Santa Lab's Blog


2017年 10月 10日 ( 1 )



「宇津保物語」楼の上(その1)

三条右大臣殿の、かの一条殿の対どもに居給へりし御方々、宮迎へられ給ひて、「今は、限りなめり」とて、思ひ思ひに渡り給ひし中に、西の一の対に、源宰相の、

故郷に 多くの年は 住みわびぬ 渡り川には はじとやする

と書き付け給へりしを、殿、おはして、見付け給ひて、「心深く、をかしう、かたちなどもことなむなかりしを、いかで、こればかりを、あり所を聞かましかば、尋ねてしかな」とのたまへば、尚侍ないしのかみ、「いとよきことなり。宮のおはしける所に、数多あまた、さても物し給ひけるを、女子をんなごもなく、さうざうしき。所は、広う面白うめでたきに、もとのやうにて物し給はば、聞こえ交はしてあらむ」とて、右大将の参り給へるに、「ここにのたまふめること、なほ、御心留めて尋ね給へ」と聞こえ給へば、「げに、長く」と思す。




三条右大臣殿【藤原兼雅】の、かの一条殿の対屋に住んでいた女房たちは、女三の宮が兼雅に迎え入れられたので、「こことも、お別れね」と言って、各々一条殿から去って行きました、西の一の対屋に、源宰相が住んでいましたが、

この一条殿を故郷だと思って長年住んできましたのに、ここを出て行かなくてはなりません。渡り川([三途の川])を訪ねよということでしょうか。

と書き付けてあったのを、殿【藤原兼雅】が、訪ね来て、見付け、「情け深く、趣きがあり、顔かたちも非の打ち所ない女であった、どうにかして、この女ばかりは、もしも居所を聞くことがあったなら、訪ねてみたいものだが」と申すと、尚侍【藤原兼雅の妻。清原俊蔭の娘で藤原仲忠の母】は、「それはとてもよいことですわ。宮【女三の宮。嵯峨院の皇女】のおられる所には、数多くの女房たちが、いらっしゃいましたのに、わたしには一人の娘もなく、さみしい思いをしておりました。所は、広く風情があって立派なのですから、もとのように女房として仕えてくれれば、話し相手にもなってくれましょう」と言って、右大将【藤原仲忠】が訪ねた折に、「そなたの父が申したことです、よくよく、心に留めて居場所を探しなさい」と申すと、「そういうことならば、忘れず心に留めておこう」と思うのでした。


続く


[PR]
by santalab | 2017-10-10 02:44 | 宇津保物語 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧