Santa Lab's Blog


「平家物語」鱸(その1)

その子どもは皆諸衛しよゑすけになる。昇殿しようでんせしに、殿上てんじやうの交はりを人嫌ふに及ばず。ある時忠盛ただもり、備前の国より上られたりけるに、鳥羽のゐん「明石の浦はいかに」と仰せければ忠盛畏まつて、

有明の 月も明石の うら風に 浪ばかりこそ よるとみえしか

まうされたりければ、ゐんおほきに御感ぎよかんあつて、やがてこの歌をば、金葉集きんえふしふにぞ入れられける。忠盛、また仙洞せんとうに最愛の女房にようばうを持つて夜な夜な通はれけるが、ある夜おはしたりけるに、かの女房のつぼねに、つまに月出だしたるあふぎを取り忘れて、出でられたりければ、かたへの女房たち、「これはいづくよりの月影ぞや、出で所おぼつかなし」など、笑ひあはれければ、かの女房、
雲井より 忠盛きたる 月なれば おぼろげにては 言はじとぞ思ふ

と詠みたりければ、いとど浅からずぞ思はれける。薩摩のかみ忠教ただのりの母これなり。似るを友とかやの風情にて、忠盛の好いたりければ、かの女房もいうなりけり。




平忠盛の子どもたちは皆諸衛佐([諸衛]=[左右近衛府、左右兵衛府、左右衛門府の総称]、[佐]=[次官])になりました。昇殿することになって([佐]は[従五位上相当])、殿上人との交遊を嫌うこともありませんでした。ある時忠盛が備前国(今の岡山県の東南部に香川県、兵庫県の一部を含んだ)から京に上ったので、鳥羽院が「明石の浦はどうだった」と言われたので忠盛は畏まって、

有明の月も明石の浦風(浜風)によって波のように押し寄せてくるので、まるで月夜のように美しかったですよ(「明石の浦」と「浦風」、「波が寄る」と「夜と見えし」を掛けています)。

と詠んだので、鳥羽院はとても感心されて、後にこの歌を、金葉集(『金葉和歌集』は白河院(1053~1129)が勅命した勅撰和歌集、ちなみに白川院は鳥羽院の祖父にあたります、時代が前後しているような気もしますが、[金葉集]が完成したのは、1126年のことらしく、鳥羽院の時代と重なります)に入れられました。忠盛は、また仙洞(上皇の御所)に最愛の女房を持って毎夜通われていましたが、ある夜おいでになったときに、その女房の部屋に、端の方に月が出た扇を忘れて、出ていかれたので、近くの女房たちが、「これはどこに出た月影(月光)でしょうか、出所がよくわかりません(忠盛はいったいどこへ出かけたのでしょうか)」などと、笑い囃したので、その女房は、
雲のいる所から忠盛殿は来られるのです。そんな忠盛殿の月ですから、出所ははっきりしません。ですから言わないでおきましょうよ。

と詠んだので、とても愛情深い仲だと思われたのでした。薩摩守(今の鹿児島県西部)の忠教(平忠教)の母がこの女房なのです。「似るを友」([似た者通しが仲良くなること])のことわざの通りなのでしょうか、忠盛が好き好んだ、その女房も優れた女性でした。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-27 07:54 | 平家物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その13)

越前の守、帰り給ふと聞きて、かの、大殿おとどの「奉れ」とて処分し集め給ひし物ども、所々の荘の券、取り出でて持て参りて、「あやしう侍れども、昔人の言ひ置き給ひしかばなむ」とて奉り給へば、大将殿、見給ひければ、帯三つ、一つは我が取らせしなり、今一つは、さすがにろし、庄の券、ここの図となむありける。




越前守(故大納言の長男)は、左大将殿が三条殿に帰ると聞いて、かの、大殿(故大納言)が「差し上げろ」と分けた物、所々の荘園の券([荘園・田地・邸宅などの所有を証明する手形])を、取り出して持って参って、左大将殿に「大した物ではございませんが、故人の遺言でございます」と言って左大将殿に差し上げました、左大将殿が、品々を見れば、帯が三つありました、一つは左大将殿が大納言にあげたものでした、一つは、それよりもよい物ではありませんでした、ほかに荘園の券、故大納言殿の権利書がありました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-27 06:11 | 落窪物語 | Comments(0)


「平家物語」請文(その1)

大臣殿、平大納言のもとへ、院宣のおもむきをまうされけり。殿、中将ちうじやうの文を開けて見給ふに、「重衡しげひら今生こんじやうで今一度御覧ぜんと思し召されさふらはば、三種さんじゆ神器しんきの御事を、よきやうに申させ給ひて、都へかへし入れさせ給へ。さらずは御目にかかるべしとも存じ候はず」とぞ書かれたる。二位殿、この文をかほに押し当てて、人々のおはしける後ろの障子しやうじを引き開けて、大臣殿の御まへたふれ伏し、しばしは物をものたまはず。ややあつて起き上がり、涙を抑へてのたまひけるは、「これ見給へ、宗盛むねもりきやうより中将が言ひ起こしつることの無残さよ。げにも心の内にいかばかりのことをか思ふらん。ただ我に思ひ許して、三種の神器の御事を、よきやうに申して、都へ返し入れ奉らせ給へ」とのたまへば、大臣殿申させ給ひけるは、「宗盛むねもりもさこそは存じ候へども、さしもに我がてう重宝ちようほう三種の神器を、重衡一人いちにんに代へまゐらせんこと、かつうは世のためしかるべからず。




大臣殿(平宗盛むねもり。清盛の三男で、清盛の継室時子ときこの子)、平大納言(平時忠ときただ。時子の弟)のもとへ、院宣の趣旨を申しました。二位殿(時子)は、中将(平重衡しげひら。清盛の五男で時子の子)の文を開けて見てみると、「重衡を生きてもう一度見たいと思われるのでしたら、三種の神器([天皇が皇位のしるしとして受け継いだという三つの宝物。八咫鏡やたのかがみ天叢雲剣あまのむらくものつるぎ八尺瓊勾玉やさかにのまがたま])を返すよう、うまく取り計らって、都にお帰しください。三種の神器をお返しにならない限りお目にかかれることはありません」と書いてありました。二位殿は、この文を顔に押し当てて、平家の者たちがいる後ろの障子を引き開けて、宗盛の前に倒れ込んで、しばし何も言えませんでした。しばらくして起き上がり、涙を抑えて言うには、「これを見なさい、宗盛、京から重衡が言って寄こしたことを思うとかわいそうになります。心の内でどれほど悲しく思っているのでしょうか。わたしを許して、三種の神器を返すように、平家の者たちを説得して、都に返すようにしてください」と言えば、宗盛が申すには、「わたしもそうしたいのですが、さすがに我が国の大切な宝である三種の神器を、重衡一人に代えて返すことは、世にありえないように思えます。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-27 06:06 | 平家物語 | Comments(0)


「平家物語」八島院宣

日数ひかずれば、院宣の使ひ、御壺おつぼの召し次ぎ花方はなかた、同じき二十八にじふはち日讃岐国八島の磯に下り着いて、院宣を取り出だいて奉る。大臣おほい殿以下いげ卿相けいしやう雲客うんかく寄り合ひ給ひて、この院宣を開かれけり。「一人いちじん聖体せいたい北闕ほつけつ宮禁きうきんを出でて、諸州しよしうかうし、三種さんじゆ神器しんき、南海四国にうづもれて数年すねんふ、もつとも朝家てうかの嘆き、亡国ばうこくもとゐなり。そもそもかの重衡しげひらきやうは、東大寺焼失ぜうしつ逆臣ぎやくしんなり。すべからく頼朝の朝臣あつそんまうくる旨に任せて、死罪に行はるべしと言へども、独り親族に別れて、すでに生捕りとなる。籠鳥ろうてう雲をふる思ひ、はるかに千里の南海に浮かび、帰雁きがん友を失ふ心、定めて九重きうちよう中途ちうとに当然か。しかればすなはち三種の神器、都へかへし入れ奉らんにおいては、かのきやう寛宥くわんいうせらるべきなり。ていれば院宣かくのごとく、よつて執達しつたつくだんの如し。寿永じゆえい三年二月十四日、大膳大夫業忠なりただうけたまはり、謹上きんじやうさきの平大納言殿へ」とぞ書かれたる。




日を経て、院宣([院司が上皇または法皇の命令を受けて出す文書])の使いで、御壺([宮中の局])の召し次ぎ([院の庁や東宮、摂関家などで、雑事を務めた下級職員])花方が、同じ(寿永三年(1184)二月)二十八日に、讃岐国(今の香川県)屋島(今の香川県高松市)の磯に着いて、院宣を取り出だして渡しました。大臣殿(平宗盛むねもり。清盛の三男)以下の卿相雲客([公卿と殿上人])が集まって、この院宣を開きました。「ただ一人の聖体([天皇]、安徳天皇)が、北闕([内裏])の宮禁([皇居])を出て、諸州を行幸し、三種の神器([歴代の天皇が皇位のしるしとして受け継いだという三つの宝物])は、南海四国に持ち出されて数年が経ち、当然のことながら国家は嘆き、国が滅びる原因となっているぞよ。そもそもかの重衡卿(平重衡。清盛の五男)は、東大寺を焼失させた逆臣([主君に背く家来])である。当然頼朝朝臣(源頼朝)が言う通りに、死罪にしようと思うが、ひとり親族と別れて、すでの生捕りの身となっておる。籠の鳥が雲を恋しく思い、はるか千里の南海に浮かび、戻ってくるであろう雁が友を失ったような気持ちで、必ずや九重([宮中])に戻る途中であろう。ならば三種の神器を、都へ返してもらえれば、かの卿(重衡卿)にも寛宥([寛大な気持ちで罪過を許すこと])が下るべきである。ていれば([てへれば]=[以上の次第]後白河院が院宣を下され、執達([上位の者の意向、命令などを下位の者に伝えること])は以上である。寿永三年二月十四日、大膳大夫業忠([大膳大夫]=[大膳職の長官])が承り、つつしんで奉る、上平大納言(平時忠ときただ。清盛の継妻時子ときこの同母弟)殿へ」と書かれていました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-26 07:17 | 平家物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その12)

事果てて、大将殿「今は、いざ給へ。部屋にもぞ籠むる」とのたまへば、「怪しからず、今は、掛けても、かかることなのたまひそ。忘れざりけると聞き給はば、思ひ慎むこと出で来なむかし。亡き人の御代りには、よろしう思させにしがなとこそ思はめ」とのたまへば、「さらなること。女君たちにも、君こそは問ひ給はめ」とのたまふ。




四十九日法要が終ると、左大将殿は落窪の君に「さあ、一緒に三条殿に帰ろう。ここにいたらまた閉じ籠められてしまうぞ」と申したので、落窪の君は「そのようなことをおっしゃらないでください、今だに、気にかけておられていたとしても、どうかおっしゃらないで。閉じ籠められたことを忘れずにいると北の方が聞けば、遠慮されるのではないでしょうか。北の方は亡くなった大納言の代わりとして、親としてわたしたちを大切になさろうと思っておられるはずですし」と申すと、左大将殿は「わかったよ。姉妹たちを、大切にしてやれよ」と申しました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-26 07:03 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その11)

はかなくて御四十九日になりぬ。この殿にてなむ、しける。「こたみこそ果てのことなれば」とて、大将殿いといかめしう置きて給ひけり。子ども、我も我もと、ほどほどに従ひて、し給ひければ、いと猛きにきらきらしき法事になむありける。




あっという間に四十九日になりました。故大納言殿で、法要をとり行いました。「この度は中陰明けの法要だ」と申して、左大将殿はとても盛大に法要を行いました。故大納言の子どもたちも、我も我もと、それぞれ身の程に合わせて、法要をとり行ったので、とても盛大で豪勢な法要となりました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-25 07:06 | 落窪物語 | Comments(0)


「平家物語」内裏女房(その10)

にようばう取り敢えず、

かぎりとて 立ち別るれば 露の身の君より先に 消えぬべきかな

さて女房は内裏へまゐり給ひぬ。その後は守護の武士ども許さねば、時々ただ御文ばかりぞ通ひける。この女房とまうすは、民部みんぶきやう入道にふだう親範しんぱんの娘なり。見目かたち世に優れ、情け深き人なれば、中将ちうじやう南都へ渡されて、斬られ給ひぬと聞こえしかば、やがてさまを変へ、濃き墨染めにやつれ果て、かの後世ごせ菩提をとぶらひ給ふぞあはれなる。




女房はすぐに、

これを限りに別れることになるのであれば、はかない露とおっしゃるあなたよりも先に、消えてしまいたいわたしです。

と急いで女房は内裏へ参りました。守護の武士たちが会うことを許さなかったので、時々文やりとりしました。この女房というのは、民部卿入道親範(平親範ちかのり)の娘でした。顔かたち美しく、情け深い女でしたので、中将(平重衡しげひら。清盛の五男)が奈良へ連れて行かれて、斬られたと聞くと、すぐに様を変え仏門に入って、濃い黒染めの衣を着てみすぼらしい姿となって、重衡の後世([来世の安楽])を弔いましたが哀れなことでした。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-25 07:03 | 平家物語 | Comments(0)


「平家物語」内裏女房(その9)

ややあつて、中将ちうじやう涙を抑へてのたまひけるは、「西国へ下りさふらひし時も、今一度御見参げんざんに入りたかりしかども、大方おほかたの世の物騒がしさ、まうし送るべき頼りもなくして、罷り下り候ひき。その後御文を奉り、御かへりことをも見まゐらせたう候ひつれども、旅の空の物憂さ、朝ゆふ軍立いくさだちにひまなくて、空しう罷り過ぎ候ひき。今度一の谷にていかにもなるべかりし身の、生きながら捕らはれて、再び都へ罷り上り候ふも、御見参に入るべきとのことにて候ふぞや」とて、また涙を抑へてぞ伏し給ふ。互ひの心の内、推し量られてあはれなり。かくて小夜さよもやうやう更け行けば、守護の武士ども、「このほどは大路おほち狼藉らうぜきもぞ候ふに、う疾う」と申しければ、中将力及び給はず、やがてかへし給ふ。車遣り出だせば、中将女房にようばうの袖を控へて、

あふことも 露の命も もろともに 今宵ばかりや かぎりなるらむ




少しあって、中将(平重衡しげひら。清盛の五男)が涙を抑えて言うには、「西国へ下った時も、もう一度会いに行こうと思ったけれども、そもそも戦で世の中は物騒で、お前に伝える方法もないまま、下っていったのだ。その後に、文を贈って、返事をもらおうとおもっていたが、旅のつらさ、朝夕なく出陣しその隙もなくて、空しく時が過ぎていった。今度は一の谷で討たれそうなところを、こうして生きて捕らわれて、再び都に帰ってきたからこそ、お前にやっと会うことができたのだ」と言って、また涙を抑えて倒れこんでしまいました。お互いの胸の内が、分かって悲しいものでした。こうして夜も更けていったので、重衡の護衛の武士たちは、「このごろは大路で狼藉をはたらく者もいるので、早く帰りなさい」といったので、重衡はどうしようもなく、すぐに女房を返しました。女房の車が出ようとすると、重衡は女房の裾を引っ張って、

お前に会うことも、わたしのはかない命も、同じく、今宵限りのことだと思ってほしい。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-24 07:12 | 平家物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その10)

御忌みのほどは、誰も誰も、君達、例ならぬ屋の短きに、移り給ひて、寝殿には、大徳たち、いと多く籠れり。大将殿おはせぬ日なし。立ちながら対面し給ひつつ、すべきやうなど聞こえ給ふ。女君の御服のいと濃きに、精進のに少し青み給へるが、あはれに見え給へば、男君、うち泣きて、

涙川 わがなみたさへ 落ち添ひて 君がたもとぞ ふちと見えける

とのたまはば、女、
袖朽たす 涙の川の 深ければ ふちの衣と いふにぞありける

など聞こえ給ひつつ、行き還りありき給ふほどに、三十日の御忌み、果てぬれば、「今はかしこに渡り給ひね。子ども恋ひ聞こゆ」とのたまへば、「今いくばくにもあらず。御四十九日果てて渡らむ」とのたまへば、ここになむ夜はおはしける。




中陰([四十九日])の間は、誰かれも、故大納言の子どもたちは、いつもと違う、落ち窪に住んで、寝殿([母屋])には、大徳([僧])たちが、とても多く籠もっていました。左大将殿が訪ねて来ない日はありませんでした。左大将殿は立って落窪の君と会い、これからの事などを話しました。落窪の君の袖が涙で色濃く染まり、精進([修行])のために少し青白い顔をしていたので、哀れに思って、左大将殿は、泣きながら、

涙で色を染めたあなたの袂に、わたしの涙まで落ちるので、袖はまるで淵([水を深くたたえている所])のように見えます。

と申すと、落窪の君は、
袖が朽ちるほど、涙の川が深いので、この喪服を淵の衣([藤衣]=[麻布で作った喪服])と呼ぶのでしょうか。

と答えました、こうして左大将殿が通っているうちに、三十日の忌みが、明けたので、落窪の君は「三十日の忌みが明けましたのであなたは三条殿にいらしてください。子どもたちもあなたのことを恋しく思っています」と言うと、左大将殿は「中陰も残りわずかだ。四十九日が明けたら三条殿に帰ろう」と申して、夜には故大納言殿に通いました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-24 07:06 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その9)

かの殿には、御忌よき日とて、三日と言ふに、をさめてまつり給ふ。大将殿の御送りに、四位、五位、いと多くあゆみ続きたりける。「げに、のたまひしやうに、死にのさいはひ限りなし」と言ふ。




大納言殿では、葬儀によき日であると、大納言が亡くなって三日後に、葬儀をとり行いました。左大将殿も参列したので供として、四位、五位の者たちが、とても多く左大将殿に続きました。左大将殿は「本当に、大納言殿が申した通り、とても幸せな最期である」と申しました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-07-23 07:17 | 落窪物語 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧