に成つて懸かり、引く時は左右へ颯と別れて、荒手を入れ替へさすればこそ、後陣ごぢんは騒がで懸け違ひたれ。




三番に饗庭命鶴(饗庭氏直うぢなほ)は生年十八歳、容貌当代無双の稚児でしたが、今日の花一揆の大将でしたので、殊更花を折って出で立ち、花一揆六千余騎が真つ先に駆け出でました。新田武蔵守(新田義宗よしむね。新田義貞の三男)はこれを見て、「花一揆を蹴散らすために児玉党([武蔵七党の一])を向かわせよう、団扇の旗(児玉党の紋は、軍配団扇紋)は風を起こすものよ」と申して、児玉党七千余騎を差し向けました。花一揆は皆若武者でしたので思慮もなく敵に懸かって、戦うように見えました。児玉党七千余騎に攻め立てられて、一返しも返さずぱっと引きました。自余の一揆は、駆ける時は一手になって懸かり、引く時には左右へさっと別れて、入れ替わりに、後陣がさっと駆け違いました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-04-30 09:07 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」武蔵野合戦の事(その7)      「太平記」北山殿謀反の事(その4) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧