Santa Lab's Blog


「太平記」本朝将軍補任兄弟無其例事(その2)

その後時代遥かに隔たつて藤原ふぢはらの朝臣小里丸をざとまる大伴おほとも宿禰すくね家持やかもち・紀の朝臣古佐美こさみ・大伴の宿禰乙丸おとまる坂上さかのうへの宿禰田村丸たむらまる文屋ふんやの宿禰綿丸わたまる・藤原の朝臣忠文ただふみ・右大将宗盛むねもり・新中納言知盛とももり・右大将源の頼朝よりとも・木曽の左馬のかみ源の義仲よしなか左衛門さゑもんかみ頼家よりいへ・右大臣実朝さねともに至るまでその人十六人皆功の抽賞ちうしやうに依つて、父子その先を追ふ事ありといへども、兄弟一時に相並あひならんで、大樹の武将に備はる事、古今いまだその例を聞かずと、その方様の人は、皆驕逸けういつの思ひ気色きしよくあらはれたり。




その後時代遥かに隔たって(時代を隔てるのは、宗盛以降だが)藤原朝臣小里丸(藤原仲麻呂?)、大伴宿禰家持(大伴家持)・紀朝臣古佐美(紀古佐美)・大伴宿禰乙丸(大伴弟麻呂)・坂上宿禰田村丸(坂上田村麻呂)・文屋宿禰綿丸(文屋綿麻呂)・藤原朝臣忠文(藤原忠文)・右大将宗盛(平宗盛。清盛の三男)・新中納言知盛(平知盛。清盛の四男)・右大将源頼朝(鎌倉幕府初代将軍)・木曽左馬頭源義仲(木曽義仲)・左衛門督頼家(鎌倉幕府第二代将軍)・右大臣実朝(源実朝。鎌倉幕府第三代将軍)に至るまでその人十六人皆功の抽賞によって、父子その先を追うことはありましたが、兄弟一時に相並んで、大樹の武将に備わること、古今いまだその例を聞かず(清盛の長男重盛しげもりが左大将、三男宗盛が右大将になったことが『平家物語』に書かれていますが)と、その当時の者たちは、皆驕逸([驕りたかぶって勝手な行動をすること])の思いを顔色に顕わしました。


続く
[PR]
by santalab | 2014-05-25 10:43 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」本朝将軍補任兄弟無其...      「太平記」本朝将軍補任兄弟無其... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧