Santa Lab's Blog


「太平記」兵部卿宮薨御の事付干将莫耶事(その9)

ある時天に一つの悪星出でて天下のえうを示す事あり。張華ちやうくわ雷煥らいくわんと云ひける二人ににんの臣、楼台ろうだいに上ぼつてこの星を見るに、旧き獄門の辺より剣の光天に上ぼつて悪星と闘ふ気あり。張華怪しんで光の指す所を掘らせて見るに、件の干将莫耶かんしやうばくやの剣土五尺が下にうづもれてぞ残りける。張華・雷煥これを取つて天子にたてまつらん為に、みづからこれを帯し、延平津えんへいしんと云ふ沢の辺をとほりける時、剣自ら抜けて水の中に入りけるが、雌雄二つの竜と成つて遥かの浪にぞ沈みける。淵辺加様かやう前蹤ぜんしようを思ひければ、兵部卿ひやうぶきやう親王しんわうの刀のきつさきひ切らせ給ひて、御口の中に被含たりけるを見て、左馬の頭に近付け奉らじと、その御首をばやぶかたはらに棄てけるとなり。




ある時天に一つの悪星が現れて天下の妖([不吉])を示すことがありました。張華(西晋の文人、政治家)・雷煥という二人の臣が、楼台に上ぼってこの星を見れば、昔の獄門のあたりより剣の光が天に上ぼって悪星と戦うように見えました。張華は不思議に思って光が指す場所を掘らせて見れば、件の干将莫耶(名剣の製作者である夫婦の名)の剣土が五尺下に埋れていました。張華・雷煥はこれを取って天子に献上するために、自らこれを帯し、延平津という沢のあたりを通っていた時、剣は自ら抜けて水の中に飛び込むと、雌雄二つの竜となって遥かの浪に沈みました。淵辺(淵辺義博よしひろ)はこの前蹤([前例])を思い、兵部卿親王(護良もりよし親王)が刀の切っ先を喰い切って、口の中に含んだのを見て、左馬頭(足利直義ただよし。足利尊氏の弟)に近付けてはならないと、その首をば薮の傍らに捨てたということです。


続く


[PR]
by santalab | 2017-05-24 06:54 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」八幡合戦事付官軍夜討...      「太平記」八幡合戦事付官軍夜討... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧