Santa Lab's Blog


<   2015年 04月 ( 83 )   > この月の画像一覧



「曽我物語」河津が討たれし事(その6)

伊東、涙を抑へてまうしけるは、「未練なり。なんぢ、仇は思えずや」と言ふ。「工藤一臈こそ、意趣ある者にてさうらへ。それに、只今、大見おほみ八幡やはたこそ見え候ひつれ。怪しく思え候ふ。従ひ候ひては、祐経すけつね在京ざいきやうして、公方くばう御意ぎよい盛りに候ふなる。しかれば、殿の御行方ゆくへいかがと、黄泉よみぢさはりともなりぬべし。面々頼み奉る。をさない者までも」と言ひも敢へず、奥野の露と消えにけり。無慙なりける有様かな、まうす量りぞなかりける。伊東は、余りの悲しさに、しばしば、膝を下ろさずして、かほに顔を差し当て、くどきけるこそあはれなれ。「や、殿、聞け、河津かはづ。頼む方なき祐親すけちかを捨てて、いづくへ行き給ふぞ。祐親をも連れて行き候へ。母や子どもをば、たれあづけて行き給ふ。情けなの有様や」と歎きければ、土肥とひ次郎じらうも、河津かはづが手を取り、「実平さねひらも、子とては遠平とほひらばかりなり。御身を持ちてこそ、月日の如く頼もしかりつるに、斯様かやうに成り行き給ふ事よ」と、泣き悲しむ事限りなし。国々の人々も同じく一つ所に集まりて、袖をぞ濡らしけり。




伊東(伊東祐親すけちか)が、涙を抑えて申すには、「無念ぞ。お前よ、敵に覚えはあるか」と訊ねました。「工藤一臈(工藤祐経すけつね)こそ、意趣([恨みを含むこと])ある者です。それに、先ほど、大見(大見成家なりいへ)と八幡(八幡行氏ゆきうぢ)の姿が見えました。怪しく思われます。祐経の家来どもですが、当の祐経は在京して、公方([朝廷])に重用されておるとか。もしそうならば、殿(祐親)の行く末もどうなることかと思えば、黄泉([冥土])への妨げにもなりましょう。面々くれぐれも頼み申す。幼い我が子のことも」と言い敢えず、奥野の露と消えました。何ともいたましいことでした、申す言葉もありませんでした。伊東(祐親)は、あまりの悲しさに、しばし、膝も下ろさず、顔に顔を差し当て、何度も呼びかけましたが哀れなことでした。「や、殿、聞こえるか、河津(河津祐泰すけやす)よ。頼りにする者もないこの祐親を捨てて、どこへ行こうとしておるのだ。この祐親も連れて行かぬか。母や子どもを、誰に預けて行くのだ。情けないぞ」と嘆くと、土肥次郎(土肥実平さねひら)も、河津(祐泰)の手を取り、「この実平も、子は遠平(土肥遠平)ばかりよ。遠平がおればこそ、月日の如く頼もしく思っておる、このようなことがあってなるものか」と、泣き悲しむこと限りありませんでした。国々の人々も同じ一つ所に集まって、袖を濡らしました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-30 16:17 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」河津が討たれし事(その5)

河津かはづかうべを、父伊東が膝に掻き乗せ、涙を抑へてまうしけるは、「こは何と成り行く事ぞや。同じ当たる矢ならば、など祐親すけちかには立たざりけるぞ。よはひかたぶき、今日けふ明日をも知らざる憂き身なれども、和殿を持ちてこそ、公方私くばうわたくし心安く、後の世掛けても、頼もしく思ひつるに、敢へなく先立つ事の悲しさよ。今より後、たれを頼みてあるべきぞ。なんぢを止め置き、祐親先立つものならば、思ひ置く事よもあらじ。老少らうせう不定ふぢやうの別れこそ悲しけれ」とて、河津が手を取り、ふところに引き入れ、くどきけるは、「如何に定業ぢやうごふなりとも、矢一つにて、物も言はで、死ぬる者やある」と言ひて、押し動かしければ、その時、祐重すけしげ、苦しげなるこゑにて、「かくは度々おほせらるれども、たれとも知り奉らずさうらふ」と言ふ。土肥とひ次郎じらうまうしけるは、「御分の枕にし給ふは、父伊東の膝よ。かくのたまふも、伊東殿。今また斯様かやうに申すは、土肥の次郎実平さねひらなり。敵や思え給ふ」と問ひければ、ややあつて、目を見開き、「祐親すけちかを見まゐらせんとすれども、今、それも叶はず。誰々たれたれも、近く御入り候ふか。御名残りこそしく候へ」とて、父が手に取り付きにけり。




河津(河津祐泰すけやす)の頭を、父伊東(伊東祐親すけちか)は膝に乗せて、涙を抑えて申すには、「どうしてこのようなことが起こるのか。同じ当たる矢なら、なぜこの祐親に刺さらぬのだ。齢傾き、今日明日をも知れぬ身であるが、お主がおると思えば、公方私事も心安く、後々までも、頼もしく思っておったのだ、あっけなく先立つとは悲しいことぞ。今より後、誰を頼りにすればよいのだ。お前が残り、この祐親が先立つことが叶うならば、この世に思い残すものはない。老少不定([人間の寿命がいつ尽きるかは、老若にかかわりなく、老人が先に死に、若者が後から死ぬとは限らないこと])の別れの悲しさよ」と申して、河津(祐泰)の手を取り、懐に引き入れ、申し聞かせて、「どんな定業([前世から定まっている善悪の業報])とは申せ、矢一つで、物も言わずに、死ぬ者がおるか」と申して、押し動かせば、その時、祐重(祐泰)は、苦しそうな声で、「そう申すそなたは、いったいどなたか」と答えました。土肥次郎(土肥実平さねひら)が申すには、「お主が枕にしておるのは、父伊東(祐親)の膝ぞ。先ほど声をかけたのも、伊東殿じゃ。今こうして申しておるのは、土肥次郎実平よ。敵に見覚えはあるか」と訊ねると、しばらくして、目を見開き、「父祐親を今一度見ておきたいと思いますが、今となっては、それも叶いません。誰々も、近くにおられるか。名残り惜しいことです」と申して、父の手に取り付きました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-29 06:49 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」河津が討たれし事(その4)

伊東は、しかる古兵ふるつはものにて、敵に二つの矢を射させじと、大事の手にもてなし、馬手めてあぶみに下り下がり、むまを小楯に取り、「山賊やまだちありや。先陣せんぢんかへせ、後陣は進め」と呼ばはりければ、先陣・後陣、我劣らじと進めども、所しも悪所なれば、馬のさくりを辿たどるほどに、二人のかたきは逃げ延びぬ。くまもなく待ちけれども、案内者にて、思はぬ茂み、道を変へ、大見庄おほみのしやうにぞ入りにける。あやふかりし命なり。伊東は、河津かはず三郎さぶらうが伏したる所に立ち寄りて、「手は大事なるか」と問ひけれども、音もせず。押し動かして、矢を荒く抜きければ、いよいよ前後も知らざりけり。




伊東(伊東祐親すけちか)は、名のある古兵でしたので、敵に二の矢を射させまいと、用心して、馬手([右手])の鐙に身を伏せて、馬を小楯に取り、「山賊がおるようだ。先陣は返せ、後陣は進め」と叫びました、先陣・後陣とも、我劣らじと進みましたが、悪所でしたので、ならばと、馬のさくり([粒の細かい砂や雪などを踏んだり掘ったりするときの音や、その様を表す語])をたどっているうちに、二人の敵は逃げ延びてしまいまぢた。隈なく敵が現れるのを待ち構えましたが、案内者でしたので、思いもしない茂みを通り、道を変えて、大見庄に帰りました。危うい命でした。伊東(祐親)は、河津三郎(河津祐泰すけやす)が伏した場所に立ち寄ると、「疵は大事か」と訊ねましたが、返事はありませんでした。祐親は祐泰に体を少し動かして、矢を荒く抜くと、祐泰はますます前後不覚となりました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-28 07:29 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」河津が討たれし事(その3)

折節をりふし、乗り替へ一騎も付かざれば、一の射翳まぶしまへを遣り過ごす。二の射翳の八幡やはた三郎さぶらう、もとより騒がぬをのこなれば、「天の与へを取らざるは、かへりてとがる」と言ふ、古き言葉を思ひ出で、すは射損ずべき。射翳まぶしまへを三たんばかり、弓手ゆんでの方へ遣り過ごして、大のとがり矢差しつがひ、よつぴき、しばし固めて、ひやうど放す。思ひも寄らでとほりける河津かはづ、乗りたる鞍の後ろの山形を射けづり、行縢むかばき着際きぎはを前へつつとぞ射とほしける。河津かはづもよかりけり。弓取りなほし、矢取つてつがひ、むまの鼻を引つかへし、四方しはうを見まはす。「知者は惑はず、仁者は愁へず、勇者ようしやは恐れず」とまうせども、大事の痛手なれば、心はたけく思へども、性根しやうね次第に乱れ、むまより真逆様まつさかさまに落ちにけり。後陣にありける父伊東の次郎じらうは、これをば夢にも知らずぞ下りける。頃は神無月十日余りの事なれば、山巡りける叢時雨むらしぐれ、降りみ降らずみ定めなく、立つより雲の絶え絶えに、濡れじと駒を早めて、手綱掻い繰るところに、一の射翳ゐまぶしにありける大見おほみ小藤太ことうだ、待ち受けてたりけれども、しるしなし。左の手の内の指二つ、まへしほでの根に射立てたり。




ちょうど、河津祐泰すけやすには乗り替えの一騎も付いていませんでした、一の射翳([伏兵]。大見成家なりいへ)の前を通り過ぎました、二の射翳の八幡三郎(八幡行氏ゆきうぢ)は、冷静沈着の男でしたので、「天の与えを逃しては、返って咎を受ける」という、古い言葉を思ひ出して、なんとしても射損ずるわけにはいかぬ。射翳の前を三段ばかり、弓手([左手])の方へ遣り過ごして、大の尖り矢([先の鋭くとがったやじりを付けた四枚羽の矢])を弓に番い、よく引き、しばし止めて、矢を射ました。そんなことは思いも寄らずに通っていた河津(伊東祐泰)が、乗っていた鞍の後ろの山形を射削り、行縢([遠行の外出・旅行・狩猟の際に両足の覆いとした布帛ふはくや毛皮の類])の着際([着物など身につけるものの端の部分])を射通しました。河津(伊東祐泰)も弓の上手でした。弓を取り直し、矢を取って番い、馬の鼻を引っ返して、四方を見回しました。「知者は惑はず、仁者は愁えず、勇者は恐れず」(『知恵のある者は惑わされることがなく、仁の徳がある者は憂いはなく、真の勇気がある者は恐れない』。『論語』)と申しますが、大事の痛手でしたので、勇敢な心を持っていましたが、意識は次第に遠退いて、馬より真逆様に落ちてしまいました。後陣にいた父伊東次郎(伊東祐親すけちか)は、これを夢にも知らず下っていました。頃は神無月([陰暦十月])十日過ぎのことでしたので、山を巡る叢時雨([ひとしきり激しく降っては止み、止んでは降る雨])が、降ったり止んだりして、奥野を立った時より雲は絶え絶えにして、祐親が雨に濡れまいと駒を早めて、手綱を操るところを、一の射翳(伏兵])の大見小藤太(大見成家なりいへ)は、待ち受けていましたが、狙いは外れました。矢は祐親の左手の内の指二本、を射通して前の鞖([馬具の名。鞍の前輪・後輪しづわの左右に付けて、胸繫むながい尻繫しりがいを結びつける革紐の輪])の本に突き挿さりました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-27 08:27 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」斑足王が事(その9)

事こそよけれと思ひければ、「助けさうらはん。御許し候へ」と言ふ。母、「さらば、許す。止まり候へ」とのたまへば、その時、十郎じふらう、怒りを止めて、こゑやはらかにして、座敷になほり畏まりたりけり。されども、忍びの涙の進みければ、とかく物をも言はざりけり。五朗ごらうも、恨みの涙の引き替へて、嬉しさの忍びの涙しきりにして、前後をさらにわきまへず。




十郎(曽我祐成すけなり)はうまく行ったと思い、「ならば助けましょう。勘当を許していただけますか」と申しました。母は、「そなたが助けると申すならば、許しましょう。ですから止めなさい」と申せば、その時、十郎は、怒りを鎮めて、おだやかな声になり、座敷に畏まり居ずまいを正しました。けれども、忍びの涙は溢れて、何も言えませんでした。五朗(曽我時致ときむね)も、恨みの涙に引き替えて、うれしさの忍びの涙をとめどなく流して、前後も知れないほどでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-26 18:41 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」斑足王が事(その8)

あはれ、に今を限りとまうすならば、如何安かるべきを、申す事ならねば、忍びの涙に目も暮れて、暫くは物も言はざりけり。なほも、「許す」とのたまはねば、十郎じふらう、怒りて見ばやと思ひて、持ちたるあふぎをさつと開き、おほきに目を見出だし、「とてもかくても、生き甲斐がひなき冠者くわんじや、ありても何にか遭ふべき。御前に召し出だし、細首打ち落として、見参に入れん」と、大声おほごゑを捧げ、座敷を立つ。女房にようばうたち驚き、「いかにや」とて、取り付く袖に引かれて、板敷荒く踏み鳴らし、怒りければ、母も驚き、すがり付き、「物に狂ふか、や、殿。身貧にして、思ふ事叶はねばとて、現在のおととの首を切る事やある。それほどまでは思はぬぞ。しばし、や、殿」とて、取り付き給ふ。




どうすればよい、今を限りと申すことができたなら、容易いものを、話すことはできない、忍びの涙に目も暮れて、しばらく何も言えませんでした。それでも、母は「許します」と申すことなく、十郎(曽我祐成すけなり)は、声を荒げてみようと、持った扇をさっと開き、目を大きく見開いて、「お許しなければ、生き甲斐もない冠者ならば、この世にいなくとも同じこと。御前に呼んで、細首打ち落として、見参に入れましょうぞ」と、大声上げて、座敷を立ちました。女房たちは驚き、「どうなされましたや」と言って、取り付く袖を引いたまま、板敷を荒く踏み鳴らし、怒ると、母も驚き、十郎(祐成)にすがり付いて、「物に狂ったか、待ちなさい、殿よ。身貧にして、思うこと叶わずとて、実の弟の首を切ることがありますか。それほどまでに憎んではいません。しばし止めなさい、や、殿」と申して、袖に取り付きました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-26 18:38 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」斑足王が事(その7)

祐成すけなり、重ねてまうしけるは、「一旦の御心を背き、法師ほふしにならざるは、不孝ふけうににてさうらへども、父母に心ざしの深き事、法師によるべからず、僧俗の形にはよるべからず。時致ときむね、箱根に候ひし時、法華経ほけきやうを一部読み覚え、父の御為に、早や二百六十部読誦す、毎日、六万返の念仏怠らずし、父に回向ゑかうまうすとうけたまはり候へば、
大地だいぢを頂き給ふ堅牢地神けんろうぢじんも、地の重き事はなし。不孝の者の踏む跡、骨髄にとほりて、悲しみ給ふなり。一つは、かの御跡をとぶらひ、一つは、御慈悲を以つて、祐成すけなりに御許し候へかし。父に幼少えうせうより後れ、親しき者は、身貧に候へば、目も懸けず、母ならずして、たれあはれみ給ふべきに、斯様かやうに御心強くましませば、立ち寄る陰もなきままに、乞食こつじきとならん事、不便ふびんに思え候ふぞや」。




祐成が、重ねて申すには、「一旦のお心に背き、五朗(曽我時致ときむね)が法師にならなかったことは、不孝に違いありませんが、父母に心ざしの深いこと、何も法師ばかりではありません。時致が、箱根にいた時、法華経を一部読み覚えて、父(河津祐泰すけやす)のために、二百六十部を読誦しました、毎日、六万返の念仏を怠らず、父に回向([自分が行なった善をめぐらし翻して、他人をも悟りの方向にさしむけること])申したと聞いておりますれば、大地を司る堅牢地神([仏教における天部の神の一柱で大地を司る])も、地を重く思われなかったことでしょう。不孝の者の踏む跡は、骨髄に染みて、憐れんだことでございましょう。一つは、その跡を弔い、一つは、ご慈悲を以って、祐成をお許しくださいませ。父に幼少より後れ、親しい者は、身の貧しさ故、相手にもされず、母以外に、誰が憐れむと申すのです、今のようにお心強く持たれては、立ち寄る陰もなく、乞食となることでしょう、あまりにも不憫に思われませんか」。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-26 18:33 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」斑足王が事(その6)

十郎じふらううけたまはりて、「それは、さる事にてさうらへども、観経くわんぎやうもんを見るに、『諸仏念衆生ねんしゆじやう衆生しゆじやう不念仏、父母常念子ぶもじやうねんし子不念しふねん父母』と説かれて候ふ。この文を釈すれば、『仏は衆生を思し召さるれども、衆生は、仏を思はず』とこそ見えて候へ。親として、子を思はぬはなきものをや」。母聞きて、「なんぢらは、親のよきをまうし集むるかや。いでまた、みづから、子の孝行かうかうなる事を言ひて聞かせん。孟宗まうそうは、雪の内にたかんなを得、王祥しやうは、こほりの上にうをを得、くわけんは、まなこを抜き、おんせうは、耳を焼き、ちそくは、足を切る、せんめむは、舌を抜き、くわそくは、歯を施し、くはふめいは、身を与へ、めうしき、子を殺す。これ皆、孝行かうかうの為ならずや。『扁鵲へんじやくも、鍼薬しんやくをしやうぜざる病ひを治せず。けんしやうわうも、善言ぜんげんの聞かざる君をば用ひず』とこそ申まうせ。人の言葉を聞かざる者、何の用にか立つべき。そのうへ不孝ふけうの者をば、同じ道をも行くべからず。急ぎ出でよ」と言ひける。




十郎(曽我祐成すけなり)はこれを聞いて、「それは、確かにその通りではございますが、観経(『観無量寿経』)の法文を見れば、『諸仏は衆生を憐れむが、衆生([人])は念仏もせず、父母は常に子を心配するが、子は父母を気にかけない』と説かれています。この文の意味するところは、『仏は衆生を思うが、衆生は、仏を仏と思わず』ということです。親として、子を心配しない者はございません」。母は聞いて、「そなたは、親に物申すと。ならば、このわたしが、子の孝行というものを教えましょう。孟宗(中国三国時代の呉の人)は、雪の中でたけのこを見つけ(母が筍を好んだため、冬で筍が採れる季節ではない時、孟宗が竹林に入って哀嘆したところ、筍が生えてきたため母に食べさせる事ができたという)、王祥(中国後漢末期から西晋にかけての人)は、氷の上に魚を得(継母が生魚を食べたがった時、当時寒くて川が凍っていたので、王祥は衣を脱ぎ氷を割って魚を獲ろうとした。すると、氷が自然に溶け鯉が二匹跳ね出て来たので、それを持ち帰った)、くわけんは、眼を抜き、おんせうは、耳を焼き、ちそくは、足を切りました、せんめむは、舌を抜き、くわそくは、歯を与え、くはふめいは、身を与え、めうしきは、我が子を殺しました。これは皆、孝行のためではありませんか。『扁鵲(漢以前の中国における、半ば伝説的な名医)も、鍼薬なしに病いを治すことはできません。けんしやう(賢聖?)王も、善言を聞かない君を用いませんでした』と聞いていますよ。親の言葉を聞かない者は、何の役にも立ちません。ましてや、不孝の者とは、同じ道も歩きたくないのです。急ぎ出て行きなさい」と申しました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-26 17:11 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」斑足王が事(その5)

ややありて、「それがし兄弟きやうだい数多あまたさうらへども、身の貧なるに依りて、所々の住まひ仕る。ただ、あの殿一人こそ、連れ添ひてはさうらへ。祐成すけなりを不便に思し召され候はば、御慈悲を以つて、御許し候へかし。御子とても、御身に添ふ者、我ら二人ならでは候はぬぞかし」。母聞きて、「こころに合ふ時は、胡越こゑつもらんていたり。合はざる時は、骨肉もてきしやうたり。智者の敵とは成るとも、愚者の友とは成るべからず。くらゐの高からぬを歎かざれ、知の広からぬをば歎くべし」とは、漢書かんじよの言葉ならずや」。




しばらくして、「某には、兄弟が数多くおりますが、身の貧しさ故、それぞれ別々に暮らしております。ただ、あの殿一人ばかり、連れ添っています。この祐成を不憫に思われるのならば、ご慈悲を以って、お許しくださいませ。子として、御身に添う者は、我ら二人のほかにはありません」。母は聞いて、「心が通じれば、胡越([古代中国の、北方の胡の国と南方の越の国。 互いに遠く離れていること、また、疎遠であることをたとえていう語])もらんてい([昆弟]=[兄弟])となります。意に背けば、骨肉([直接に血のつながっているもの 。親子・兄弟など。肉親])もまたてきしやう([讐敵しうてき]=[恨みのある相手])となるのです。智者の敵となるとも、愚者の友とはなるべきではありません。位の高からぬのを嘆くより、知の広からぬのを嘆くべき」とは、漢書の言葉ではありませんでしたか」。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-26 17:05 | 曽我物語 | Comments(0)


「曽我物語」斑足王が事(その4)

五朗ごらうも、思ひ切りたる事なれば、居直ゐなほり畏まつて、「ただおん許しさうらへ」とのみぞまうし居たりけれ。十郎じふらうは、我が所にて、五朗を待てども、見えざりけり。余りに遅くて、また母の方へ行きて見れば、五朗、内までは入り得ず、広縁に泣きしをれて居たり。余りに無慙に思えて、障子しやうじを引き開け、畏まつて、五朗が申すことわり、つくづくと聞き居たり。




五朗(曽我時致ときむね)も、覚悟の上のことでしたので、居ずまいを正し畏まって、「ただお許しください」とのみ申しました。十郎(曽我祐成すけなり)は、己の宿所で、五朗(時致)を待ちましたが、帰って来ませんでした。あまりにも遅いと、また母の方を訪ねて見れば、五朗は、殿の内までは入らず、広縁([広庇]=[寝殿造りで、庇の外側に一段低く設けた板張りの吹き放し部分])で泣き萎れていました。あまりに不憫に思えて、障子を引き開け、畏まって、五朗が申す理を、じっと聞いていました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-26 17:02 | 曽我物語 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧