Santa Lab's Blog


「曽我物語」呉越の戦ひの事(その26)

さて、かの西施せいしは、一度ひとたびめば、ももの媚びあり、一度宮中に入りぬれば、呉王ごわう、心を惑はす。呉王は、思ひよりも心あくがれて、婬楽を好みて、夜とも知らず、遊宴いうえんをもつぱらとして、国の危ふきをもかへりみず、まことに范蠡はんれいが諌めたがはずと見えける。




さて、かの西施は、一度微笑めば、百の艶めきあり、一度宮中に入れば、呉王(夫差ふさ)は、心を惑わせました。呉王は、思いもしないほどに惹かれて、婬楽を好み、夜も関わりなく、遊宴にふけり、国の危機もかえりみませんでした、まこと范蠡が申した通りとなりました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-06-27 10:48 | 曽我物語 | Comments(0)

<< 「曽我物語」呉越の戦ひの事(そ...      「曽我物語」呉越の戦ひの事(そ... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧