Santa Lab's Blog


「太平記」笛吹峠軍の事(その1)

新田武蔵かみは、将軍の御運に退緩たいくわんして、石浜の合戦に本意を不達しかば、武蔵の国を前になし、越後・信濃を後ろに当て、笛吹うすひの峠に陣を取つてぞおはしける。これを聞きて打ち寄る人々には、大江田おいた式部の大輔・上杉民部の大輔・子息兵庫ひやうごの助・中条ちゆうでう入道・子息佐渡の守・田中修理しゆりすけ・堀口近江あふみの守・羽河はねかは越中ゑつちゆうの守・荻野をぎの遠江とほたふみ守・酒勾さかわ左衛門四郎・屋沢八郎はちらう・風間信濃の入道にふだう・舎弟村岡むらをか三郎・堀兵庫の助・蒲屋かまや美濃の守・長尾右衛門うゑもん・舎弟弾正だんじやうの忠・仁科兵庫の助・高梨越前ゑちぜん守・大田滝口・干屋左衛門さゑもんの大夫・矢倉三郎・藤崎ふぢさき四郎・瓶尻みかじり十郎・五十嵐文四ぶんし・同じき文五・高橋大五郎・同じき大三郎・友野十郎・繁野八郎はちらう禰津ねづ小二郎・舎弟修理の亮・神家じんけの一族三十三人さんじふさんにん・繁野の一族二十一人、都合その勢二万余騎、先朝第二の宮上野かうづけ親王しんわうを大将にて、笛吹の峠へ打ち出る。




新田武蔵守(新田義宗よしむね。新田義貞の三男)は、将軍(足利尊氏)の運によって兵を引き、石浜(現東京都福生市牛浜?)の合戦に本意を達せず、武蔵国を前になし、越後・信濃を後ろに当て、碓氷峠(現群馬県安中市と長野県北佐久郡軽井沢町との境にある峠)に陣を取りました。これを聞いて打ち寄る人々には、大江田式部大輔(大江田氏経うぢつね)・上杉民部大輔(上杉憲顕のりあき)・子息兵庫助・中条入道・子息佐渡守・田中修理亮・堀口近江守・羽河越中守・荻野遠江守・酒勾左衛門四郎・屋沢八郎・風間信濃入道・舎弟村岡三郎・堀兵庫助・蒲屋美濃守・長尾右衛門・舎弟弾正忠・仁科兵庫助・高梨越前守・大田滝口・干屋左衛門大夫・矢倉三郎・藤崎四郎・瓶尻十郎・五十嵐文四・同じく文五・高橋大五郎・同じく大三郎・友野十郎・繁野八郎・禰津小二郎・舎弟修理亮・神家の一族三十三人・繁野の一族二十一人、都合その勢二万余騎が、先朝(第九十六代後醍醐天皇)の第二宮上野親王(宗良むねよし親王)を大将として、碓氷峠へ打ち出ました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-05-13 07:45 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」笛吹峠軍の事(その2)      「太平記」北山殿謀反の事(その16) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧