Santa Lab's Blog


「滝口入道」横笛(その4)

何の御用と問はれて少々ためらひしが、「今宵の御宴の果てに春鶯囀しゆんあうてんを舞はれし女子をなごは、いづれ中宮の御内みうちならんと見受けしが、名は何と言はるるや」。老女は男の容姿をしばし眺め居たりしが微笑みながら、「さても笑止の事もあることかな、西八条を出づる時、色清げなる人の妾を捉へて同じ事を問はれしが、あれは横笛とて近き頃御室おむろさとより雑仕さうしに見えし者なれば、知る人なきもことわりにこそ、御身は名を聞いて何にし給ふ」。男はハツと顔赤らめて、「優れて舞ひの上手なれば」。答ふる言葉聞きもしまはらで、老女は「ホホ」と意味ありげなるみを残して門内に走り入りぬ。




何のご用でしょうと問われて侍は少しためらいましたが、「今宵の御宴の終わりに春鶯囀を舞った女子は、おそらく中宮(平徳子)に仕える者ではないかと思うが、名は何という」と訊ねました。老女は男の表情をしばらく眺めていましたが微笑んで、「それにしてもおかしな事があるものです、西八条を出る時、美しい男の人がわたしを呼び止めて同じ事をお聞きになられましたが、あれは横笛と申して最近御室(今の京都市左京区にある仁和寺。後白河院御所)の郷より雑仕([下級女官])に来ている者ですので、知る人がいないのも当然のことですが、あなたは名を聞いてどうなさるおつもりですか」。侍はハッと顔を赤らめて、「とても舞いが上手だったので」。侍が答える言葉を聞き終わらないうちに、老女は「ホホ」と意味ありげな笑みを残して内裏の門内に走り入りました。


続く


[PR]
by santalab | 2014-03-04 18:18 | 滝口入道 | Comments(0)

<< 「滝口入道」横笛(その5)      「滝口入道」横笛(その3) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧