Santa Lab's Blog


「太平記」山名右衛門佐為敵事付武蔵将監自害の事(その4)

この時将軍未だ上洛しやうらくし給はで、鎌倉にをはせしかば、京都余りに無勢ぶせいにて、大敵可戦様もなかりけり。中々なる軍して敵に気を著けては叶ふまじとて、土岐・佐々木の者ども、しきりに江州がうしうへ引き退いて、勢多にて敵を相待あひまたんと申しけるを、宰相さいしやう中将ちゆうじやう義詮朝臣よしあきらあそん、「敵大勢なればとて、一軍もせでいかが聞き逃げをばすべき」とて、主上しゆしやうをば先づ山門の東坂本へ行幸なしまゐらせて、仁木・細河ほそかは・土岐・佐々木三千余騎を一処に集め、鹿谷ししのたにを後ろに当てて、敵を洛川らくせんの西に相待たる。この陣の様、前に川あつて後ろに大山そばだちたれば、引き場の思ひはなけれども、韓信が兵書をさみして背水はいすゐの陣を張りしに違へり。殊更土岐・佐々木の兵、近江と美濃とを後ろに於いて戦はんに、引きて暫く気を休めばやと思はぬ事やあるべきと、未だ戦はざるさきに敵に心をぞはかられける。




この時将軍(足利尊氏)はまだ上洛せず、鎌倉にいたので、京都はあまりにも無勢にして、大敵と戦うべくもありませんでした。つまら軍をして敵に勢いを付けては元も子もないと、土岐(土岐頼康よりやす)・佐々木(佐々木道誉だうよ)の者どもが、しきりに江州(近江国)へ引き退いて、勢多(現滋賀県大津市)で敵を待とうと申しましたが、宰相中将義詮朝臣(足利義詮。足利尊氏の嫡男)は、「敵が大勢だからといって、一軍もせずにどうして聞き逃げできようか」と申して、主上(北朝第四代、後光厳天皇)をまず山門の東坂本(現滋賀県大津市)へ行幸参らせて、仁木(仁木義長よしなが)・細川(細川清氏きようぢ)・土岐(頼康)・佐々木(道誉)三千余騎を一所に集め、鹿ヶ谷(現京都市左京区)を後ろに当てて、敵を洛川(鴨川)の西にして待ち構えました。この陣の様は、前に川があって後ろに大山がそばだち、引き退くことは考えていませんでしたが、韓信(中国秦末から前漢初期にかけての武将)が兵書を元に背水の陣を張ったのとはまったく異なっていました。中でも土岐(頼康)・佐々木(道誉)の兵は、近江と美濃とを後ろにして戦うことになりましたが、引き退いてしばらく休む気も起こるかと、戦う前に敵に心を読まれていました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-06-16 07:21 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」山名右衛門佐為敵事付...      「太平記」山名右衛門佐為敵事付... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧