Santa Lab's Blog


「太平記」直冬与吉野殿合体事付天竺震旦物語事(その4)

かくて三年みとせを過ごさせ給ひけるほどに、后ただならず成り給ひて男子を生み給へり。あはれみのふところの中にひととなつて歳十五に成りければ、貌形みめかたちの世に勝れたるのみに非ず、筋力人に超えて、いかなる大山を挟んで北海を飛び越ゆるとも、可容易とぞ見へたりける。ある時この子母の后に向かつて申しけるは、『たまたま人界にんがいの生を受けながら、后は畜類の妻と成らせ給ひ、我は子と成りて候ふ事、過去の宿業しゆくごふとは申しながら、心憂き事にて候はずや。可然しかるべき隙を求めて、后この山を逃げ出でさせ給へ。我負ひ奉て師子国の王宮わうぐうへ逃げ篭もり、母を后妃の位に昇せ奉り、我も朝烈てうれつの臣と仕へて、畜類のくわを離れ候はん』と勧め申しければ、母の后無限喜びて、師子の他の山へ行きたりける隙に、后この子に負はれて、師子国の王宮へぞ参り給ひける。帝なのめならず喜び思し召して、君恩たぐひなかりければ、後宮綺羅の三千、為君薫衣裳、君聞蘭麝為不馨香。為君事容色、君看金翠為無顔色。新しき人来たりて旧き人棄てられぬ。眼の裏の荊棘けいぎよくたなごころうへの花の如し。




こうして三年を過ごすほどに、后は子を宿して男子を生んだ。憐れみの懐の中に人となって十五歳になると、見目かたちは世に優れるばかりでなく、筋力は人に超えて、いかなる大山を挟んで北海を飛び越えることさえ、容易いことに思われた。ある時この子が母の后に向かって申すには、『たまたま人界の生を受けながら、后は畜類の妻となられて、わたしは子となりました、過去の宿業とは申しながら、嘆かわしいことではありませんか。しかるべき隙を見付けて、この山からお逃げなさいませ。わたしが背負って師子国の王宮へ逃げ籠もり、母を后妃の位に昇らせて、わたしも朝烈の臣として仕え、畜類の果を離れましょう』と勧め申したので、母の后は限りなくよろこんで、獅子が他の山へ行った隙に、后は子に負われて、師子国の王宮に参った。帝はたいそうよろこんで、君恩は類なく、後宮綺羅の三千人が、君のために衣裳を着飾れど、蘭麝([蘭の花と麝香じやこうの香り。また、よい香り])に魅せられて他の者に馨香([かぐわしいよい香り。また、遠くまで及ぶ徳のたとえ])に及ぶことはなかった。容色([美貌])をなしても、君は金翠ばかりを見て他に目を向けることはなかったのだ。新しい人が来て今までの人は棄てられた。荊棘([イバラなど、とげのある低い木])の身が花に変わったようであった。


続く


[PR]
by santalab | 2017-07-01 09:12 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」直冬与吉野殿合体事付...      「太平記」直冬与吉野殿合体事付... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧