Santa Lab's Blog


「太平記」八幡合戦事付官軍夜討の事(その7)

土岐悪五郎あくごらうは、その頃天下に名を知られたる大力の早業、打ち物取つて達者なりければ、卯の花をどしの鎧に鍬形くはがた打つて、水色の笠符かさじるし吹き流させ、五尺六寸の大太刀抜いて引きそばめ、射向けの袖を振りかざいて、遥かに遠き山路やまぢをただ一息に上らんと、ゐのししの懸かるやうに、莞爾につこと笑ひ上りけるを、和田五郎あはれ敵やと打ち見て、突いたる楯をかはと投げ棄て、三尺さんじやく五寸の小長刀、茎短くきみじかに取つて渡り合ふ。ここに相摸のかみが郎従に、関左近の将監しやうげんと云ける兵、土岐が脇よりつと走り抜けて、和田五郎に打つてかる。和田が中間これを見て、小松の陰より走り出て、近々とめ寄つて、十二束三伏じふにそくみつぶせ暫く堅めて放つ矢、関将監が殻胴がらどうを、くさ目どほしに射抜かれて、小膝を突いてぞ臥したりける。悪五郎走り寄つて引き起こさんとしける処を、また和田が中間二の矢を番ふて、悪五郎が脇立わいだての壺の板、沓巻きせめてぞ射込うだる。




土岐悪五郎(土岐康貞やすさだ)は、その頃天下に名を知られた大力の早業、打ち物([太刀])の達者でしたので、卯の花威の鎧に鍬形打って、水色の笠符を吹き流し、五尺六寸の大太刀を抜いて引き側め、射向けの袖を振りかざして、遥か遠い山路をただ一息に上ろうと、猪が懸かるように、にこっと笑って上っていましたが、和田五郎(和田正隆まさたか)はよき敵と打ち見て、突いていた楯を投げ棄て、三尺五寸の小長刀を、茎短([柄の先の方を持つ構え方])かに取って渡り合いました。ここに相摸守(細川清氏きようぢ)の郎従([家来])に、関左近将監という兵が、土岐(康貞)の脇からさっと走り抜けて、和田五郎に打ってかかりました。和田(正隆)の中間([武士の下位の者])はこれを見て、小松の陰から走り出て、近々と攻め寄ると、十二束三伏の弓をしばらく固めて放つ矢は、関将監の殻胴([骨と身])を、くさ目通し(櫛目通し?)に射抜かれて、小膝を突いて臥しました。悪五郎が走り寄って引き起こそうとするところを、また和田の中間が二の矢を番い、悪五郎の脇楯([大鎧の胴の右脇のすきまに当てる防具])の壺板([脇楯の上部にある右の脇壺に当てる鉄板])を、沓巻([矢のの先端で、やじりをさし込んだ 口もとを固く糸で巻き締めてある部分])深く射込みました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-05-29 07:13 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」足利殿東国下向の事付...      「太平記」八幡合戦事付官軍夜討... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧