Santa Lab's Blog


「承久記」方々責口御固の事(その2)

都にはまた悦び合へり。「いま一度支へて御覧あるべし」とて、美濃の竪者りつしや観厳くわんげん、水尾が崎の大将なり。その勢一千余騎。勢多の橋には山田の次郎・伊藤の左衛門のじよう、大将軍にて、三塔の大衆をさし添へらる。その勢三千余騎。供御くごの瀬には前の民部の少輔しよう入道・能登のかみ・平九郎判官・下総しもふさの前司・後藤の判官、西面のともがら相添へ二千余騎。鵜飼うかひの瀬には、長瀬の判官代、河原の判官代一千余騎。宇治には源の中納言・甲斐の宰相中将・右衛門のすけ・大内の修理大夫・伊勢の前司清定きよさだ・小松の法印・佐々木の山城の守弥太郎判官、西面の輩、二万余騎。まきの島には足立の源左衛門のじよう。芋洗には一条の宰相中将・二位の法印尊長そんちやう、一千余騎。淀には坊門の大納言忠信ただのぶ、一千騎。広瀬は阿野の入道五百余騎、都合御勢三万三千騎とぞ聞こえける。




主上上皇(仲恭ちゆうきよう天皇と順徳院)が還御されたので都ではまたよろこび合いました。京方では「今一度防いでみせましょうぞ」と申して、美濃竪者観厳が、水尾崎(三尾の崎。現滋賀県高島市)の大将となりました。その勢は一千騎余りでした。勢多橋(瀬田の唐橋。現滋賀県大津市)へは山田次郎(山田重忠しげただ)・伊藤左衛門尉が、大将軍として、三塔(延暦寺)の大衆([僧])を引き連れて向かうことになりました。その勢は三千騎余りでした。供御瀬(現滋賀県大津市)は前民部少輔入道(大江親広ちかひろ)・能登守(藤原秀康ひでやす)・平九郎判官(三浦胤義たねよし)・下総前司(小野盛綱もりつな=成田盛綱)・後藤判官(後藤基清もときよ)、西面の武士([院の西に勤務した武士])たちを含め二千騎余りでした。鵜飼の瀬には、長瀬判官代、河原判官代が一千騎余りで向かうことになりました。宇治(現京都府宇治市)には源中納言(源有雅ありまさ)・甲斐宰相中将(藤原範茂のりもち)・右衛門佐(藤原朝俊ともとし)・大内修理大夫・伊勢前司清定・小松法印・佐々木山城守弥太郎判官(佐々木高重たかしげ)、西面の武士ら、二万騎余りで向かうことになりました。槇島城(京都府宇治市槇島町にかつて存在した城郭)には足立源左衛門尉が向かうことになりました。芋洗(現京都府久世くせ郡)には一条宰相中将(一条信能のぶよし)・二位法印尊長(一条信能の弟)が、一千騎余りで向かうことになりました。淀(現京都市伏見区)には坊門の大納言忠信(坊門忠信)が一千騎余りで向かうことになりました。広瀬には阿野入道が五百騎余りで、都合三万三千騎と言われました。


続く


[PR]
by santalab | 2014-02-21 08:49 | 承久記

<< 平治物語      「義経記」判官吉野山に入り給ふ... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧