Santa Lab's Blog


「義経記」弁慶義経に君臣の契約す事(その1)

頃は六月十八日の事なるに、清水きよみづ観音くわんおんに上下参篭さんろうす。弁慶も何ともあれ、昨夕ゆふべをとこ清水にこそあるらんに、まゐりて見ばやと思ひてまゐりける。あからさまに清水の惣門そうもんたたずみて待てども見え給はず。今宵こよひもかくてかへらんとするところにいつもの癖なれば、夜更けて清水坂の辺りに例の笛こそ聞こえけれ。弁慶「あら面白の笛の音や、あれをこそ待ちつれ。この観音とまうすは、坂上さかのうへの田村麻呂丸の建立こんりうし奉りし御仏なり。我三十三じんに身を変じて衆生しゆじやうの願ひを満てずは、祇園精舎ぎをんしやうじやの雲に交はり、永く正覚しやうがくを取らじと誓ひ、我が地に入らん者には福徳をさづけんと誓ひ給ふ御仏なり。されども弁慶は福徳も欲しからず、ただこの男の持ちたる太刀を取らせてべ」と祈誓して、門前にて待ちかけたり。




六月十八日のことでした、清水寺(京都市東山区にある寺)の観音に上下の者たちが参篭([社寺堂に籠り、神仏に祈願すること])しました(十八日は観音の縁日)。弁慶は何としても、昨夜の男が清水寺にいるに違いないから、参って会おうと思い清水寺に出かけました。弁慶は清水寺の惣門([大門])に立って待ちましたが男の姿は見えませんでした。今夜は帰ろうとすると、男はいつものように、夜更けて清水坂([京都市東山区、松原通りの東大路から清水寺に至る坂])に出て笛を吹いたので辺りから笛の音が聞こえてきました。弁慶は「音色のいい笛の音だ、奴に違いない待つことにしよう。清水の観音は、坂上田村麻呂が建立した仏である。わたし(観音)は三十三身([観世音が衆生を救うため、場合に応じて変化する三十三の姿])に身を変じて衆生([人])の願いを叶えられずば、祇園精舎([釈迦教団のために建てた僧坊])の雲に乗り、永遠に正覚([真の悟り])を取ることはないと誓い、わたしのいる地に参る者には福徳を授けようと誓った仏だ。けれどもわし弁慶は福徳など欲しくはない、ただあの男の持っている太刀を取らせてくれ」と祈誓して、清水寺の門前で待ち構えました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-12-18 10:24 | 義経記

<< 「義経記」弁慶義経に君臣の契約...      「義経記」弁慶洛中にて人の太刀... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧