Santa Lab's Blog


「曽我物語」費長房が事(その1)

古きを思ふに、昔、大国たいこくに、費長房ひちやうばうと言ふ者あり。仙術せんじゆつを習ひ得て、暗きところもなかりしが、天に上がる術を習はずして、いまだ空しく凡夫ぼんふに交はりありきけり。ある時、所用の事あつて、長安ちやうあんの市に出でて、商人あきびとに伴ひしに、ある老人らうじん、腰に壺を付けて、この者、市に交はりける。知音ちいんは、知ることわりにて、この者、只人ただひとならずと、目を放さで見るに、この老人、かたはらに行き、腰なる壺を下ろし、その壺に出で入りにけり。さればこそ、仙人なれとて、その人のいへに付きて行きぬ。




古い時代のことだが、昔、大国に、費長房と言う者がおったそうだ。仙術を習得して、知識も豊富だったが、天に上る術を知らず、空しく凡夫に交わっておった。ある時、所用があって、長安の市に出かけようと、商人に付いて行くと、ある老人が、腰に壺を付けておってな、その老人の後に付いて、市まで出かけたのだ。知音([互いによく心を知り合った友])は、自ずと知れるもの、この者は、只人ではないと、目を放さずに見ておったが、この老人は、路地の端で、腰に付けた壺を下ろして、その壺に出入りしたのだ。きっと、仙人に違いないと、費長房はその人の家に付いて行ったそうだ。


続く


[PR]
by santalab | 2015-04-22 14:08 | 曽我物語 | Comments(0)

<< 「曽我物語」千草の花見し事(その8)      「曽我物語」同じく相撲の事(そ... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧