Santa Lab's Blog


「太平記」直冬与吉野殿合体事付天竺震旦物語事(その5)

去るほどに師子外の山より帰り来て后をたづね求むるに、后もおはしまさず、我が子もなし。こはいかなる事ぞと驚きあわてて、化けたるかたち元のすがたに成つて、山を崩し木を堀り倒し求むれども不得。さては人の棲む里にぞおはすらんとて、師子国へ走り出でて、奮迅の力を出だして吠え忿いかるに、いかなるくろがねじやうなりとも破れぬべくぞ聞こへける。野人村老おそたふれ、死する者幾千万と云ふ数を知らず。また不近付所も、家を捨て財宝を捨て逃げ去りける間、師子国十万里の中には、人一人もなかりけり。されども、この師子王位にや恐れけん、都の中へは未だ入らず、ただ王宮近き辺に来て、夜な夜な地をうごかして吠えいかり、天に飛揚ひやうして鳴き叫びける間、大臣・公卿・刹利せつり居士こじ、皆宮中に逃げ篭もる。




やがて獅子は他所の山より帰って后を探したが、后もなく、我が子もいなかった。これはどうしたことかと驚きあわてて、化けた形を元の姿に変えて、山を崩し木を堀り倒し探したが見付からなかった。さては人が住む里にいるのではと思い、師子国へ走り出て、奮迅([勢い激しく奮い起つこと])の力を出して吠え怒れば、いかなる鉄の城であろうとも壊れるようほどだった。野人村老は怖れ倒れ、死ぬ者は幾千万という数を知を知れなかった。また近付かぬ所も、家を捨て財宝を捨て逃げ去ったので、師子国十万里の中には、人一人もいなかった。けれども、獅子も王位に恐れをなしたか、都の中へは入らず、ただ王宮に近いあたりに来て、夜な夜な地を響かして吠え怒り、天に届くほどに鳴き叫んだので、大臣・公卿・刹利([刹帝利]=[インドのバルナ=四種姓。で、バラモンに次ぐ第二位の身分。王族および武士])・居士([出家をせずに 家庭において修行を行う仏教の信者])は、皆宮中に逃げ籠もった。



[PR]
by santalab | 2017-07-04 15:37 | 太平記 | Comments(0)

<< 「宇津保物語」楼の上(その1)      「太平記」直冬与吉野殿合体事付... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧