Santa Lab's Blog


「太平記」後醍醐天皇御治世の事付武家繁昌の事(その5)

また永仁えいにん元年より、鎮西に一人の探題たんだいを下し、九州の成敗を司らしめ、異賊襲来の守りを固うす。されば一天下、あまねくかの下知げぢに不随と言ふ所もなく、四海のほかも、等しくその権勢に服せずと言ふ者はなかりけり。朝陽てうやう不犯ども、残星ざんせい光を奪はる、習ひなれば、必ずしも、武家より公家をないがしろにし奉るとしもはなけれども、所には地頭強うして、領家りやうけは弱く、国には守護重うして、国司はかろし。




また永仁元年(1293)より、鎮西に一人の探題(鎮西探題)を下し、九州の成敗を司らせ、異賊襲来の守りを固めました。そうして一天下は、余すところなく北条氏の下知([命令])に従わない所はなく、四海([国内])の外でさえも、同じくその権勢に服さない者はいませんでした。朝陽が遮ることなくとも、残星の光を奪うのは、習いならば、必ずしも、武家が公家をないがしろにすることはなくとも、国々では地頭([荘園を管理支配するために設置した職])の威が強くなり、領家は弱く、国では守護([国単位で設置された軍事指揮官・行政官])が重じられて、国司は軽んじられるようになりました。


続く
[PR]
by santalab | 2014-05-22 22:21 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」後醍醐天皇御治世の事...      「太平記」後醍醐天皇御治世の事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧