Santa Lab's Blog


<   2015年 10月 ( 49 )   > この月の画像一覧



「増鏡」烟の末々(その12)

院の若宮十三にならせ給ふは、公宗きんむねの中将と言ひし人の娘の御腹なり。円満院の法親王の御弟子にならせ給ふべしとて、正月二十八日に、その御用意あり。承明門院より渡り給ふ。院の網代庇あじろびさしの御車にて、上達部は車、具実ともざねの大納言を上首にて六人、殿上人十六人、馬にて、色々にいとよそほしう、めでたくておはしましぬ。その夜、やがて御髪みぐし下ろして、御法名円助ゑんじよと聞こゆ。いと美しげさ、仏などの心地して、あはれに見え給ふ。院の宮達の御中には、御兄にて物し給へど、御外戚げさくの弱きは、今も昔もかかるこそ、いといとほしきわざなりけれ。御匣みくしげ殿の御腹の若宮も三つにならせ給へる、承明門院にて、御魚味聞こし召しなどすべし。これも法親王がねにてこそは物し給はめ。数多あまたの御中に、この御子は、御かたち優れ給へれば、院もいとらうたく思ひ聞こえさせ給ひけり。




院(第八十八代後嵯峨院)の若宮(第七皇子)は十三になられておられました、公宗中将(西園寺公宗)と申す人の娘(一条能保よしやすの娘らしい)の子でございました。円満院の法親王(第八十三代土御門天皇の皇子、仁助にんじよ法親王。後嵯峨天皇の同母兄)の弟子にならせようと、正月二十八日に、用意がございました。承明門院より渡られました。院の網代庇の車([唐破風からはふ造りの屋根と庇をつけた網代車。親王・摂関・大臣・大将などの乗用])に乗られて、上達部は車、具実大納言(堀川具実)を上首([集団の長])として六人、殿上人十六人、馬に乗られて、色々にたいそう飾り、厳しうございました。その夜、やがて髪を下ろされて、法名を円助と申されました(円助法親王)。たいそう美しく、仏のような気がいたして、ありがたく思われました。院(後嵯峨院)の宮達の中では、年長でございましたが、外戚([母方の親類])が非力では、今も昔も変わるところがございません、お気の毒なことでございました。御匣殿(三条公房きんふさの娘)の子の若宮も三つになられておられました、承明門院で、魚味始まなはじめ([平安朝の宮廷貴族社会で行われた通過儀礼の一つで、小児に初めて魚鳥の肉などの動物性食品を与える儀式])がございました。この皇子も法親王になられましたか(後嵯峨天皇の第六皇子、性助しようじよ入道親王)。数多の中に、この皇子は、姿かたち優れておられましたので、院もたいそうかわいがっておられました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-31 07:11 | 増鏡 | Comments(0)


「太平記」細川右馬頭自西国上洛の事

ここに細川右馬のかみ頼之よりゆき、その頃西国の成敗を司つて、かたきを亡ぼし人をなつけ、諸事の沙汰の途轍とてつ、少し先代貞永ぢやうえい貞応ぢやうおう旧規きうきに相似たりと聞こへける間、すなはち天下の管領職くわんれいしよくに居せしめ、御幼稚の若君を可奉輔佐べきと、群議同じ趣きに定まりしかば、右馬の頭頼之を武蔵のかみ補任ふにんして、執事職を司る。外相内徳げさうないとくげにも人の云いふに不違しかば、氏族もこれを重んじ、外様とざまもかの命を不背して、中夏無為ちゆうかぶゐの代に成つて、めでたかりし事どもなり。




細川右馬頭頼之(細川頼之)は、その頃西国を平定し、敵(斯波しば高経たかつねとその子義将よしゆき貞治ぢやうぢの変(1366))を亡ぼし兵を従わせて、諸事の沙汰([裁定])を型通り執り行い、先代の貞永(第八十六代後堀河天皇・第八十七代四条天皇の時代(1232~1233))・貞応(第八十六代後堀河天皇の時代(1222~1224))の旧規([昔からの規則])に倣ったと言われましたが、たちまち天下の管領職([室町幕府の職名。将軍を補佐して政務を総轄した])に任命しました、幼少の若君(室町幕府第三代将軍、足利義満よしみつ。第二代将軍、足利義詮よしあきらの子)を補佐すべきと、群議([多くの人々の議論])により定まったので、右馬頭頼之を武蔵守に補任([官職に任命すること])して、執事職として政治を執り行いました。氏族(足利氏)も細川頼之を重用し、外様([将軍の一門または譜代の家臣でない者])も足利氏の命に背くことなく、中夏([都])は無為([平穏無事なこと])の時代となりました、喜ばしいことでした。


(終)


[PR]
by santalab | 2015-10-30 07:26 | 太平記 | Comments(0)


「増鏡」烟の末々(その11)

皇后宮と聞こゆるは、これも院の御このかみにて、位におはしましし時も、御母代など聞えさせ給ひしを、この御門幼く渡らせ給へば、今は、いとどまして、内にのみおはしまして、去年の八月より、皇后宮と聞こゆる、後には、仙華門院と聞えし御事なるべし。




皇后宮と申すは、同じく院(第八十八代後嵯峨院)の妹(第八十三代土御門天皇皇女、曦子あきこ内親王)で、後嵯峨天皇が位に就いておられた時も、御母代(準母)と呼ばれておられましたが、この帝(第八十九代後深草天皇。後嵯峨天皇の第四皇子)が幼くあられたので、今は、前にもまして、内裏にばかりおられて、去年の八月より、皇后宮と呼ばれるようになられました、後に、仙華門院と呼ばれたお方のことでございます。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-30 07:13 | 増鏡 | Comments(0)


「太平記」将軍薨逝の事(その3)

去るほどに今年はいかなる年なれば、京都と鎌倉と相同じく、柳営りうえい連枝れんしたちまちに同根空しく枯れ給ひぬれば、誰か武将に備はり、四海しかいの乱をも可治と、あやふき中にうれへありて、世上今はさてとぞ見へたりける。




思えば今年(貞治ぢやうぢ六年(1367))はどんな年であったのでしょうか、京都(足利義詮よしあきら)と鎌倉(足利基氏もとうぢ。義詮の弟)は年を同じくして、柳営([幕府])の連枝([貴人の兄弟姉妹])がたちまちに同根([兄弟])ともに空しく薨逝こうせい([薨去]=[皇族または三位以上の貴人の死去すること])したので、誰が武将の器を備え、四海([全国])の乱を治めることができるのだろうと、心配の中で悲しみに満ちて、世の中はどうなることかと思われました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-29 13:13 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」将軍薨逝の事(その2)

同じき十二日むまの刻に、荼毘だびの規則を調へて、仏事の次第厳重げんぢゆうなり。鎖龕さがんは東福寺の長老信義堂しんぎだう起龕きがんは建仁寺龍湫周沢りゆうしうしうたく奠湯てんたうは万寿寺の桂岩けいがん奠茶てんちやは真如寺の清ぎん西堂、念誦ねんじゆは天竜寺の春屋しゆんをく下火あこは南禅寺の定山和尚にてぞをはしける。文々もんもん悲涙ひるゐ玉詞ぎよくしを磨き、句々に真理の法義を被宣しかば、尊儀すみやかに出三界苦輪、ぢきに到四徳楽邦給ひけんと哀れなりし事どもなり。




同じ貞治ぢやうぢ六年十二月十二日の午の刻([午前十二時])に、荼毘([火葬])の仕度を調えて、仏事が型通り厳かに執り行われました。鎖龕([葬式の際、遺体を納めた棺のふたをすること])は東福寺(現京都市東山区にある寺)の長老信義堂、起龕([葬儀のとき、棺を墓所へ送り出すこと])は建仁寺(現京都市東山区にある寺)の龍湫周沢(臨済宗の僧)、奠湯([仏前または大衆に蜜湯を点じて供すること])は万寿寺(現京都市東山区の東福寺内にある寺)の桂岩、奠茶([茶を霊前などに供えること])は真如寺(現京都市北区にある寺)の清ぎん西堂、念誦([経文や仏の名号または真言などを口に唱えること])は天竜寺(現京都市右京区にある寺)の春屋(春屋妙葩めうは。臨済宗の僧)、下火([火葬のときに導師が遺体を焼く燃料に火をつけること])は南禅寺(現京都市左京区にある寺)の定山和尚が勤めました。文々に悲涙の玉詞([美しい言葉])をちりばめ、句々に真理の法義([仏法の教義])を申せば、尊儀([仏・菩薩の像])はすみやかに三界([一切衆生が、生まれ、また死んで往来する世界])の苦輪([六道生死の苦しみが繰り返されて止まないこと])から救い出し、四徳([涅槃の四つの徳。常・楽・我・浄])の涅槃([一切の悩みや束縛から脱した円満・安楽の境地。仏教で理想とする仏の悟りを得た境地])の楽邦(美しい音曲が流れる地=天界)に到らせるであろうとありがたく思われました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-29 13:09 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」将軍薨逝の事(その1)

かかるところに、同じき九月下旬の頃より、征夷将軍義詮よしあきら身心例ならずして、寝食不快しかば、和気わけ・丹波の両流は不及申、医療にその名を被知ほどの者どもを召して、様々の治術ぢじゆつに及びしかども、かの大聖たいしやう釈尊しやくそん双林さうりん必滅ひつめつに、耆婆ぎばが霊薬もそのしるしなかりしは、まことに浮世の無常を、あらかじめ示し置かれし事なり。いづれの薬か定業ぢやうごふの病ひをば愈すべき。これ明らけき有待転変うだいてんべんことわりなれば、同じき十二月七日子の刻に、御年三十八にてたちまちに薨逝こうせいし給ひにけり。天下久しく武将のたなごころに入りて、戴恩慕徳の者幾千万と言ふ事を知らず。歎き悲しみけれども、その甲斐さらになかりけり。さて非可あるとて、泣く泣く薨礼の儀式を取り営みて、衣笠山きぬがさやまの麓等持院とうぢゐんに奉遷。




そうこうするほどに、同じ貞治ぢやうぢ六年(1367)九月下旬頃より、征夷将軍義詮(足利義詮。室町幕府第二代将軍)は病いにかかり、寝食も満足に取れぬほどでした、和気(現岡山県南東部)・丹波(現京都府中部・兵庫県東部)の両流(丹波は室町幕府初代将軍足利尊氏たかうぢの母上杉清子きよこの里で、尊氏は丹波で生まれたらしい。和気も尊氏に所縁がある場所)は申すまでもなく、医療にその名の知れた者たちを呼んで、様々な治術([治療])を行いましたが効果はありませんでした、かの大聖釈尊(釈迦)でさえ、双林([沙羅双樹の林])で入滅([涅槃に入ること])の時、耆婆(古代インドの名医。釈迦の弟子の一人)の霊薬も効き目がなかったといいますが、浮世の無常を、示し置かれていたのです。どんな薬ならば定業([前世から定まっている善悪の業報])の病いをいやすことができるのでしょうか。有待転変([人の身体が生滅変化すること])は明らかなる条理ですので、同じ年の十二月七日子の刻([午前零時頃])に、三十八歳で薨逝([皇族または三位以上の貴人の死去すること])しました。天下を長く思うままに治めて、恩を蒙りその徳を慕う者は幾千万と言う数を知らないほどでした。人々は歎き悲しみましたが、どうしようもありませんでした。仕方なく、泣く泣く薨礼の儀式を執り行い、足利義詮の体を衣笠山の麓にある等持院(現京都市北区にある寺。足利尊氏の開基)に移しました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-29 12:57 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」清氏正儀寄京事(その1)

相摸のかみは、石塔刑部卿を奏者にて、「清氏不肖ふせうの身にて候へども、御方に参ずるゆゑに依つて、四国・東国・山陰・東山、大略義兵を上げ候ふなる。京都は元来はかばかしき兵一人も候はぬ上、細川右馬のかみ頼之よりゆき・赤松律師則祐そくいうは、当時山名伊豆いづの守と陣を取り向かふて、相戦ふ最中にて候へば、皆我が国を立ち離れ候まじ。土岐・佐々木らは、また仁木右京うきやうの大夫義長よしながと戦つて、両陣あひ支へて上洛しやうらく仕つる事候ふまじ。防ぐべき兵もなく助けの勢もあるまじき時分にて候へば、急ぎ和田にぎた・楠木以下の官軍くわんぐんに、合力を致し候へとおほせ下され候へ。清氏真つ先を仕つて京都を一日が中に攻め落として、臨幸を正月以前になしまゐらせ候ふべし」とぞ申しける。主上しゆしやうげにもと思し召しければ、やがて楠木を召して、「清氏がまうすところいかがあるべき」と仰せらる。




相摸守(細川清氏きようぢ)は、石塔刑部卿(石塔頼房よりふさ)を奏者にして、「わたし清氏は不肖([未熟で劣ること])の身でありますが、味方(南朝)に参ったからには、四国・東国・山陰・東山の者たちの、ほとんどが義兵([正義のために起こす兵])となるに違いありません。京都は元より取り立てて申すほどの兵は一人もおりませんし、細川右馬頭頼之(細川頼之)・赤松律師則祐(赤松則祐)は、今山名伊豆守(山名時氏ときうぢ)と陣を向かい合い、戦っている最中ですので、皆己の国を離れる事はないでしょう。土岐(土岐頼康よりやす)・佐々木ら(佐々木道誉だうよ)は、仁木右京大夫義長(仁木義長)と戦っておりますので、両陣ともにこれを防ぐため上洛することはないと思われます。(北朝に)防ぐ兵もなく助けとなる兵もおらぬ今こそ、急ぎ和田(和田賢秀けんしう)・楠木(楠木正儀まさのり。楠木正成の三男)以下の官軍に、力を合わせるよう仰せ下されますように。わたし(細川)清氏が先陣仕り京都を一日の内に攻め落として、臨幸を正月までに実現させましょう」と申しました。主上(第九十七代後村上天皇)もなるほどと思われて、すぐに楠木(正儀)を呼んで、「(細川)清氏がこう申しておるがどうすればよいのじゃ」と申されました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-29 08:21 | 太平記 | Comments(0)


「増鏡」烟の末々(その10)

四日は承明門院へ御幸始め、院の御様の、尽きせずめでたく見えさせ給ふを、飽く世なう、いみじと見奉らせ給ふ。浮織物の薄色の御指貫、紅の御衣奉れり。上達部、殿上人、直衣、うへの衣、思ひ思ひなり。摂政殿もまゐり給ふ。夜に入りて帰らせ給ひぬれば、やがてまた、大宮院、内へ御幸始め、これも上達部、殿上人、ありつる限り残りなし。網代庇あじろびさしに奉る。皇后宮の御方の東向きへ御車寄せて、宮御対面、いとめでたし。うへは、まだいといわけなき御ほどにて、かくいつくしき万乗の主に備はり給へる御有様を、女院も、いとやむごとなく、忝しと見奉り給ふ。




四日は承明門院(源在子ありこ。第八十二代後鳥羽天皇の妃で第八十三代土御門天皇の生母)へ御幸始め、院が、あいかわらずお元気であられるのを、いつまでも、うれしく見ておられました。浮織物([文様を浮き織りにした織物])の薄色の指貫([幅がたっぷりと広く裾にくくり緒のある袴])、紅の衣を着ておられました。上達部、殿上人は、直衣([天皇以下,貴族の平常の服])、上の衣([はう]=[束帯および衣冠着用のときの上着])など、人それぞれでございました。摂政殿(近衛兼経かねつね)も参りました。夜になって帰られると、やがてまた、大宮院(西園寺姞子きつし。第八十八代後嵯峨天皇中宮、後に皇太后)、内裏へ御幸始め、これも上達部、殿上人、ある限り参りました。後深草天皇(第八十九代天皇。後嵯峨天皇の第四皇子)は網代庇([唐破風からはふ造りの屋根と庇をつけた網代車。親王・摂関・大臣・大将などの乗用])あじろびさしに乗られました。皇后宮の方の東向きへ車を寄せて、大宮院と対面されました、たいそうおめでたいことでございました。上(後深草天皇)は、まだ幼いほどの年頃で、これほどりっぱな万乗の主([天皇])に就かれたその姿を、女院(大宮院)も、たいそう貴く、畏れ多いほどでございました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-29 07:24 | 増鏡 | Comments(0)


「増鏡」烟の末々(その9)

かくて年明けぬれば、宝治ほうぢも三年になりぬ。春立ちかへあしたの空の光は、思ひなしさへいみじきを、院、内の気色、まことにめでたし。摂政殿にも拝礼行はる。院の御前は更にも言はず、大宮院にもあり。先づ、冷泉万里小路殿と言ふは、鷲の尾の大納言隆親たかちかの家ぞかし。この頃、院のおはしませば、拝礼に人々参り給ふ。摂政殿兼経かねつね、左大臣兼平かねひら、右大臣家忠いへただ、内大臣実基さねもと、大納言には公相きんすけ実雄さねを顕定あきさだ道良みちなが、中納言に為経ためつね良教よしのり資季すけすゑ冬忠ふゆただ実藤さねふぢ公光きんみつ通成みちなり定嗣さだつぐ、宰相に通行、師継もろつぐ顕朝あきとも、殿上人は、両貫首を始め数知らず。常の年々に越えて、この春は参り混み給へり。人々立ち並み給へる時、左の大臣は、摂政の御子なれば、引き退きて立ち給へり。右もまた、その同じつらに立たれたるに、内の大臣進み出で給へり。それに付ぎて、大納言も同じ面なり。良教よしのり公光きんみつ師継もろつぐ、顕朝、また退きて立ちたれば、出入して屏風に似たり。この事見難しと、後まで、様々院の御前におほせられて、摂政殿にたづね申され、沙汰がましく侍りけるを、貞応じようおう元年のためしなど出できて、故野の宮左大臣、今の内の大臣の御親の、右大臣にて退きたる面に立たれたりけるを、その時の記録など見給はざりけるにやとて、内の大臣の御振る舞ひ、心得ずとぞ沙汰ありける。院の拝礼果てて、内の小朝拝、節会などに、皆人々こうじ給へるに、また大宮院の拝礼めでたくぞ侍りける。




こうして年が明けて、宝治三年(1249)になりました。春立ち返る朝の空の光は、気のせいか素晴らしく、院(第八十八代後嵯峨院)、内(第八十九代後深草天皇)の表情も、まことに晴れ晴れとしておいででした。摂政殿(近衛兼経かねつね)にも拝礼がございました。院の御前は申すまでもなく、大宮院(第八十八代後嵯峨天皇中宮皇太后、西園寺姞子きつし)にもございました。まず、冷泉万里小路殿と申すは、鷲尾大納言隆親(四条隆親)の家ぞでした。この頃、後嵯峨院がおられましたので、拝礼に人々が参りました。摂政殿兼経(近衛兼経)、左大臣兼平(鷹司兼平)、右大臣家忠(藤原家忠)、内大臣実基(徳大寺実基)、大納言には公相(西園寺公相)、実雄(洞院実雄)、顕定(土御門顕定)、道良(二条道良)、中納言に為経(吉田為経)、良教(粟田口良教)、資季(藤原資季)、冬忠(大炊御門冬忠)、実藤(四辻実藤)、公光(滋野井公光)、通成(中院通成)、定嗣(葉室定嗣)、宰相には通行、師継(花山院師継)、顕朝(姉小路顕朝)、殿上人は、両貫首([蔵人頭])をはじめ数知れませんでした。いつもの年にまさり、この春は参る人で混み合っておりました。人々が立ち並ぶ時、左大臣(鷹司兼平)は、摂政の子(兼平の父は、摂政関白近衛家実いへざね)でしたので、少し下がって立っておりました。右大臣(藤原家忠)もまた、同じように下がって立っておりましたが、内大臣(徳大寺実基)は前に立っておりました。内大臣に続いて、大納言も同じように前に立っておりました。良教(粟田口良教=藤原良教)、公光(滋野井公光)、師継(花山院師継)、顕朝(姉小路顕朝)が、また下がって立っておりましたので、出入してまるで屏風のようでございました。見苦しいことであったと、後に、様々院(後嵯峨院)の御前に申されて、摂政殿(近衛兼経)を問いただし、ちょっとした騒動が起こりましたが、貞応元年(1222。第八十六代後堀河天皇)の例などがございました、故野宮左大臣(徳大寺公継きんつぐ)、時の内大臣(徳大寺実基)の親でございますが、右大臣であられた時に下がって立たれましたのを、その時の記録を見られなかったのではないかと、内大臣の振る舞いは、理解できないことだと沙汰がございました。院の拝礼が終わり、内裏の小朝拝([元日の朝賀の後に大臣以下公卿・殿上人が天皇に拝謁する儀式])、節会などに、皆人々はどうしたものかと思われましたが、大宮院の拝礼は厳しくございました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-28 20:09 | 増鏡 | Comments(0)


「増鏡」烟の末々(その8)

その頃、宰相の三位の若宮、宗尊むねたか親王の御事なり、御書始めとて、人々参り集ひ給ふ。七つにならせ給ふべし。関白殿をはじめ、大臣、上達部残りなし。十二月の二十五日なり。文章の博士序奉らる。管絃の具召されて、人々例の如吹き合はせ給ふ。その後、文台召して、詩の披講ありき。勧盃の儀式、何事も保延ほうえんためしとぞ承りし。




その頃、宰相の三位(平棟子むねこ)の若宮、宗尊親王のことですが、御書始め([読書始め]=[昔、皇族また貴族などの子供が七、八歳になったとき、はじめて読み方を博士から教わる儀式])ということで、人々が参り集まりました。七つになられておられました。関白殿(近衛兼経かねつね)をはじめ、大臣、上達部は一人残らず参りました。十二月の二十五日のことでございました。文章博士が序を読み上げました。管絃の道具が用意されて、人々はいつものように吹き合わせました。その後、文台が出されて、詩の披講がありました。勧盃の儀式は、すべて保延(第七十五代崇徳すとく天皇の時代)に倣われたと聞いております。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-27 08:59 | 増鏡 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧