Santa Lab's Blog


「太平記」足利殿東国下向の事付時行滅亡の事(その7)

平家のつはもの、前後の敵に被囲て、叶はじとや思ひけん、一戦にも不及、皆鎌倉を指して引きけるが、また腰越こしごえにてかへし合はせて葦名あしな判官はうぐわんも被討にけり。始め遠江とほたふみの橋本より、佐夜さよの中山・江尻・高橋・箱根山・相摸河・片瀬・腰越・十間坂じつけざか、これら十七じふしち箇度の戦ひに、平家二万余騎のつはものども、あるひは討たれあるひは疵をかうむりて、今わづかに三百余騎に成りければ、諏方すは三河みかはかみを始めとして宗との大名四十三人しじふさんにん大御堂おほみだうの内に走り入り、同じく皆自害して名を滅亡めつばうの跡にぞ留めける。その死骸を見るに、皆面の皮を剥いでいづれをそれとも見分けざれば、相摸次郎時行ときゆきも、定めてこの内にぞあるらんと、聞く人あはれをもよほしけり。三浦の介入道一人は、いかがして遁れたりけん、尾張をはりの国へ落ちて、舟より挙がりけるところを、熱田の大宮司これを生け捕つて京都へ上せければ、すなは六条河原ろくでうかはらにて首を被刎けり。




平家の兵は、前後の敵に囲まれて、敵わぬと思ったか、一戦にも及ばず、皆鎌倉を指して引き退きましたが、また腰越(現神奈川県鎌倉市)で返し合わせて葦名判官(蘆名盛員もりかず)も討たれました。はじめの遠江の橋本(現静岡県湖西市)より、佐夜の中山(現静岡県掛川市)・江尻(現静岡県静岡市清水区)・高橋(現静岡県静岡市清水区)・箱根山(現神奈川県足柄下郡箱根町)・相摸川・片瀬(現神奈川県藤沢市)・腰越・十間坂(現神奈川県茅ヶ崎市)、これら十七箇度の戦いに、平家二万余騎の兵どもは、あるいは討たれあるいは疵を負って、今はわずかに三百余騎になりました、諏方三河守(諏訪頼重よりしげ)をはじめとして主だった大名四十三人は、大御堂の内に走り入り、同じく皆自害して名を滅亡の後に留めました。その死骸を見れば、皆面の皮を剥いでいずれをそれとも見分けることができませんでした、相摸次郎時行(北条時行ときゆき)も、きっとこの中にあるだろうと、聞く人の涙を誘いました。三浦介入道ただ一人は、どのようにして遁れたのか、尾張国へ落ちて、舟から上がるところを、熱田の大宮司が生け捕って京都に上らせると、たちまち六条河原で首を刎ねられました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-05-31 08:00 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」足利殿東国下向の事付...      「太平記」八幡合戦事付官軍夜討... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧