人気ブログランキング |

Santa Lab's Blog


「曽我物語」橘の事(その6)

とう九郎盛長もりながは、これを賜はりて、つくづく思ひけるは、当腹たうはらどもは、事の外悪女あくぢよの聞こえあり、君思し召し遂げん事あるべからず、北条ほうでうにさへ、御仲たがはせ給ひては、いづ方に御入りあるべき、果報くわほうこそ、劣り奉るとも、手跡は、如何でか劣り奉るべきとて、御文を二十一の方へとぞ書き替へける。さて、少将せうしやうつぼねして、まゐらせたりけり。姫君御覧じて、思し召し合はする事あり、この暁、白き鳩一つ飛び来たりて、口よりこがねの箱に文を入れて吹き出だし、わらはが膝のうへに置き、虚空に飛び去りぬ、開きて見れば、すけ殿の御文なり、急ぎ箱にをさむると思へば、夢なり、今うつつに文見る事、不思議さよと思し召して、打ち置きぬ。




藤九郎盛長(安達盛長)は、文を賜わり、よくよく考えました、当腹([今の妻の腹から生まれたこと])どもは、意に反して悪女の噂があり、君(源頼朝)が願いを叶えることはできまい、北条にさえ、仲違いされては、居場所もない、果報は、劣るとも、手跡は、劣るものではあるまいと、文を二十一の方(北条政子)へと書き替えました。そして、少将の局を遣って、文を参らせました。姫君は文を見て、思い合わせることがありました、この明け方、白い鳩が一羽飛んで来て、口から金の箱に文が入ったものを吹き出し、わたしの膝の上に置き、空に飛び去りました、文を開いて見れば、佐殿(源頼朝)からの文でした、急ぎ箱に納めると思えば、夢でしたが、今現に文を見て、不思議なことと思い、文を置きました。


続く


by santalab | 2015-06-03 15:30 | 曽我物語

<< 「栄花物語」月の宴(その1)      「曽我物語」鬼王・道三郎帰りし... >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧