Santa Lab's Blog


2017年 04月 13日 ( 2 )



「太平記」新田起義兵事(その6)

鎌倉より追つ付き奉る人々には、畠山上野かうづけ・子息伊豆いづかみ・畠山左京さきやうの大夫・舎弟尾張をはりの守・舎弟大夫の将監しやうげん・その次式部の大夫・仁木につき左京さきやうの大夫・舎弟越後ゑちごの守・三男修理しゆりすけ岩松いはまつ式部の大夫・大島讃岐の守・石堂左馬のかみ・今河五郎入道・同じき式部の大夫・田中三郎・大高だいかう伊予の守・同じく土佐の修理しゆりすけ太平おほひら安芸の守・同じく出羽ではの守・宇津木平三・宍戸安芸の守・山城の判官はうぐわん・曽我兵庫ひやうごの助・梶原弾正だんじやうちゆう二階堂にかいだう丹後の守・同じく三郎左衛門さぶらうざゑもん饗庭命鶴あいばみやうづる・和田筑前の守・長井ながゐ大膳だいぜんの大夫・同じく備前の守・同じく治部ぢぶ少輔せう・子息右近の将監しやうげんらなり。元より隠謀ありしかば、石堂入道・三浦の介・小俣をまた少輔せう次郎・葦名あしな判官はうぐわん二階堂にかいだう下野しもつけの次郎、その勢三千余騎は、他勢を交えず、将軍の御馬おんむまの前後に透き間もなくぞ打つたりける。




鎌倉より追い付き奉る人々には、畠山上野介(畠山高国たかくに)・子息伊豆守・畠山左京大夫(畠山国清くにきよ)・舎弟尾張守・舎弟大夫将監・その次式部大夫・仁木左京大夫(仁木頼章よりあき)・舎弟越後守(仁木義長よしなが)・三男修理亮・岩松式部大夫・大島讃岐守・石塔左馬頭(石塔頼房よりふさ。ただし右馬頭)・今川五郎入道(今川範国のりくに)・同じく式部大夫・田中三郎・大高伊予守(大高重成しげなり)・同じく土佐修理亮・大平安芸守・同じく出羽守・宇津木平三・宍戸安芸守・山城判官・曽我兵庫助・梶原弾正忠・二階堂丹後守・同じく三郎左衛門・饗庭命鶴(饗庭氏直うぢなほ)・和田筑前守・長井大膳大夫・同じく備前守・同じく治部少輔・子息右近将監らでした。元より隠謀ありしかば、石塔入道(石塔義房よしふさ)・三浦介(三浦高通?)・小俣少輔次郎・葦名判官(葦名直盛なほもり)・二階堂下野次郎、その勢三千余騎は、他勢を交えず、将軍(足利尊氏)の馬の前後に隙間もなく付きました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-04-13 07:29 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」安鎮国家の法の事付諸大将恩賞の事(その3)

東国・西国已に静謐しければ、自筑紫小弐・大友・菊池・松浦まつらの者ども、大船たいせん七百余艘よさうにて参洛す。新田左馬の助・舎弟兵庫ひやうごの助七千余騎にて被上洛しやうらく。この外国々の武士ども、一人も不残上り集まりける間、京白河に充満して、王城の富貴ふうき日来に百倍せり。諸軍勢の恩賞は暫く延引すとも、先づ大功のともがら抽賞ちうしやうを可被行とて、足利治部の大輔高氏たかうぢに、武蔵・常陸ひたち下総しもふさ三箇国、舎弟左馬のかみ直義ただよし遠江とほたふみの国、新田左馬の助義貞に上野かうづけ・播磨両国、子息義顕よしあき越後ゑちごの国、舎弟兵部ひやうぶ少輔せう義助よしすけに駿河の国、楠木判官正成に摂津の国・河内、名和伯耆はうきかみ長年ながとしに因幡・伯耆両国をぞ被行ける。その外公家・武家の輩、二箇国・三箇国を賜わり給はりけるに、さしもの軍忠ありし赤松入道円心ゑんしんに、佐用さよの庄一所許りを被行。播磨の国の守護職をば無程被召返けり。されば建武の乱に円心俄かに心替はりして、朝敵てうてきと成りしも、この恨みとぞ聞こへし。その外五十ごじふ余箇国の守護・国司・国々の闕所大庄けつしよたいしやうをば悉く公家被官ひくわんの人々拝領はいりやうしける間、誇陶朱之富貴飽鄭白之衣食矣。




東国・西国はすでに鎮まり、筑紫の小弐・大友・菊池・松浦の者どもが、大船七百余艘で参洛しました。新田左馬助(新田義貞)・舎弟兵庫助(脇屋義助よしすけ)は七千余騎で上洛しました。このほか国々の武士どもが、一人残らず上り集まったので、京白川に充満して、王城の富貴は日頃の百倍にも達しました。諸軍勢の恩賞はしばらく延引するとも、まず大功の者どもの抽賞を行うべきと、足利治部大輔高氏(足利高氏)に、武蔵・常陸・下総三箇国、舎弟左馬頭直義(足利直義)に遠江国、新田左馬助義貞(新田義貞)には上野・播磨両国、子息義顕(新田義顕。新田義貞の長男)に越後国、舎弟兵部少輔義助(脇屋義助)に駿河国、楠木判官正成(楠木正成)に摂津国・河内、名和伯耆守長年(名和長年)に因幡・伯耆両国を与えられました。そのほか公家・武家の輩が、二箇国・三箇国を賜わりましたが、あれほど軍忠のあった赤松入道円心(赤松則村のりむら)には、佐用庄(現兵庫県佐用郡佐用町)一所を与えただけでした。播磨国の守護職は程なく召し返されました。こうして建武の乱(延元の乱)に円心はにわかに心変わりして、朝敵となったのもこの恨みによるものだといわれました。そのほか五十余箇国の守護・国司・国々の闕所([財産没収刑またはその刑罰により所有者がいなくなった所領])大庄を残らず公家被官の人々に拝領したので、まさに陶朱(范蠡はんれい。中国春秋時代の越の政治家、軍人)の富貴([陶朱猗頓たうしゆいとんの富]=[陶朱は 金満家として知られ、猗頓は魯国の富豪であったところから、莫大な富])に誇り飽白(中国戦国時代の韓の鄭国と漢代の趙の大夫白公のこと)が衣食に飽きる([飽白の衣食に飽く]=[中国で、韓の鄭国と趙の白公の灌漑工事により、人々の生活が豊かになったという故事から、生活に不自由がないたとえ])に同じでした。


続く


[PR]
by santalab | 2017-04-13 07:22 | 太平記 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧