Santa Lab's Blog


カテゴリ:今鏡( 16 )



「今鏡」雲居(その3)

卯月の二十八日に大内おほうち、やうやう造り出だして、渡らせ給ふ。白銀しろがねうてな玉の御階みはし、磨き立てられたる有様、いと清らにて、明らけき御世の曇りなきも、いとどあらはれ侍るなるべし。御格子みかうしも、御簾も新しく、かけ渡されたるに、雲のうへ人の夏衣御達ごたちの用意などいとどすずしげになん侍りける。おほ宮も入らせ給ふ。春宮も渡らせ給ひて、梅壺むめつぼにぞおはします。入道大臣おとどの四の君は、威子たけこ尚侍ないしのかみと聞こえ給ひし、今宵こよひ女御に参り給ひて、藤壺におはします。神無月の十日余りの頃、后に立たせ給ふ。国母こくもも、后も姉おととにおはしませば、いとたぐひなき御栄えなるべし。二十二日に上東門院に御幸みゆきありて、かつらを折る心見せさせ給ふ。題、霜を経て菊の精を知る。また緑の松、色を改むる事なし。などぞ聞こえし。太政大臣おほきおとど奉らせ給へるとなん。




卯月([陰暦四月])の二十八日に大内裏が、ようやく造られて、後一条天皇(第六十八代天皇)がお移りになられました。白銀の高台玉の御階([紫宸殿の南階段])の、その美しさと申しましたら、とても清らかで、輝いて世に曇りない様を、表しているようでございました。御格子([建具])も、御簾も新しく、掛け渡されて、雲上人([殿上人])の夏衣御達([上級女房])などもいっそうすずしげに見えました。大宮(第六十六代一条天皇皇后、藤原彰子)も移られました。春宮(敦良あつなが親王。後一条天皇の弟)も渡られて、梅壺([凝華舎ぎようくわしや]=[平安京内裏五舎の一。内裏西北隅近くにある女官用の部屋])に住まわれました。入道大臣(藤原道長みちなが)の四の君(四女)は、威子たけこ尚侍と呼ばれておりましたが、この夜(後一条天皇の)女御に参られて、藤壺([飛香舎ひぎやうしや]=[平安京内裏五舎の一。清涼殿の西北方にあり、中宮や女御の住まい])に住まわれました。神無月([陰暦十月])の十日余りの頃、后に立たれました。国母(彰子)も、后も姉妹ですれば、ご一門は例もないほどの栄華にございました。二十二日に後一条天皇は上東門院(彰子)の許に御幸されて、桂を折る([官吏登用試験に合格すること]。ここでは漢詩の才能)ほどの才能を披露なさいました。題は、霜を経て菊の精を知る。また緑の松、色を改むることなし。などと聞こえました。太政大臣(藤原頼通よりみち。藤原道長の長男)が選ばれたということでございます。


[PR]
by santalab | 2016-04-07 08:32 | 今鏡 | Comments(0)


「今鏡」雲居(その2)

その八月九日、東宮我が御心と、退かせ給ひき。三条院も、卯月に御髪みぐし下ろさせ給ふ。五月に隠れさせ給ひぬるにも、世の中さうざうしく思ほし召すにや。御病ひなど聞こえて、かく去らせ給ひぬれば、帝の御弟の第三の親王を、この代はりに立て申させ給ふ。二十五日にぞ、さきの東宮に院号聞こえさせ給ひて、小一条院と申す。年毎の司くらゐ、元の如くたまはらせ給ふ。御随身など聞こえ給ひき。堀川ほりかはの女御の、みえし思ひのなど詠み給へる、古き物語侍るめれば細かにも申し侍らず。寛仁かんにん二年正月にはうへの御年十に余らせ給ひて、三日御元服せさせ給へれば、きびはにおはしますに、御かうぶり奉りて、大人にならせ給へる御姿も、美しう、いとめづらかなる雲井の春になむ侍りける。




その(長和五年(1016))八月九日、東宮(第六十八代後一条天皇皇太子、敦明あつあきら親王。第六十七代三条天皇の第一皇子)はみずから願い出て、皇太子を退かれました。三条院も、卯月([陰暦四月])に髪を下ろされました。五月にお隠れになられたのも、世の中を騒がしく思われてのことでしょうか。病いとか聞こえて、世を去られて、帝(後一条天皇)の弟であられた第三親王(敦良あつなが親王。後の第六十九代後朱雀天皇)を、代わりに皇太子に立てられました。二十五日には、前東宮に院号を賜わられて、小一条院と申されました。年毎の官加階は、元通り行われました。御随身([上皇の随身=警護する者])なども賜られたとお聞きしました。堀川女御が、みえし思ひの(「雲居まで 立昇るべき 煙かと みえし思ひの ほかにもあるかな」)などと詠んだという、古い物語(『栄花物語』)もございますし詳しいことは申し上げません。寛仁二年(1018)の正月には後一条天皇は御年十を越えられて、三日に元服になられましたが、幼くして、元服されて、大人になられた姿は、美しうございました、たいそう珍しい宮中の春のことでございました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-04 08:58 | 今鏡 | Comments(0)


今鏡


雲居

巻三
花園の匂ひ
二葉の松


巻七
藻塩の煙
[PR]
by santalab | 2015-10-20 08:25 | 今鏡 | Comments(0)


「今鏡」花園の匂ひ(その1)

この帝の御母、生み置き奉り給ひて、失せ給ひにしより、鳥羽の女院養ひ奉り給ひて、をさなくおはしまししほどに、仁和寺におはしまして、五の宮の御弟子にて、倶舎頌くしやじゆなど、聡く読ませ給ひて、軸々ぢくぢく読み尽くさせ給ひて、その心解きあらはせる文どもをさへ、伝へ受けさせ給ひて、智恵ちゑ深くおはしましけり。




この帝(第七十八代二条天皇)の母(源懿子よしこ)は、生み置かれると、亡くなられたので、鳥羽の女院(第七十四代鳥羽院の寵妃、藤原得子なりこ。美福門院)が養われて、幼くあられた頃より、仁和寺(現京都市右京区にある寺)におられて、五の宮(鳥羽天皇の皇子、覚性かくしよう法親王)の弟子として、倶舎頌(『倶舎頌疏くしやじゆしよ』?)など、賢く読まれて、軸々も読み尽くされて、その心を解き表した文さえも、伝授されました、智慧深くあられました。


[PR]
by santalab | 2015-10-20 08:23 | 今鏡 | Comments(0)


「今鏡」藻塩の煙(その2)

重らせ給ひけるほどに、年若き人なれば、おはしまさざらんには、いかにもあらんずらん。御消息せうそこども、かへまゐらせよとありければ、泣く泣く取りつかねて参らせければ信保のぶやすなどいふ人うけ給はりて、掻き集めさせ給へる、藻塩もしほけぶりとなりけむも、いかに悲しく思しけん。御ぐしの丈に余り給へりけるも、削ぎ下ろさばやとぞ聞こえけれど、心強き事難くて月日経けるほどに、御心ならずもやありけん。昔にはあらぬ事ども出できて、若き上達部の、時に遭ひたるところにこそ、迎へられ給ひてと、聞こえ侍るめれ。召し返させ給ひけん、やんごとなき水茎みづぐきの跡も、今や思し合はすらん。いと賢くこそ。




病いを重らせて、年若い人でございますれば、亡き後、何事をか申されることでございましょう。消息([文])を、返せと命じられて、泣く泣く参らせれば信保という人が、搔き集め、藻塩の煙となしました、どれほど悲しいことでございましたでしょう。(かうの君の)髪は丈に余るほどでございましたが、下ろして出家なさるとお聞きしましたが、決心できずに月日を経るほどに、心に適わぬことがございましたか。意外なことに、若き上達部の、時を得た人(藤原成親なりちか)に、妻として迎えられたと、聞いております。二条天皇の水茎の跡([筆跡])を、思い出されましたでしょうか。思えば賢明な判断でございました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-18 11:32 | 今鏡 | Comments(0)


「今鏡」藻塩の煙(その1)

二条の帝の御時、近くさぶらひ給ひてかうの君とか聞こえ給ひしは殊の外にときめき給ふと聞こえ給ひしかば、尚侍ないしのかみになり給へりしにやありけん。ただまた督の殿など申すにや。よくもえうけ給はり定めざりき。それこそは、六条殿の御子の季房すゑふさの丹波の守の子に、太夫とか申して、伊勢に籠もり給へる御娘と聞こえ給ひしか。かの御時、女御后、方々うち続きおほく聞こえ給ひしに、御心の花にて一時の真盛みさかり少なく聞こえしに、これぞ常盤ときはに聞こえ給ひて家をさへに造りて給はり、世にももて扱ふほどに聞こえ給ひて、帝の御悩みにさへ、とが負ひ給ひしぞかし。御乳母めのとの大納言の三位なども、いたくなまゐり給ひそなど侍りけるにや。あるをりは常にもさぶらひ給はずなどありけるとかや。かつは御覚えの事など、祈り過ぐし給へる方も聞こえけるにや。かつは聞きにくくも聞こえけるとぞ。




二条の帝(第七十八代二条天皇)の御時、お近くに祗候しておりました督の君と申された方はとりわけ寵愛されて、尚侍([内侍司=後宮。の長官])になられたそうでございます。また督の君(督殿=[神社の祭典の世話役])とも申されました。どちらが本当でございましょう。それこそは、六条殿(源顕房あきふさ)の子の季房(源季房)の丹波守の子で、太夫と申して、伊勢(伊勢神宮)に籠もられた娘と聞きしております。二条帝の御時、女御后ども、方々数多くおられたとお聞きしておりますが、心の花([変わりやすい心を、花の散りやすいことにたとえた語])で一時の真盛りさえ少なくあられたと聞いております、督の君ばかり変わることなく寵愛されて家さえ賜わり、世の人にも大切にされ、帝(二条天皇)がご病気になられた時でさえも、非難されたのでございます。乳母の大納言三位(源師重もろしげの娘らしい)などにも、繁く通われたそうでございます。ある時ぱったりと通われなくなられたそうでございますが。他に寵愛されようと、祈り過ごす方もあったそうでございます。耳の痛い話もお聞きいたしました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-18 10:52 | 今鏡 | Comments(0)


「今鏡」二葉の松(その3)

たひらうぢの初めは、一つにおはしましけれど、日記にきの家と、世の固めにおはするすぢとは、久しく変はりて、方々聞こえ給ふを、いづ方も同じ御代に、帝后同じ氏に栄えさせ給ふめる。平野は、数多あまたいへの氏神にておはすなれど、御名も取り分きて、この神垣かみかきの栄え給ふ時なるべし。この后の御母、顕頼あきよりの民部卿の御娘におはしますなるべし。醍醐だいごの帝の御母方のいへにておはしますのみにあらず。君に仕へ奉り給ふいへ、方々しかるべく、重なり給へるなるべし。今の世の事はゆかしく侍るを、えうけたまはらで、おぼつかなき事多く侍り。




平氏のはじまりは、お一人でございました(第五十代桓武天皇の第三皇子、葛原かつらはら親王)が、日記の家([先祖代々の手による家の日記を伝蔵した公家の呼称]。高棟王流桓武平氏)と、世の固めであられる筋(伊勢平氏)とに、長く分かれて、方々風の便りに聞いておりましたが、どちらも同じ御代に、帝后同じ氏としてお栄えになられておられます。平野(現京都市北区にある平野神社)は、数多くの家の氏神でございますが、神々の中でも、この神垣([神社])が栄える時代なのでございましょう。この后(第七十七代後白河院皇太后、平滋子しげこ)の母は、顕頼民部卿(藤原顕頼)の娘(藤原祐子すけこ)でございました。醍醐の帝(第六十代天皇)の母方の家(醍醐天皇の母は、藤原胤子たねこ)であるばかりでございません。君に仕える家は、方々しかるべきお方が、重なるものでございます。今の世は望ましくございますが、わたくしにとりましては恵み少なく、不安なことが多くございますけれど。


[PR]
by santalab | 2015-10-16 08:20 | 今鏡 | Comments(0)


「今鏡」二葉の松(その2)

おほくの、女御后おはしますに、帝産み奉り給ふべかりける御過ぐ世、申すも愚かなり。さきの帝の御時も、この御代にも、御産の御祈りとのみ聞こえて、まことにはあらぬ事のみ聞こえ給ひしに、いとありがたく聞こえさせ給ふ。代々の帝の御母、藤波ふぢなみの御流れにおはしますに、堀河ほりかはの御門の御母ぎさきも、関白の御娘になりて、女御にまゐり給へれども、まことには源氏におはしませば、引き代へたるやうに聞こえさせ給ひしに、今またたひらうぢの国母、かく栄えさせ給ふうへに、同じ氏の、上達部かんだちめ、殿上人、近衛司このゑづかさなど、おほく聞こえ給ふ。この氏の、しかるべく栄え給ふ時の至れるなるべし。



数多くの、女御后がおられますのに、帝をお生みになられる過ぐ世([宿世])は、申すも愚かなことでございましょう。前の帝(第七十九代六条天皇)の御時も、この御代にも、御産のお祈りのことばかり聞こえて、まことでない事ばかり聞いておりますれば、たいそううれしいことでございました。代々の帝の母と申すは、藤波の流れ(藤原氏)でございました、堀河の帝(第七十三代天皇)の母后(藤原賢子かたいこ)も、関白(藤原師実もろざね)の娘になられて、(第七十二代白河天皇の)女御に参られましたが、実は源氏(源隆俊たかとしの娘)でございましたので、世が変わったように思っておりましたのに、今また平氏の国母([天皇の生母])が、申したままにお栄えになられて、同じ平氏の、上達部([大臣・納言・三位以上の人])、殿上人、近衛司([大将・中将・少将])など、数多くおられます。平氏が、このようにお栄えになられる時が来たのでございましょう。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-15 08:32 | 今鏡 | Comments(0)


「今鏡」二葉の松(その1)

さて後一条院の御時近きやうに侍れど、十代に御代余らせ給ひにけり。今は当今の御事、申すも憚りおほく侍れど、続きにおはしませば、事新しく侍れど、申すになむ。当代は一院の御子、御母は皇后宮滋子しげこと聞こえさせ給ふ。贈左大臣平時信ときのぶ大殿おとどの御娘なり。帝應保おうほう元年辛巳かのとのみの年まれさせ給ひて、仁安にんあん元年十月十日春宮に立たせ給ふ。御年五つ、帝よりも、二年兄にておはします。兄春宮は三条院の例なるべし。同じき三年二月十九日、位に即かせ給ふ。御年八つにおはします。同じ帝申せども、世の中隔てある事もなく、一院あめの下知ろし召し、御母ぎさき、盛りにおはしませば、いとめでたき御栄えなるべし。しかあれば、二葉の松の千代の初め、いとめでたく伝へうけたまはり侍りき。御母ぎさきこの帝生み奉り給ひて、五六年ばかりにや。女御と聞こえさせ給ひて、仁安三年と申しし弥生やよひの頃、皇太后宮に立たせ給へり。今は女院と申すとぞ。いとめでたき御栄えにおはします。




それにいたしましても後一条院(第六十八代天皇)の御時はほんの昔のように思われますが、すでに御代は十代に余るほどになりました。今は当今のことを、申すも憚り多くございますが、話の続きでございますれば、事新しくございますが、申すことにいたしましょう。当代(第八十代高倉天皇)は一院(第七十七代後白河院)の皇子(第七皇子)、母は皇后宮滋子(平滋子)と申されるお方でございます。贈左大臣平時信大殿の娘でございます。帝(高倉天皇)は應保元年(1161)辛巳の年にお生まれになられて、仁安元年(1166)十月十日に春宮に立たれました。御年五つ、帝(第七十九代六条天皇)よりも、二年年上でございました。年上の春宮は三条院(第六十七代天皇)にも前例がございました(先帝は第六十六代一条天皇)。同じ仁安三年(1168)二月十九日に、帝位にお即きになられました。御年八つでございました。同じ帝と申せども、世の中は万事、一院(後白河院)が天下を治められ、母后(平滋子)も、盛りでございましたので、たいそう栄えておられます。でございますれば、二葉の松([幼い人])の千代の初めより(『子の日して 二葉の松を 千代ながら 君が宿にも 移しつるかな』)、喜ばしく伝え聞いておりまする。母后が高倉の帝をお生みになられて、五六年のことでございましたか、女御と呼ばれておられましたが、仁安三年(1168)の弥生([陰暦三月])の頃、皇太后宮にお立ちになられました。今は女院(建春門院)と申されております。たいそうおめでたく栄えておられます。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-14 22:08 | 今鏡 | Comments(0)


「今鏡」雲居(その1)

後一条の帝とは、前の一条院の第二の皇子におはします。御母上東門院、中宮彰子しようしと申しき。入道前太政大臣道長みちなが大臣おとどの第一の御娘なり。この帝、寛弘くわんこう五年長月の十日とをか余り、一日ひとひの日まれさせ給へり。同じ年の十月十六日にぞ親王の宣旨聞こえさせ給ひし。同じ八年六月十三日東宮に立たせ給ふ。御年四つにおはしましき。一条院位去らせ給ひて、御従兄弟いとこの三条院東宮におはしまししに、ゆづり申させ給ひしかば、その御代はりの東宮に立たせ給へりき。かの三条院位におはします事、五とせばかり過ぐさせ給ひて、長和ちやうわ五年睦月の二十九日に、位をこの帝に譲り申させ給ひき。御年九つにぞおはしましし。さて東宮には、かの三条院の式部卿の皇子みこを立て申させ給へりき。摂政は、やがて御祖父おほぢの入道大臣おとど、左大臣とてさきの帝の関白におはしましし、引き続かせ給ひて、次の年の三月に、御子の宇治の大臣、右大将と聞こえさせ給ひしに、ゆづり申させ給ひにき。その日やがて、内大臣にもならせ給ふと、聞こえさせ給ひき。




後一条の帝(第六十八代後一条天皇)は、前の一条院(第六十六代一条天皇)の第二皇子でございました。母は上東門院、(一条天皇)中宮彰子(藤原彰子あきこ)と申されたお方。入道前太政大臣道長大臣(藤原道長)の長女でした。後一条帝は、寛弘五年(1008)の長月([陰暦九月])の十日余り、一日の日(つまり十一日)にお生まれになられました。同じ年の十月十六日に親王(敦成あつひら親王)の宣旨がなされました。同じ寛弘八年(1011)の六月十三日に(第六十七代三条天皇の)東宮に立たれました。御年四つでした。一条院が帝位を去られて、従兄弟の三条院が東宮でしたが、位を譲られたのです、そして後一条帝が三条天皇の東宮に立たれたということです。三条院が位に就かれておられたのは、五年ばかり、長和五年(1016)の睦月([陰暦正月])二十九日に、帝位を後一条帝に譲られました(後一条天皇の即位は二月七日らしい)。九つでした。東宮には、三条院の式部卿の皇子(敦明あつあきら親王)を立てられました。摂政は、やがて御祖父の入道大臣(藤原道長)が、左大臣で前帝(三条天皇)の関白であられたので、引き続いて関白となられて、次の年の三月に、子の宇治大臣(藤原頼通よりみち)、右大将であられましたか、に譲られました。その日のうちに、(藤原頼通は)内大臣にもなられたと、いうことでございます。


続く


[PR]
by santalab | 2014-08-01 08:54 | 今鏡 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧