Santa Lab's Blog


「一遍聖絵」第一〔第一段〕(その2)

上人学問のためならば、浄土の章疏文字を読みをして来たるべき由、示し給ふによりて、独り出でて肥前国清水の華台けだい上人の御許にまうで給ひき。




聖達しようたつ上人は学問をしたいのであれば、浄土の章疏([仏典の注釈書])に書かれた文字を読んでから来なさいと、示し申されたので、随縁(一遍上人)は独り禅室を出て肥前国の清水寺(現福岡県鞍手郡若宮町にある寺)の華台上人の許を訪ねました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-07-08 07:05 | 一遍聖絵

<< 「落窪物語」巻三(その66)      一遍聖絵 >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧