Santa Lab's Blog


「太平記」直冬与吉野殿合体事付天竺震旦物語事(その1)

翌年の春、新田左兵衛さひやうゑすけ義興よしおき・脇屋左衛門義治よしはる、共に相摸の河村のじやうを落ちて、いづくにあるとも不聞しかば、東国心安く成つて、将軍尊氏たかうぢきやう上洛しやうらくし給へば京都また大勢に成りにけり。さらばやがて山名を可被攻とて、宰相さいしやう中将ちゆうじやう義詮朝臣よしあきらあそんを先づ播磨の国へ下さる。山名伊豆いづかみこれを聞きて、この度は可然大将を一人取り立てて合戦をせずは、我に勢の著く事はあるまじと被思ける間、足利右兵衛うひやうゑすけ直冬ただふゆの筑紫九国の者どもに被背出、安芸・周防の間に漂泊し給ひけるを招きしやうじ奉り、惣大将そうだいしやうとぞ仰ぎける。但しこれも将軍に敵すれば、子として父をむる咎あり。天子に対すれば臣として君をないがしろにし奉る恐れあり。さらば吉野殿へ奏聞を経て勅免をかうむり、宣旨に任せて都を傾け、将軍を攻め奉らんは、天の忿いかり人のそしりもあるまじとて、直冬ひそかに使ひを吉野殿へまゐらせて、「尊氏の卿・義詮朝臣以下の逆徒を可退治由の綸旨を下し給ひて、宸襟を休め奉るべし」とぞ申されける。




翌年の春、新田左兵衛佐義興(新田義興。新田義貞の次男)・脇屋左衛門義治(脇屋義治。新田義貞の弟、脇屋義助よしすけの子)は、ともに相摸の河村城(現神奈川県足柄上郡山北町)を落ちて、どこにいるとも知れなかったので、東国は安泰になって、将軍尊氏卿(足利尊氏)が上洛したので京都はまた大勢となりました。ならばづぐに山名(山名時氏ときうぢ)を攻めるべしと、宰相中将義詮朝臣(足利義詮。足利尊氏の嫡男)をまず播磨国に下しました。山名伊豆守はこれを聞いて、この度はしかるべき大将を一人取り立てて合戦しなければ、我に勢が付くことはあるまいと思い、足利右兵衛佐直冬(足利直冬。足利尊氏の子で足利直義ただよしの猶子)が筑紫九国の者どもに背かれて、安芸・周防の間に漂泊しているのを招き請じて、総大将と仰ぎました。ただし直冬は将軍(足利尊氏)に敵対すれば、子として父を攻める咎あり。天子に対すれば臣として君をないがしろにする恐れあり。ならば吉野殿(第九十七代後村上天皇)に奏聞を経て勅免を蒙り、宣旨に任せて都を傾け、将軍を攻めれば、天の怒り人の誹りもあるまいと、直冬は密かに使いを吉野殿に参らせて、「尊氏卿・義詮朝臣以下の逆徒を退治すべき由の綸旨を下されて、宸襟を休められますよう」と申し上げました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-06-28 08:07 | 太平記 | Comments(0)

<< 太平記      「太平記」山名伊豆守時氏京落事 >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧