Santa Lab's Blog


<   2015年 02月 ( 59 )   > この月の画像一覧



「曽我物語」伊東の次郎と祐経が争論の事(その2)

きやうより下る者は、田舎ゐなかの子細をば知らで、急ぎ逃げ上り、一臈いちらふにこの由を訴ふ。「その儀ならば、祐経すけつね下らん」とて、出で立ちけるが、案者あんじや第一の者にて、心を変へて思ひけるは、人の僻事すると言ふを聞きながら、我また下りて、劣らじ、負けじとせんほどに、勝る狼藉らうぜき引き出だし、両方りやうばう得替とくたいの身となりぬべし、その上、道理だうりを持ちながら、親方に向かひ、意趣を込めん事、詮なし、祐経ほどの者が、理運の沙汰に負くべきにあらず、田舎よりかの仁を召し上せて、上裁じやうさいをこそあふがめと思ひ、当たるところの道理、差し詰め差し詰め、院宣ゐんぜんまうし下し、小松殿の御じやうを添へ、検非違使を以つて、伊東を京都きやうとに召し上せ、事のちきやうなる時こそ、田舎にて、横紙をも破り、打擲ちやうちやくども言ひけれ、院宣を成し、重ねてからく召されければ、一門馳せ集まり、案者・口聞き寄り合ひ、伴ひ談するといへども道理は一つもなかりけり。




京より下る者は、田舎のことは知らなかったので、急ぎ逃げ上り、一臈(工藤一臈=工藤祐経)にこれを知らせました。「そういうつもりならば、この祐経(工藤祐経)が下ろう」と申して、席を立ちましたが、計略に長けていたので、考えを改めて、他人(伊東祐親すけちか)が僻事([道理に合わないこと。悪事])を働くのを知りながら、このわたしが再び下り、引けを取らぬ、負けまいとすれば、これまで以上に祐親は狼藉([乱暴な振る舞いをすること])し、詰まるところどちらでもなく得替([領主が新しい領主に代わること])になるだけのこと、その上、当方に道理があるとは言え、親方に向かい、意趣([恨みを含むこと])を持ったとなれば、評判もよくなかろう、この祐経が、理運([道理に適っていること])の沙汰に負けるはずもない、田舎よりかの仁(伊東祐親)を呼んで、上裁([上奏されたものに対する天皇の裁可])を仰ぐべしと思い、余すところなく道理を、尽くして、院宣([上皇からの命令を受けた院司が、奉書形式で発給する文書])を賜り、小松殿(平重盛しげもり)の状を添え、検非違使を遣って、伊東(祐親)を京都に上らせて、事のちきやう(治定ぢぢやう=決まりきってきること?)ならば、田舎では、横紙をも破る([無理を押し通すこと])、乱暴者([打擲]=[打ちたたくこと。なぐること])とはいえ、院宣をもってして、重ねて厳しく呼ばれたので、一門が急ぎ集まり、案者(知恵のある者)・口聞き([交渉や談判などのうまい者])が寄り合い、話し合いましたが道理と思えるものは一つとしてありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-28 09:00 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」伊東の次郎と祐経が争論の事(その1)

かくて、二十五まで、給仕きうじ怠らざりき。ここに、思はずに、田舎ゐなかの母、一期尽きて、形見に、父があづけ置きし譲状ゆづりじやうを取り添へて、祐経すけつねが許へぞ上せたりける。祐経すけつね、これを披見して、「こは如何に、伊豆いづの伊東と言ふ所をば、祖父おほぢ入道にふだう寂心じやくしんより、父伊東武者祐継すけつぎまで、三代相伝さうでん所領しよりやうなるを、何に依つて、叔父をぢ河津かはづ次郎じらう相続さうぞくして、この八箇年があひだ知行ちぎやうしける。いざや冠者くわんじやばら、四季の衣替へさせん」とていとままうしけれども、御気色最中なりければ、左右さうなく暇を賜はらざりけり。しからばとて、代官だいくわんを下して、催促を致す。伊東、これを聞き、「祐親すけちかより外に、またく他の地頭なし」とて、冠者ばらを放逸はういつ追放ついはうす。




こうして、工藤祐経すけつねは二十五歳になるまで、給仕([事務所・役所などで雑用をした者])として精を出しました。そこへ、思いもしなかったことに、田舎の母が、一生を終えて、形見にと、父(工藤祐継すけつぐ)が預けて置いた譲状([所領や資財を譲与するとき作成交付する証文])を持たせて、祐経の許へ人を上らせました。祐経は、これを見て、「いったいどういうことか、伊豆の伊東と言う所は、祖父である入道寂心(工藤祐隆すけたか)より、父である伊東武者祐継(工藤祐継)まで、三代相伝の所領である、どうして、叔父の河津次郎(伊東祐親すけちか)が、相続して、この八年間、知行([土地・財産を直接支配し,その用益権を行使すること])しているのだ。さあ冠者([元服をした少年])たちよ、四季に衣替えさせてやろう」と申して、暇を願い出ましたが、主君に重用されていましたので、容易く暇を賜わることはありませんでした。ならばと、代官を下して、催促しました。伊東(伊東祐親すけちか)は、これを聞いて、「この祐親のほかに、地頭([荘園・国衙領=公領。を管理支配するために設置した職])はおらぬ」と申して、冠者たちに対してさんざん乱暴を働きました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-27 08:21 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」同じく伊東が死する事(その5)

しかれども、祐経すけつねは、たれをしゆるともなきに、公所くしよを離れず、奉行所ぶぎやうしよに置きて、身をうたせ、沙汰に馴れけるほどに、善悪を分別ふんべつして、理非りひを迷はず、諸事に心を渡し、手跡普通に過ぎ、和歌の道を心に懸け、酣暢かんちやうむしろ推参すいさんして、その衆に連なりしかば、伊東の優男やさをとことぞ召されける。十五歳より、武者所にはんべつて、礼儀正しくして、をとこ尋常じんじやうなりければ、田舎侍ゐなかさぶらひともなく、心憎しとて、二十一歳にして、武者の一臈を経て、工藤一臈とぞ召されける。




けれども、祐経(工藤祐経)は、誰が教えたわけでもなく、公所([都])を離れず、奉行所にその身を置いて、日を送っているうちに、沙汰([物事の善悪・是非などを論じ定めること])にも慣れました、善悪を分別して、理非([道理にかなっていることと外れていること])に迷うことなく、諸事に心を配り、手跡([書道])に優れて、和歌の道を心ざし、酣暢([酒を飲んで楽しい気分になること])の席にも出向くようになって、その衆と交わったので、伊東の優男([風流・芸術を理解する男。風雅な男])と呼ばれました。十五歳より、武者所([院の御所を警備する武士の詰め所])に仕え、礼儀正しく、男柄([男性としての人柄。男らしい品格])も尋常([目立たず上品なこと])でしたので、田舎侍とも思えず、心憎い([憎らしく思われるほど、言動などが優れている様])だと、二十一歳にして、武者の一臈を経て、工藤一臈と呼ばれました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-26 08:14 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」同じく伊東が死する事(その4)

さて、金石かないしには、心安き乳母を付けてぞ、やうじける。遺言たがへず、十五にて元服させ、うすみの工藤祐経すけつねかうす。やがて、娘万刧まんこうに逢はせ、その秋、あひ具して、上洛し、即ち、小松殿の見参に入れ、祐経をば、京都きやうとに留め置き、我が身は、国へぞ下りける。その後、甲斐甲斐かひがひしきさぶらひの一人も付けず、大人しき者もなし。所帯に置きては、祐親すけちか一人して横領わうりやうし、祐経すけつねには、屋敷の一所をも配分せざりけり。まことや、文選もんぜんの言葉に、「徳を積み、かうぬる事、その善を知らず、しかれども時に用ひる事あり、義を捨て、理を背く事、その悪を知らざれども、時に滅ぶる事あり。身のあやふきは、いきほひの過ぐるところと成り、わざわいの積もるは、てうの盛んなるを越えてなり」。




そして、金石(工藤祐経すけつね)には、安心して任せられる乳母を付けて、養育しました。工藤祐経の遺言通り、十五歳で元服させ、うすみ(久須美くすみ?)の工藤祐経と名乗りました。やがて、娘万刧御前と結婚させて、その秋、二人を連れて、上洛し、すぐに、小松殿(平重盛しげもり)に面会して、祐経を、京都に留め置いて、伊東祐親すけちかは、国に戻りました。その後は、世話をする侍の一人も付けず、女房どももいませんでした。所帯([所持している財産・ 領地])は、祐親一人が横領し、祐経には、屋敷の一つも配分しませんでした。定かではありませんが、文選([中国南北朝時代、南朝りようの昭明太子=蕭統しようとう。によって編纂された詩文集])の言葉に、「徳を積み、行を重ねれば、その善は知らずとも、時にその身に返ることもある、義を捨て、道理に背けば、その悪行は知れぬとも、時に滅びることもある。身の危険は、その身の勢いが過ぎた頃に、禍いが続くのは、君主の寵愛の盛りを過ぎて訪れる」と。


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-25 08:16 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」同じく伊東が死する事(その3)

おとと河津かはづ次郎じらうは、うへには歎く由なりしかども、下には喜悦の眉を開き、箱根の別当べつたうの方をぞをがみける。一旦猛悪まうあくは、勝利せうりありといへども、つひには子孫に報ふ習ひにて、すゑいかがとぞ思えける。やがて、河津が、我がいへを出で、伊東のたちに入り代はり、内々存ずる旨ありければ、兄の為、忠ある由にて、後家にも子にも劣らず、孝養けうやうを致す。七日なぬか七日の外、百箇日、一周忌いつしゆき、第三年に至るまで、諸善の忠節を尽くす。人これを聞き、「神をまつる時は、神のす如くにせよ。つかふる時は、しやうに事ふる如くなれ」とは、論語の言葉なるをやと感じけるぞ、愚かなる。




弟の河津次郎(伊東祐親すけちか)は、表向きは悲しんでいましたが、心の中ではよろこびを成し、箱根別当(行実ぎやうじつ僧正)の方を拝みました。一時の猛悪([勇猛で残酷なこと])は、勝利ともいえるものでしたが、終には子孫に報いるものならば、最後はどうなることかと思い遣られました。やがて、河津(伊東祐親)は、我が家を出て、伊東(工藤祐継すけつぐ)の館に移り、内々思うところがありましたので、兄のため、忠義を致して、後家(工藤祐経すけつねの母)にも子(工藤祐経)にも劣らず、孝養を尽くしました。七日七日([四十九日])をはじめ、百箇日、一周忌、第三年(三回忌)にいたるまで、諸善の忠節を尽くしました。人はこれを聞き、「神を祀る時は、あたかもそこに神がいるかのように執り行へ。同じく祖霊を祭る時には、祖先が生きているかのように祭るべし」とは、論語(孔子)の言葉ですがその言葉通りのようだち思いましたが、浅はかなことでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-24 08:33 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」同じく伊東が死する事(その2)

ここに、おとと河津かはづ次郎じらう祐親すけちかが、とぶらひ来たりけるが、この有様を見て、近く寄り、まうしけるは、「今を限りとこそ、見えさせ給ひてさうらへ。今生こんじやう執心しうしんを御止め候ひて、一筋ひとすぢ後生ごしやう菩提を願ひ給へ。金石かないし殿においては、祐親かくて候へば、後ろ見し奉るべし。努々ゆめゆめ疎略の義あるべからず。心安く思ひ給へ。しかればにや、史記の言葉にも、『昆弟こんていの子は、なほし己が子の如し』と見えたり。如何でか愚かなるべき」とまうしければ、祐継すけつぎ、これを聞き、内に害心あるをば知らで、おほきに喜び、掻き起こされ、人の肩に掛かり、手を合はせ、祐親ををがみ、ややありて、苦しげなる息を付き、「如何に候ふ。只今のおほせこそ、生前しやうぜんに嬉しく思え候へ。この頃、何となく下説げせつに付いて、心よからざる事にてましまさんと存ずるところに、斯様かやうにのたまふこそ、かへす返すも本意なれ。しからば、金石をば、偏へに和殿にあづけ奉る。をひなりとも、実子と思ひ、娘数多あまた持ち給ふ中にも、万刧まんこう御前に逢はせて、十五にならば、をとこに成し、当庄たうしやうの本券小松殿の見参に入れ、和殿の娘と金石に、この所を妨げなく知行ちぎやうせさせよ」とて、伊東の地券文書もんじよ取り出だし、金石に見せ、「なんぢぢきに取らすべけれども、いまだ幼稚なり。いづれも親なれば、愚かあるべからず。母にあづくるぞ。十五にならば、取らすべし。よくよく見置け。今より後は、河津殿を、叔父なりとも、まことの親と頼むべし。心置きて、憎まれ奉るな。祐継すけつぎも、草の陰にて、立ち添ひ守るべし」とて、文書母が方へ渡し、今は心安しとて、打ち伏しぬ。かくて、日数の積もり行けば、いよいよ弱り果てて、七月十三日の寅の刻に、四十三にて失せにけり。あはれなりしためしなり。




そこへ、工藤祐継すけつぐの弟の河津次郎祐親(伊東祐親)が、訪ねて来ました、祐継の様子を見て、近くに寄って、申すには、「今を限りと、見えまする。今生の執心を払われて、一心に後生菩提([来世に極楽に生まれ変わること])を願われますよう。金石殿(工藤祐経すけつね。工藤祐継の子)のことは、この祐親にお任せください、後ろ見させていただきます。よもや疎略([物事をおろそかに扱うこと])にはいたしません。安心されますよう。当然のことです、史記の言葉にも、『昆弟([兄弟])の子は、己の子に同じ』と書いてあります。どうしておろそかにいたしましょう」と申したので、祐継は、この言葉を聞いて、内心に害心([害を加えようとする心])を抱いているのも知らず、たいそうよろこび、抱き起こされて、祐親の肩にもたれ掛かり、手を合わせ、祐親を拝み、しばらくして、苦しそうに息をしながら、「ありがたいことよ。今の言葉ほど、今までうれしく思ったことはない。この頃、何とはなしに下説([世間の人々の言うこと])を耳にして、お前が心よからぬことを考えているのではないかと疑っていたが、そう申すのを聞いて、わたしは満足したぞ。そういうことならば、金石(祐経)を、そなたに預けよう。甥ではあるが、実の子と思い、娘を数多く持っておる中でも、万刧御前と結婚させて、祐経が十五になれば、元服させ、当庄の本券([証文])を小松殿(平重盛しげもり。平清盛の三男)にお見せして、そなたの娘と金石(祐経)に、この地を無事知行させてほしい」と申して、伊東の地券([土地所有に関する証書])文書を取り出し、金石に見せ、「お前に直接渡すべきだが、まだ幼い。同じ親ならば、おろそかにはすまい。母に預けておくぞ。十五になれば、お前に渡そう。よくよく見ておけ。これより後は、河津殿(祐親)を、叔父といえども、まことの親と思って頼りにせよ。心して、憎まれないように。この祐継も、草葉の陰から、見守っておるぞ」と申して、文書を母に渡し、今は何も心配なしと、横になりました。こうして、日数の積もり行くままに、ますます弱り果てて、七月十三日の寅の刻([午前四時頃])に、四十三歳で亡くなりました。哀れなことでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-23 08:23 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」兄弟、神に祝はるる事

「しかるべし」とて、すなはち勝名しようめい荒神宮くわうじんぐうと崇め奉り、やがて富士の裾野に、松風と言ふ所を、永く御寄進ありけり。よつて、かの上人しやうにん開山かいさんとして、寺僧を定め、禰宜ねぎ・神主を据ゑ、五月二十八日には、殊に読経どつきやう神楽かぐら、色々の奉幣ほうへいを捧ぐる事、今に絶えず。それよりして、かの所の戦ひ絶えて、仏果ぶつくわしようする由、神人じんにんの夢に見えけり。あらたにたつとしとも、言ふ計りなし。しかれば、今に至るまでも、仇討たんと思ふ者は、この神にまゐり、祈誓すれば、思ひのままなりとて、遠国をんごく・近国のともがら、歩みを運びけり。上下じやうげ万民、あふがぬはなかりけり。




頼朝は「そういたそう」と申して、すぐに勝名荒神宮(現神奈川県足柄下郡箱根町にある箱根神社境内にある曽我神社。祭神は曽我十郎祐成すけなり之命と曽我五朗時致ときむね之命)と崇めて、やがて富士の裾野の、松風という所を、永く寄進されました。こうして、かの上人を開山として、寺僧を定め、禰宜・神主を据えて、五月二十八日(仇討ちの日。傘焼神事)には、格別に読経、神楽([神を祭るために奏する舞楽])、色々の奉幣([神に幣帛をささげること])は、今も絶えることはありません。それより、かの地では戦いは絶えて、仏果の確かさは、神人の夢にも見えました。霊験あらたかにして尊ぶべきことは、申すまでもありません。こうして、今にいたるまで、敵討ちをしようと思う者は、この神に参り、祈誓すれば、願いが叶うと、遠国・近国の者たちが、足を運びました。上下の万民で、この神を仰がない者はいませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-22 08:55 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」惟喬・惟仁の位争ひの事(その9)

しかれば、各々剣を争ふゆゑに、互ひに朝敵てうてきに成りて、源氏世を乱せば、平氏勅宣を以つて、これを制して朝恩てうおんに誇り、平将へいしやう国をかたぶくれば、源氏しよめいに任せて、これを罰して、勲功くんこうきはむ。しかれば、近頃、平氏長く退散して、源氏おのづから世に誇り、四海の波瀾ををさめ、一天のはうきよ定めしよりこの方、りらくりんゑたかいいて、吹く風のこゑ穏やかなり。しかれば、叡慮を背くせいらうは、色を雄剣おうけんの秋の霜にをかされ、てこそをみたすはしは、音を上弦しやうげんの月に澄ます。これ、ひとへに羽林うりんの威風、先代にも越えて、うんてうのゆゑなり。しかるに、青侍せいしをひそめて、せいとの乱れを制し、私曲しきよくの争ひを止めて、帰伏きぶくせらるるはなかりけり。




こうして、源氏平家は剣を争うが故に、互いに朝敵となり、源氏が世を乱せば、平氏が勅宣により、源氏を制して朝恩に誇り、平将が国を傾けようとした時には、源氏しよめい(詔命せうめい=天皇の命令?)に従い、平家を罰して、勲功を極めました。そして、近頃では、平氏は長く退散して、源氏が自然と世に誇り、四海([国内])の波瀾を治め、一天のはうきよ(法規?)を定めてより、りらくりんゑたかいいて(緑林枝枯れて?緑林=漢の王匡・王鳳などが反乱し、湖北省の緑林山にこもり盗賊となったという『後漢書劉玄伝』の記事から、盗賊。は鳴りを潜めて)、吹く風の音は穏やかでした。そして、叡慮([天子の考え])に背くせいらう(青葉せいよう)は、色を雄剣([秀れた剣])の秋の霜([鋭利な剣])に害されて、てこそ(朝章てうしやう=朝廷の掟)をみたすはし(乱す白浪?)は、上弦の月のようにたちまち滅ぼされました(上弦の月は夜半に沈む)。これは、申すなら羽林([天子の宿衛をつかさどる官])の威風が、前の代にも越えて、うんてう(厳重げんじやう=厳しい様?)であったためです。ですから、青侍([身分の低い若侍])は本意を止め、せいと(成都)の乱れを制し、私曲([不正な手段で自身だけの利益をはかること])の争いを止めて、源氏に帰伏([服従])しない者はいませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-22 08:43 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」惟喬・惟仁の位争ひの事(その8)

しかれば、かの親王しんわうの嫡子、多田の新発意しんぼつ満仲まんぢゆう、その子摂津守つのかみ頼光らいくわう、次男大和守頼親らいしん、三男多田の法眼ほふげんとて、山法師やまぼふしにて、三塔さんたふ第一の悪僧なり。四郎しらう河内守かはちのかみ頼信よりのぶ、その子伊予入道頼義らいぎ、その嫡子八幡はちまん太郎たらう義家よしいへ、その子但馬守たぢまのかみ義親よしちか、次男河内かはち判官はんぐわん義忠よしただ、三男式部の太夫義国よしくに、四男六条ろくでうの判官為義ためよし、その子左馬さまかみ義朝よしとも、その嫡子鎌倉の悪源太あくげんだ義平よしひら、次男中宮ちゆうぐう大夫進だいぶのしん朝長ともなが、三男右近衛うこんゑ大将たいしやう頼朝よりともうへ越す源氏ぞなかりける。この六孫王ろくそんわうよりこの方、皇氏わうじを出でて、始めて源のしやうを賜はり、正体しやうたいを去りて、長く人臣に連なり給ひて後、多田の満仲まんぢゆうより、下野守しもつけのかみ義朝よしともに至るまで七代は、皆諸国の竹符ちくふに名を掛け、芸を将軍しやうぐんの弓馬に施し、いへにあらずして、四海を守りしに、白波はくはなほ越えたり。




そして、かの親王(六孫王。第五十六代清和天皇の第六皇子、貞純さだずみ親王)の嫡子、多田の新発意満仲(源満仲みつなか)、その子摂津守頼光(源頼光よりみつ)、次男大和守頼親(源頼親よりちか)、三男多田法眼(源賢げんけん。三男ではない)と申して、山法師で、三塔(延暦寺)第一の悪僧でした。四郎河内守頼信(源頼信。満仲の三男。河内源氏)、その子伊予入道頼義(源頼義よりよし)、その嫡子八幡太郎義家(源義家)、その子但馬守義親(源義親)、次男河内判官義忠(源義忠)、三男式部太夫義国(源義国)、四男六条判官為義(源為義。義親の子?)、その子左馬頭義朝(源義朝)、その嫡子鎌倉の悪源太義平(源義平)、次男中宮大夫進朝長(源朝長)、三男右近衛大将頼朝(源頼朝)以上の源氏はいませんでした。この六孫王よりこの方、皇氏を出て、はじめて源姓を賜わり、正体([神体])を去り、長く人臣に連なった後、多田満仲(源満仲)より、下野守義朝(源義朝)に至るまで七代は、皆諸国の竹符に名を掲げ、武芸を将軍の弓馬([戦])に施し、家にあらず、四海([国内])を守りました、その威勢は白波をも越えるものでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-21 08:52 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」菅丞相の事

上人しやうにん聞こし召し、「昔も、ためしこそおほさうらへ。かたじけなくも、菅丞相かんせうじやうの昔、讒言ざんげん瞋恚しんい、くはういとなり給ひて、都をかたぶけ給ひけるを、天台の座主、一字千金の力を以つて、やうやうなだめ奉り、神といはひ奉る、威光いくわうあらたにまします、天満大自在天神、この御事なり。その外、怒りをなして、神と崇められ給ふ御事、承平しようへい将門まさかど弘仁こうにん仲成なかなりこの方、その数多し。この人々をも、神に祝はれさうらへ」とおほせられければ、




上人はこれを聞かれて、「昔も、そのような例は多くございます。畏れ多いことでございますが、菅丞相(菅原道真)の昔、讒言の瞋恚([怒り])は、くはうい(火雷くわらい=火雷)となって、都を転覆しようとしたので、天台座主(第十三代天台座主尊意そんい)が、一字千金([非常にすぐれている文章や筆跡])の力をもって、ようやくなだめられ、神(天神)として祭られましたが、その威光はあらたかでございます、天満大自在天神と申すのは、これでございます(現京都市上京区にある北野天満宮)。ほかにも、怒りをなして、神として崇められるのは、承平の将門(平将門。現東京都千代田区にある神田明神に祀られているが、将門が祀られるようになったのは鎌倉時代の終わり頃でこの時には神ではない)、仲成(藤原仲成。現京都市上京区にある上御霊神社・下御霊神社の創祀)以来、数多くおります。この人々(曽我祐成すけなりと曽我時致ときむね)も、神として祝いなさいませ」と申しました、


続く


[PR]
by santalab | 2015-02-21 08:39 | 曽我物語 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧