Santa Lab's Blog


「とりかへばや物語」巻一(その13)

その日になりて、この殿の御しつらひ、世の常ならず磨き立てて、姫君渡し奉り給ふ。東の上も渡り給へり。大殿ぞ御腰は結ひ給ふ。うとうとしからぬはねぢきたれど、さすがにかたはら痛く思すなるべし。かかる御事どもを聞くよそ人は、思ひ寄るべき事ならねば、ただ若君姫君を思ひたがへ、聞きひがめたりけるとのみぞ心得ける。まれまれくはしく知りたる人は、またいかでかうち出づべきことの様ならねば、並べて世に知る人なきぞいとよかりける。




姫君【若君】の裳着の日になりました、殿の設えを、世のものとも思えぬほどに飾り立てて、姫君【若君】を母屋もやに渡しました。大殿(姫君【若君】の祖父)が腰結([裳の腰紐を結ぶ腰結の役])をされました。身内が腰結をするのは通常ではありませんでしたが、さすがに他人には任せるのを憚ったのでございましょう。裳着のことを聞く他人は、まさか若君とは思いもしませんでしたので、姫君を若君と聞き間違いをしていたのだろうと思うのでした。わずかに本当のことを知る人も、おめでたい席で申すことでもなく、世に知られることがないことがせめての救いでございました。


続く


[PR]
by santalab | 2014-09-11 08:42 | とりかへばや物語

<< 「とりかへばや物語」巻一(その14)      「増鏡」叢時雨(その6) >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧