Santa Lab's Blog


「太平記」笛吹峠軍の事(その3)

鎌倉には、義興よしおき義治よしはる七千余騎にて、著到ちやくたうを付くると聞こへ、武蔵には新田義宗よしむね・上杉民部の大輔、二万余騎にて控へたりと聞こゆ。いづくへ可向と評定ありけるが、先づ勢のらうせぬさきに、大敵に打ち勝ちなば、鎌倉の小勢は不戦共可退散、衆議一途いちづに定まりて、将軍同じき二月二十五日石浜を立つて、武蔵の府に著き給へば、甲斐かひの源氏・武田の陸奥のかみ・同じき刑部ぎやうぶの大輔・子息修理しゆりすけ・武田の上野かうづけかみ・同じき甲斐の前司・同じき安芸の守・同じき弾正だんじやう少弼せうひつ・舎弟薩摩の守・小笠原近江あふみの守・同じき三河みかはの守・舎弟越後ゑちごの守・一条四郎・板垣四郎・逸見へんみ入道・同じき美濃の守・舎弟下野しもつけの守・南部常陸の守・下山十郎左衛門、都合二千余騎にて馳せ参る。




鎌倉では、義興(新田義興。新田義貞の次男)・義治(脇屋義治。新田義貞の弟、脇屋義助よしすけの子)が七千余騎で、著到([中世武家社会で,変事や戦闘にさいし、軍勢催促に応じて馳せ集まる軍勢到着。参陣した武士は著到状を提出し、著到帳に自己の姓名を登載してもらい、著到状に証判を加えて返付してもらう])を付けていると聞こえ、武蔵には新田義宗(新田義貞の三男)・上杉民部大輔(上杉憲顕のりあき)が、二万余騎にて控えていると聞こえました。どこに向かうか評定があるましたが、まず勢が疲れぬ前に、大敵に打ち勝てば、鎌倉の小勢は戦わずとも退散するであろうと、衆議は一途に定まりました、将軍(足利尊氏)は同じ二月二十五日に石浜(現東京都福生市牛浜?)を立って、武蔵国府(現東京都府中市)に着くと、甲斐源氏・武田陸奥守(武田信武のぶたけ)・同じく刑部大輔(武田氏信うぢのぶ。武田信武の次男)・子息修理亮・武田上野守・同じく甲斐前司(武田信成のぶなり)・同じく安芸守(武田氏信うぢのぶ。武田信成の弟。安芸守護)・同じく弾正少弼・舎弟薩摩守・小笠原近江守・同じく三河守・舎弟越後守・一条四郎・板垣四郎・逸見入道・同じく美濃守・舎弟下野守・南部常陸守・下山十郎左衛門が、都合二千余騎で馳せ参りました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-05-15 08:07 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」兵部卿宮薨御の事付干...      「太平記」北山殿謀反の事(その18) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧