Santa Lab's Blog


「太平記」笛吹峠軍の事(その4)

同じき二十八日にじふはちにち将軍笛吹うすひの峠へ押し寄せて、敵の陣を見給へば、小松生ひ茂つて前に小河流れたる山の南を陣に取つて、峯には錦の御旗を打ち立て、麓には白旗・中黒・棕櫚しゆろの葉・かじの葉の文書もんかきたる旗ども、その数満ち満ちたり。先づ一番に荒手の案内者なればとて、甲斐かひの源氏三千余騎にて押し寄せたり。新田武蔵のかみと戦ふ。これも荒手の越後勢ゑちごぜい、同じく三千余騎にて相懸かりに懸かりて半時許り戦ふに、逸見へんみ入道以下宗との甲斐源氏ども百余騎討たれて引き退く。




同じ二月二十八日に将軍(足利尊氏)は碓氷峠(現群馬県安中市と長野県北佐久郡軽井沢町との境にある峠)に押し寄せて、敵の陣を見れば、小松が生ひ茂り前に小川が流れる山の南を陣に取って、峯には錦の旗を打ち立て、麓には白旗・中黒・棕櫚の葉・梶の葉の紋を描いた旗が、充満していました。まず一番に新手の案内者でしたので、甲斐源氏が三千余騎で押し寄せました。新田武蔵守(新田義宗よしむね。新田義貞の三男)と戦いました。これも新手の越後勢が、同じく三千余騎で相懸かりに懸かって半時ばかり戦うと、逸見入道以下主な甲斐源氏どもが百余騎討たれて引き退きました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-05-16 08:09 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」笛吹峠軍の事(その5)      「太平記」兵部卿宮薨御の事付干... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧