Santa Lab's Blog


「承久記」宇治の敗るる事(その6)

山城の太郎左衛門駆け廻るを、佐々木四郎左衛門が手に取り籠めて生け捕りけり。さるほどに板東方の兵ども、深草・伏見・丘の屋・久我・醍醐・日野・勧修寺・吉田・東山・北山・東寺・四塚に馳せ散らす。あるひは一二万騎あるひは四五千騎、旗の足をひるがへして乱れ入る。三公・卿相けいしやう・北政所・女房局・雲客うんかく・青女房・官女・遊女以下に至るまで、声を立てておめき叫び立ち迷ふ。




山城太郎左衛門(佐々木高重たかしげ)が京中を駆け廻っているところを、佐々木四郎左衛門(佐々木信綱のぶつな)が生け捕りました。さるほどに坂東方の兵たちは、深草(現京都市伏見区)・伏見(現京都市伏見区)・丘の屋(?)・久我(現京都市伏見区)・醍醐(現京都市伏見区)・日野(現京都市伏見区)・勧修寺(現京都市山科区)・吉田(現京都市左京区)・東山(現京都市東山区)・北山(現京都市左京区、北区、右京区)・東寺(現京都市南区)・四塚(現京都市南区)に馳せ散りました。あるいは一二万騎あるいは四五千騎で、旗印をはためかせながら京に乱れ入りました。三公([太政大臣・左大臣・右大臣])・卿相([公卿])・北政所([摂政・関白などの正妻])・女房たち・雲客([殿上人])・青女房([年若く物慣れない身分の低い女官])・官女([女官])・遊女以下に至るまで、声を上げて泣き叫び逃げまどいました。


続く


[PR]
by santalab | 2014-04-19 08:55 | 承久記

<< 「宇津保物語」俊蔭(その24)      「承久記」宇治の敗るる事(その5) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧