Santa Lab's Blog


<   2016年 04月 ( 89 )   > この月の画像一覧



「太平記」三月十二日合戦の事(その4)

父の入道遥かに見て馬を打ち寄せ、面に塞がつて制しけるは、「昔佐々木の三郎が藤戸ふぢとを渡し、足利又太郎が宇治川うぢがはを渡したるは、兼ねて澪標みほじるしを立てて、案内を見置き、敵の無勢ぶせいを目に懸けて先をば懸けしものなり。河上かはかみの雪消え水増さりて、淵瀬も見へぬ大河を、かつて案内も知らずして渡さば可被渡か。たとひ馬強くして渡る事を得たりとも、あの大勢おほぜいの中へただ一騎懸け入りたらんは、不被討と云ふ事可不有。天下の安危必ずしもこの一戦に不可限。暫く命をまつたうして君の御代ごよを待たんと思ふ心のなきか」と、再三強ひて止めければ、則祐そくいう馬を立てなほし、抜いたる太刀ををさめてまうしけるは、「御方と敵と可対揚程の勢にてだに候はば、我と手を不砕とも、運を合戦の勝負に任せて見候ふべきを、御方はわづかに三千余騎、敵はこれに百倍せり。急に戦ひを不決して、敵に無勢ぶせいのほどを被見透なば、雖戦不可有利。されば太公が兵道へいだうことばに、「兵勝之術密察敵人之機、而速乗其利疾撃其不意」と云へり、これ以吾困兵敗敵強陣はかりごとにて候はぬや」と云ひ捨てて、駿馬しゆんめに鞭を進め、みなぎつて流るる瀬枕に、逆波さかなみを立ててぞ泳がせける。




父の入道(赤松則村のりむら)は遥かに見て馬を打ち寄せ、前に塞がって制して、「昔佐々木三郎(佐々木盛綱もりつな)が藤戸(現岡山県倉敷市)を渡り、足利又太郎(足利忠綱ただつな)が宇治川を渡ったのは、予ねて澪標([杭])を立て、案内を用意し、敵が無勢であるのを見て先駆けしたのだ。川上の雪は消えて水は増さり、淵瀬も見えぬ大河を、案内も知らずに渡れるものか。たとえ馬が強く渡ることができたとしても、あの大勢の中へただ一騎駆け入れば、討たれぬことはあるまい。天下の安危は必ずしもこの一戦に限るものではない。しばらく命を全うし君(第九十六代後醍醐天皇)の御代を待とうとは思わぬか」と、再三強いて止めると、則祐(赤松則祐のりすけ)は馬を立て直し、抜いた太刀を収めて申すには、「味方と敵の勢が対等のほどならば、我が手を下さぬとも、運を合戦の勝負に任せて見ようと思いますが、味方はわずかに三千余騎、敵はこの百倍はいるでしょう。急ぎ戦いを決せず、敵に無勢のほどを見透かされれば戦えども勝つことはできません。太公の兵道(『六韜』)の詞に、「軍に勝つ術は密かに敵人の機を窺い、不意を突いて速やかに勝つに乗ることである」とあります、これこそ無勢を以って強敵を破る方法ではありませんか」と言い捨てて、駿馬に鞭を打ち、みなぎり流れる瀬枕に、逆波を立てて馬を泳がせました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-30 08:19 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」三月十二日合戦の事(その3)

去るほどに赤松入道円心ゑんしん、三千余騎を二つに分けて、久我縄手こがなはて・西の七条より押し寄せたり。大手おほての勢桂川かつらがはの西の岸に打ち臨んで、川向かはむかひなる六波羅勢を見渡せば、鳥羽の秋山風に、家々の旗翩翻へんぼんとして、城南せいなんの離宮の西さい門より、作道つくりみち四塚よつづか羅城門らしやうもんの東西、西の七条口まで支へて、雲霞の如くに充満したり。されどもこの勢は、桂川を前にして防げと被下知つるその趣きを守つて、川をば誰も越えざりけり。寄せ手はまた、思ひの外敵大勢なるよと思惟しゆゐして、無左右打つて懸からんともせず。ただ両陣互ひに川を隔てて、矢軍に時をぞ移しける。中にもそつの律師則祐そくいう、馬を踏み放して歩立かちたちになり、矢束ね解いて押しくつろげ、一枚楯の陰より、引きめ引き攻め散々に射けるが、「矢軍許りにては勝負を決すまじかり」と独り言して、脱ぎ置いたるよろひを肩に懸け、兜のめ、馬の腹帯はるびを堅めて、ただ一騎岸より下に打ち下ろし、手縄たづな掻い繰り渡さんとす。




やがて赤松入道円心(赤松則村のりむら)は、三千余騎を二つに分けて、久我縄手(久我畷。鳥羽=現京都市伏見区。と山崎=現大阪府三島郡島本町。を結ぶ道)・西七条より押し寄せました。大手([敵の正面を攻める勢])の勢は桂川の西岸に打ち臨んで、川向こうの六波羅勢を見渡せば、鳥羽の秋山風に、家々の旗が翻り、城南離宮(鳥羽離宮)の西門より、作道・四塚(西国街道と鳥羽街道の交差地点)・羅城門の東西、西七条口まで支えて、雲霞の如く充満していました。けれどもこの勢は、桂川を前にして防げとの命を守って、川を誰も越えませんでした。寄せ手もまた、思いの外敵は大勢よと思い、むやみに打って懸かろうとはしませんでした。ただ両陣は互いに川を隔てて、矢軍に時を移しました。中でも帥律師則祐(赤松則祐のりすけ)は、馬から下りて歩立ちになり、矢束ねを解いて押し広げ、一枚楯の陰より、引き詰め引き詰め散々に矢を射ましたが、「矢軍ばかりでは勝負は付くまい」と独り言して、脱ぎ置いた鎧を肩に懸け、兜の緒を締め、馬の腹帯([鞍を馬の背に取りつけるために馬の腹に締める帯])を固めて、ただ一騎岸から下に打ち下ろし、手縄を掻い繰り川を渡ろうとしました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-29 09:14 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」三月十二日合戦の事(その2)

六波羅の北の方、左近の将監仲時なかとき、「事のていを見るに、何様ながら敵を京都にて相待あひまたん事は、武略の足らざるに似たり。洛外ぐわいに馳せ向かつて可防」とて両検断隅田すだ・高橋に、在京の武士二万余騎を相副あひそへて、今在家いまざいけ作道つくりみち西の朱雀しゆじやか・西八条辺へ被差向。これはこの頃南の風に雪解けて河水かはみづ岸に余る時なれば、桂河かつらがはを阻てて戦ひを致せとのはかりごとなり。




六波羅探題の北方、左近将監仲時(北条仲時)は、「軍を見るに、京都で敵を待つのは、武略を用いないのと同じ。洛外に馳せ向かって防げ」と申して両検断([刑事裁判を司る職])隅田・高橋に、在京の武士二万余騎を添えて、今在家(現京都市伏見区)・作道(鳥羽作道。朱雀大路の入口である羅城門より真南に伸びて鳥羽を経由して淀=現京都市伏見区。方面に通じた古代道路)・西朱雀(現京都市伏見区)・西八条(現京都市下京区)辺へ差し向けました。これはこの頃南風に雪が解けて河水が岸に余る時でしたので、桂川を阻てて戦いをせよとの戦術でした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-28 07:24 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」摩耶合戦の事付酒部瀬河合戦の事(その7)

赤松は手負ひ・生け捕りの首三百余、宿の河原しゆくのかはらに切り懸けさせて、また摩耶のじやうへ引つ返さんとしけるを、円心ゑんしんが子息そつの律師則祐そくいう、進み出でてまうしけるは、「軍の利は勝つに乗つて逃ぐるを追ふに不如。今度寄せ手の名字みやうじを聞くに、京都の勢数を尽くして向かつて候ふなる。この勢ども今四五日は、長途ちやうどの負け軍にくたびれて、人馬ともに物の用に不可立。臆病神おくびやうがみの覚めぬさきに続ひて責むる物ならば、などか六波羅を一戦のうちに責め落とさでは候ふべき。これ太公が兵書ひやうしよに出でて、子房しばうが心底に秘せしところにて候はずや」と云ひければ、諸人皆この義に同じて、その夜やがて宿の川原かはらを立つて、路次ろしの在家に火を懸け、その光を手松たいまつにして、逃ぐる敵に追つすがうて責め上りけり。




赤松(赤松則村のりむら)は手負い・生け捕りの首三百余を、宿の河原に切り懸けさせて、また摩耶城に引き返そうとするところに、円心(則村)の子息帥律師則祐(赤松則祐のりすけ)が、進み出て申すには、「軍に勝利するには勝つに乗って逃げる敵を追うことに尽きます。今度の寄せ手の名字を聞くに、京都の勢は数を尽くして向かったと思われます。この勢ども今四五日は、長途の負け軍にくたびれて、人馬ともに物の用にも立たないでしょう。臆病神が覚めぬ前に続いて攻めれば、どうして六波羅を一戦のうちに攻め落とせないとこがございましょう。これ太公(太公望)の兵書に書き、子房(張良。秦末期から前漢初期の政治家・軍師)が心底に秘したところではございませんか」と申したので、諸人は皆この義に同じて、その夜たちまち宿の川原を立って、路次の在家に火を懸け、その光を松明にして、逃げる敵を追いかけて京へ攻め上りました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-27 07:30 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」三月十二日合戦の事(その1)

六波羅には斯かる事とは夢にも知らず。摩耶のじやうへは大勢下しつれば、敵を責め落とさん事、日を過ぐさじと心安く思ひける。その左右さうを今や今やと待ちける所に、寄せ手打ち負けて逃げ上る由披露あつて、実説は未聞。何とある事やらん、不審端多き所に、三月十二日申の刻計りに、淀・赤井あかゐ・山崎・西岡辺にしのをかへん三十さんじふ余箇所に火を懸けたり。「こは何事ぞ」と問ふに、「西国の勢すでに三方さんぱうより寄せたり」とて、京中きやうぢゆううへを下へ返して騒動す。両六波羅りやうろくはら驚ひて、地蔵堂ぢざうだうの鐘を鳴らし洛中の勢を被集けれども、宗との勢は摩耶の城より被追立、右往左往うわうざわうに逃げ隠れぬ。その外は奉行ぶぎやう・頭人なんど被云て、肥えふくれたる者どもが馬に被舁乗て、四五百騎馳せ集まりたれども、皆ただあきれ迷へる計りにて、差したる義勢もなかりけり。




六波羅ではこのようなことになるとは夢にも思っていませんでした。摩耶城へは大勢を下したので、敵を攻め落とすのに、日数を要することはないと安心していました。知らせを今か今かと待つところに、寄せ手が打ち負けて逃げ上ると噂が立ちましたが、実説([本当の話])は聞こえませんでした。何があったかと、怪しく思うところに、三月十二日の申の刻([午後四時頃])ばかりに、淀(現京都市伏見区)・赤井(閼伽井?現京都市伏見区?)・山崎(現大阪府三島郡島本町)・西岡(現京都府向日市)辺三十余箇所に火が懸かりました。「これは何事ぞ」と訊ねると、「西国の勢が三方より攻めて来ます」と答えたので、京中は上を下へ返す騒動となりました。両六波羅(北方、北条仲時なかとき。南方、北条時益ときます)は驚いて、地蔵堂の鐘を鳴らして洛中の勢を集めましたが、主な勢は摩耶城より追い立てられ、右往左往して逃げ隠れていました。そのほか奉行・頭人など、肥えた者どもが馬に舁き乗って、四五百騎馳せ集まりましたが、皆ただあきれ迷うばかりで、これという義勢はありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-27 07:29 | 太平記 | Comments(0)


「増鏡」あすか川(その11)

一院は、御本意ほいを遂げ給はん事をやうやう思す。その年の九月十三夜、白河殿にて月御覧ずるに、上達部・殿上人、例のおほまゐり集ふ。御歌合はせありしかば、内の女房ども召されて、色々の引き物、源氏五十四帖の心、様々の風流ふりうにして、上達部・殿上人までも分かち賜はす。院の御製、

我のみや 影も変はらん あすか川 同じふち瀬に 月はすむとも

かねてより 袖も時雨て 墨染めの 夕べ色ます 峰の紅葉葉

この御歌にてぞ、御本意の事思し定めけりと、皆人、袖を絞りて、こゑも変はりけり。あはれにこそ。民部卿入道為家ためいへ、判ぜさせられけるにも、「身を責め心を砕きて、掻き遣る方も侍らず」とかや奏しけり。




一院(第八十八代後嵯峨院)は、本意(出家)を遂げようと思われるようになられました。その年(文永五年(1268))の九月十三夜に、白河殿(現京都市左京区)で月をご覧になられましたが、上達部・殿上人が、いつものようにいつものように多く参られました。歌合わせがございました、内裏の女房どもを召されて、色々の引き物、源氏五十四帖の心、様々の風流([趣向を凝らす])を尽くされて、上達部・殿上人まで下されました。院の御製([天皇や皇帝、また皇族が手ずから書いたり作ったりした文章・詩歌・絵画など])、

我のみが姿を変えることになるのであろうか。飛鳥川に映る月はかつてと同じ月であるが。

(出家を前にして)袖も時雨れて、峰の紅葉葉のように墨染めの色を濃くしているぞよ。

この歌により、本意を思い定められたと、皆人は、袖を絞り、声も変わりました。悲しいことでした。民部卿入道為家(藤原為家)が、歌を判じて、「身を責める悲しみを思えば、振り払うこともできません」とか奏上されたとか。


[PR]
by santalab | 2016-04-25 18:09 | 増鏡 | Comments(0)


「太平記」摩耶合戦の事付酒部瀬河合戦の事(その6)

敵これを見て、楯の端少し動いて、懸かるかと見ればさもあらず、色めきたる気色に見へける間、七騎の人々馬より飛び下り、竹の一叢ひとむら滋りたるを木楯こだてに取つて、差し詰め引き詰め散々にぞ射たりける。瀬川せがはの宿の南北三十さんじふ余町よちやうに、沓の子を打つたるやうに控へたる敵なれば、何かははづるべき。矢比やころ近き敵二十五騎、真逆まつさかさまに被打落ければ、矢面なる人を楯にして、馬を射させじと立て兼ねたり。平野伊勢の前司・佐用さよ上月かうつき・田中・小寺こてら・八木・衣笠の若者ども、「すはや敵は色めきたるは」と、えびらを叩き、勝つ鬨を作つて、七百余騎くつばみを双べてぞ懸けたりける。大軍の靡くくせなれば、六波羅勢前陣ぜんぢんかへせども後陣不続、行くゆくさきせばし、「しづかに引け」といへども耳にも不聞入、子は親を捨て郎等らうどうは主を知らで、我前われさきにと落ち行きけるほどに、その勢大半討たれてわづかに京へぞ帰りける。




敵はこれを見て、楯の端を少し開いて、懸かるかと思えばそうではなく、驚いたような顔をしているように見えたので、七騎の人々は馬より飛び下り、竹が一叢茂ったのを木楯に取って、差し詰め引き詰め散々に矢を射ました。瀬川宿(現大阪府箕面市)の南北三十余町に、沓の子を打った([たくさんの人や物がすきまなく立ち並ぶ様])ように控えていた敵でしたので、よもや外すことはありませんでした。矢比に近い敵二十五騎が、まっさかさまに打ち落とされると、矢面の人を楯にして、馬を射させまいとして駆け出ませんでした。平野伊勢前司・佐用・上月・田中・小寺・八木・衣笠の若者どもは、「敵は怖気づいておるぞ」と、箙([矢を入れる容器])を叩き、勝き鬨を作って、七百余騎が轡を並べて駆け出ました。大軍はまたたく間に靡いて、六波羅勢は前陣は引き返せども後陣は続かず、行く前狭く、「徐々に引け」と言えども耳にも聞き入れず、子は親を捨て郎等([家来])は主を見捨てて、我先にと落ちて行ったので、その勢の大半が討たれてわずかに京に帰りました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-25 07:27 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」摩耶合戦の事付酒部瀬河合戦の事(その5)

赤松はまた敗軍の士卒を集め、後れたる勢を待ち揃へん為に不懸、互ひに陣を阻てて未だ雌雄を決せず。丁壮ていさうそぞろに軍旅に疲れなば、敵に気を被奪べしとて、同じき十一日赤松三千余騎にて、敵の陣へ押し寄せて、先づ事のていを伺ひ見るに、瀬河せがはの宿の東西に、家々の旗二三百流れ、梢の風に翻へして、その勢二三万騎にさんまんぎもあらんと見へたり。御方をこれに合はせば、百にしてその一二をも可比とは見へねども、戦はで可勝道なければ、偏へにただ討ち死にと心ざして、筑前のかみ貞範さだのり佐用さよ兵庫ひやうごの助範家のりいへ・宇野の能登の守国頼くにより・中山の五郎左衛門ごらうざゑもんじよう光能みつよし飽間あくま九郎左衛門くらうざゑもんの尉光泰みつやす郎等らうどう共に七騎にて、竹の陰より南の山へ打ちがつて進み出でたり。




赤松(赤松則村のりむら)は再び敗軍の士卒を集め、後ろの勢を待ち揃えるために駆けて出ず、互いに陣を阻てて雌雄を決しませんでした。丁壮([働き盛りの男性])はこのまま留まって軍旅に疲れてしまえば、敵の思う壺よと思い、同じ十一日に赤松は三千余騎で、敵の陣へ押し寄せて、軍の陣を見れば、瀬川宿の東西に、家々の旗が二三百流れ、梢の風に翻えり、その勢は二三万騎もあるように思えました。味方がこれと戦えば、百のその一二にも及ばないように見えましたが、戦わず勝つ道はありませんでしたので、一心にただ討ち死にしようと心ざして、筑前守貞範(赤松貞範さだのり。赤松則村の子)・佐用兵庫助範家(佐用範家のりいへ)・宇野能登守国頼(宇野国頼)・中山五郎左衛門尉光能(中山光能)・飽間九郎左衛門尉光泰(飽間光泰)、郎等([家来])とともにに七騎で、竹の陰より南の山に打ち上がって進み出ました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-24 08:49 | 太平記 | Comments(0)


「増鏡」あすか川(その10)

かくて、今上の若宮、六月二十六日親王しんわうの宣旨ありて、同じき八月二十五日、坊に給ひぬ。かく華やかなるにつけても、入道殿は浅ましく思さる。故大臣おとどの先立ち給ひし歎きにしづみてのみ物し給へど、「かかる世の気色を、賢く見給はぬよ」と思し慰む。中宮は、御ぶくの後も御まゐり給はず。御よろづ引き変へ、物怨めしげなる世の中なり。




入道殿(西園寺実兼さねかね。第九十代亀山天皇中宮、西園寺嬉子きしの兄)は残念に思いました。故大臣(西園寺公相きんすけ。西園寺実兼・嬉子の父。太政大臣)の先立たれて悲しみに沈んでおりましたが、「このような世の様を、賢くも見ずに済んだことよ」と思って慰めておりました。中宮(西園寺嬉子)は、喪が明けた後も参りませんでした。世の移り変わりは、(西園寺家にとっては)恨めしいものでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-24 08:45 | 増鏡 | Comments(0)


「増鏡」あすか川(その9)

かやうに聞こゆるほどに、蒙古むくりの軍と言ふ事起こりて、御賀止まりぬ。人々口惜しく、本意ほいなしと思すこと限りなし。何事もうちさましたるやうにて、御修法みしゆほふや何やと、公家・武家、ただこの騒ぎなり。されども、ほどなくしづまりて、いとめでたし。




そうこうするところに、蒙古の軍が起こって(1268年、高麗の第二回使節団が大宰府に到来した。元寇はこの後、文永の役(1274)、弘安の役(1281)のこと)、御賀は中止となりました。人々は残念がって、たいそうがっかりしておりました。華やかさは消えて、御修法や何やと、公家・武家は、騒いでおりました。けれども、ほどなく鎮まって、元通りとなりました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-23 08:35 | 増鏡 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧