人気ブログランキング |

Santa Lab's Blog


「曽我物語」費長房が事(その3)

よくよく見廻りて、『今は出でん』と言ふ。老人らうじん、竹のつゑを与へて、『これを付きて出でよ』と言ふ。すなはち、付くと思へば、時の間に、をしみつと言ふ所に至りぬ。この杖を捨てければ、すなはち竜と成りて、天に上がりぬ。費長房ひちやうばうは、鶴に乗りて、天に上りけり。これも、功を積もるゆゑなり。三年までこそなくとも、待ちて見よ」とぞまうしける。




壺の中の世界をよくよく見廻ってから、費長房が『壺から出ましょう』と申した。老人は、竹の杖を費長房に与えて、『これを付いて出よ』と申した。すぐさま、費長房が杖を付いたかと思えば、あっという間に、をしみつ(睢水すゐすゐ?項羽と劉邦の戦い、睢水の合戦の場所。現河南省)と言う所に着きました。この杖を捨てると、たちまち竜となって、天に上っていった。費長房は、鶴に乗って、天に上ったそうだ。これも、功を積んだ故のことよ。三年とは言わないが、しばらく待ってみようではないか」と申しました。


続く


by santalab | 2015-04-24 12:28 | 曽我物語

<< 「曽我物語」河津が討たれし事(...      「曽我物語」禅師法師が自害の事... >>
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧