Santa Lab's Blog


2017年 03月 16日 ( 2 )



「太平記」任遺勅被成綸旨事義助攻落黒丸城事(その1)

同じき十一月五日、南朝の群臣相義あひぎして、先帝に尊号をたてまつる。御在位ざいゐの間、風教ふうかうおほくは延喜の聖代を被追しかば、尤もその寄せありとて、後醍醐の天皇てんわうおくりなし奉る。新帝幼主えうしゆにて御座ある上、君崩じ給ひたる後、百官冢宰ちよさいすべて、三年まつりごとを聞こし召されぬ事なれば、万機悉く北畠の大納言の計らひとして、洞院とうゐん左衛門さゑもんかみ実世さねよ四条しでうの中納言隆資たかすけきやう二人ににんもつばら諸事を被執奏。




同じ延元四年(1339)十一月五日に、南朝の群臣は協議して、先帝に尊号を贈りました。在位の間、風教([徳をもって人々を教え導くこと])多くは延喜の聖代(第六十代醍醐天皇の御宇)を追われて、ひたすらに心を寄せられておられたので、後醍醐天皇と諡号されました。新帝(第九十七代後村上天皇)は幼主であられたので、君が崩じられた後は、百官冢宰([周の六卿りつけいの一。天官の長で、天子を補佐して百官を統率した])にすべて任され、三年の間政をなされませんでしたので、万事残さず北畠大納言(北畠親房ちかふさ)の計らいで、洞院左衛門督実世(洞院実世)・四条中納言隆資卿(四条隆資)の、二人が諸事を執り行いました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-03-16 08:02 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」公家一統政道の事(その10)

去る七月の初めより中宮御心わづらはせ給ひけるが、八月二日隠れさせ給ふ。これのみならず十一月三日、春宮崩御成りにけり。これ非只事、亡卒ばうそつ怨霊をんりやうどもの所為しわざなるべしとて、止其怨害、為令趣善所、仰四箇大寺、大蔵経五千三百くわんを一日のうちに被書写、法勝寺ほつしようじにてすなは供養くやうを遂げられけり。




去る七月の初めより中宮(西園寺禧子きし?)は心を煩わせておられましたが、八月二日(西園寺禧子が亡くなったのは、元弘三年(1333)十月十二日らしい)にお隠れになられました。これのみならず十一月三日に、春宮が崩御されました。これは只事ではなく、亡卒の怨霊どもの仕業である、その怨害を止め、善とならしめよと、四箇大寺(東大寺・延暦寺・興福寺・園城寺)に仰せて、大蔵経五千三百巻を一日のうちに書き写し、法勝寺(かつて現京都市左京区にあった寺院)でたちまち供養されました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-03-16 07:32 | 太平記 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧