Santa Lab's Blog


「曽我物語」十郎が討ち死にの事(その2)

しかれども、忠綱ただつな究竟くつきやうつはものなれば、おもても振らず、大音声だいおんじやうにて罵りけるは、「伊豆いづの国の住人ぢゆうにん、新田の四郎しらう忠綱、生年しやうねん二十七歳、国を出でしより、命をば君に奉り、名をば、後代こうたいに留め、かばねをば富士の裾野にさらす。さりとも、後ろを見すまじきぞ。御分ごぶんも引くな」と言ふままに、互ひにしのぎけづり合ひ、時を移して戦ひけるに、新田の四郎は、新手なり。十郎じふらうは、よひの疲れ武者、おほくの敵に打ち合ひて、かひな下がり、力も弱る。太刀より伝ふ汗に血と、手の打ち繁くまはりければ、太刀をひらめて受くるところに、十郎が太刀、つば本よりれにけり。




けれども、忠綱(仁田忠常ただつね)は、究竟の兵でしたので、恐れることなく、大声を張り上げて、「伊豆国の住人、新田四郎忠綱、生年二十七歳、国を出てからは、命を君(源頼朝)に奉り、名を、後代に留め、屍をば富士の裾野に晒す。たとえそうなろうが、敵に背を向けることはない。お前も逃げるな」と言うままに、互いにしのぎを削り合い、時を移して戦いました、新田四郎は、新手でした。十郎(曽我祐成すけなり)は、宵の疲れ武者、多くの敵と打ち合って、腕は下がり、力も弱っていました。太刀に伝う汗に血が混じり、忠常が繁く手を打ち出すと、太刀を横にして受けていましたが、十郎の太刀は、鍔本より折れてしまいました。


続く


[PR]
by santalab | 2014-07-29 09:01 | 曽我物語

<< 明日に向かって走れ(あの日に戻...      「曽我物語」十郎が討ち死にの事... >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧