Santa Lab's Blog


「太平記」山名右衛門佐為敵事付武蔵将監自害の事(その5)

去るほどに文和二年六月九日卯の刻に、南方の官軍くわんぐん、吉良・石堂いしたう和田にぎた・楠木・原・蜂屋・赤松弾正少弼だんじやうせうひつ氏範うぢのり三千余騎、八条はつでう九条くでうの在家に火を懸けて、相図のけぶりを上げたれば、山陰道せんおんだうの寄せ手、山名伊豆いづかみ時氏ときうぢ子息右衛門うゑもんすけ師氏もろうぢ・伊田・波多野はだの、五千余騎、梅津・桂・嵯峨・仁和寺・西七条に火を懸けて、先づ京中きやうぢゆうへぞ寄せたりける。洛中には向かふ敵なければ、南方西国のつはものども、一所に打ち寄つて、四条川原しでうがはらくつばみならべて控へたり。これより遥かに敵の陣を見遣れば、鹿谷ししのたに神楽岡かぐらをかの南北に、家々の旗二三百流れひるがへつて、つ目結ひの旗一流れ真つさきに進んで、真如堂の前に下り合ふたり。敵陣皆山に寄つて木陰に控へたり。勢の多少も不見分和田・楠木、法勝寺の西の門を打ち通つて、川原かはらに控へたりけるが、敵をおびき出して勢のほどを見んとて、射手の兵五百人馬より下ろし、持楯もつたて畳楯でふたて突きしとみ突き蔀み、しづかに田のくろを歩ませて、次第次第に相近付あひちかづく。




やがて文和二年(1353)六月九日卯の刻([午前六時頃])に、南方(南朝)の官軍、吉良(吉良満貞みつさだ)・石塔(石塔義房よしふさ)・和田(和田正武まさたけ)・楠木(楠木正儀まさのり。楠木正成の三男)・原・蜂屋・赤松弾正少弼氏範(赤松氏範)三千余騎が、八条九条の在家に火を懸けて、相図の狼煙を上げると、山陰道の寄せ手、山名伊豆守時氏(山名時氏)子息右衛門佐師氏(山名師氏)・伊田・波多野、五千余騎は、梅津(現京都市右京区)・桂(現京都市西京区)・嵯峨(現京都市右京区)・仁和寺(現京都市右京区)・西七条(現京都市下京区)に火を懸けて、まず京中に寄せました。洛中には向かう敵はいませんでしたので、南方西国の兵どもは、一所に打ち寄って、四条河原(現京都市下京区・中京区)に轡を並べて控えました。これより遥かに敵陣を見遣れば、鹿ヶ谷(現京都市左京区)・神楽岡(現京都市左京区)の南北に、家々の旗が二三百流れ翻って、四目結(佐々木氏の紋)の旗が一流れ真っ先に進んで、真如堂(現京都市左京区にある真正極楽寺)の前に控えていました。敵陣は皆山沿いの木陰に控えていました。勢の多少も知れないままに和田(正武)・楠木(正儀)は、法勝寺(かつて現京都市左京区にあった寺院)の西門を通って、河原に控えていましたが、敵をおびき出して勢のほどを見ようと、射手の兵五百人を馬から下ろし、持楯畳楯([大型の楯])を突き並べて、ゆっくり田の畦を歩ませて、徐々に敵陣に近付きました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-06-17 08:58 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」山名右衛門佐為敵事付...      「太平記」山名右衛門佐為敵事付... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧