Santa Lab's Blog


「義経記」義経陵が館焼き給ふ事(その1)

きつと思し召し出だされけるは、義経が九つの年、鞍馬にありて東光房とうくわうばうの膝のうへねたりし時、「あはれをさなき人の御目の気色や。如何なる人の君達にて渡らせ給ひさうらふやらん」と言ひしかば、「これこそ左馬のかみ殿の君達」とのたまひしかば、「あはれ、すゑの世に平家の為には大事かな。この人々を助け奉りて、日本につぽんに置かれん事こそ獅子虎ししとらを千里の野辺に放つにてあれ。成人し給ひ候はば、決定けつぢやうの謀反にてあるべし。聞きも置かせ給へ。自然の事候はん時、御尋おんたづね候へ。下総しもつさの国に下河辺の庄とまうす所に候ふ」と言ひしなり。遙々はるばる奥州あうしうへ下らんよりもみささぎが許へ行かばやと思し召し、吉次きちじをば「下野しもつけむろの八嶋にて待て。義経は人を尋ねてやがて追ひつかんずるぞ」とて、陵が許へぞおはしける。




はっきりと思い出したことは、義経が九歳の年、鞍馬寺で東光坊(蓮忍れんにん)の膝の上で寝ていた時に、「かわいい幼子だ。何と申す人の君達([子])ですか」と訊ねると、東光坊が「この子こそ左馬頭殿(源義朝よしとも)の君達です」と答えると、「そうでしたか、後の世に平家にとっての大事となりましょう。この子を助けて、日本に置いておくことは獅子虎を千里の野辺に放つようなものです。成人すれば、必ずや謀反を起こしましょう。覚えておいてください。もし事を起こすようなことがありましたら、わたしの許を尋ねてください。下総国の下河辺庄(現千葉県野田市あたり)と申す所におりますので」と言いました。義経は遙々と奥州へ下るよりも陵(堀頼重よりしげ。源光重みつしげの三男。官位は諸陵頭しよりようのかみ)の許へ行こうと思い、吉次に「下野の室の八島(現栃木県栃木市にある大神おおみわ神社境内の池にある八つの島)で待て。わたし義経は人を尋ねてすぐに追ひ付くから」と申して、陵の許を訪ねました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-12-23 09:09 | 義経記 | Comments(2)
Commented by 八島 守 at 2014-09-06 12:03 x
「下野の室の八嶋にて待て」につきまして

室の八島(現栃木県栃木市にある大神おおみわ神社境内の池にある八つの島)なんて、馬鹿なことになるのは、1955年以降です。

源義経時代の室の八島は(下野国府の集落)でした。

義経は吉次に「下野国府で待て」と言ったんです。
Commented by 八島 守 at 2017-12-10 09:03 x
さらに付け加えますと、この池が作られたのは1738年頃です。

<< 「義経記」義経陵が館焼き給ふ事...      「義経記」阿野禅師に御対面の事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧