人気ブログランキング |

Santa Lab's Blog


「曽我物語」呉越の戦ひの事(その27)

ここに、呉王ごわうの臣下伍子胥ごししよ、これを歎き、呉王を諌めていはく、「君見ずや、いん紂王ちうわうは、妲己だんきに迷ひて、世を乱し、しゆう幽王いうわうは、褒姒ほうじを愛して、国をかたぶけられし事、とほきにあらず」と、度々諌めけれども、敢へて、これを聞かず。ある時、呉王、西施せいしに宴せんとて、群臣くんしんを集め、枯蘇台こそたいにして、花にゑいを勧めけるが、さしも玉を敷き、こがねおほうする瑶階ようかいを上るとて、もすそを高く掲げて、深きみづを渡る時の如くにせり。人これを怪しみ、そのゆゑを問へば、「この枯蘇台、今越王ゑつわうに滅ぼされ、草深く、露繁きとならん事とほからず。我、もしそれまで命あらば、昔の跡見んに、袖より余る荊棘けいきよくの露深かるべき行くすゑの秋、思へば、斯様かやうにして渡らん」とぞまうしける。君王くんわうを始めて、聞く者、奇異の思ひをなせり。果たして思ひ合はせられけり。




ここに、呉王(夫差ふさ)の臣下伍子胥は、これを嘆き、呉王を諌めて申すには、「君は知っておられましょう、殷の紂王(殷朝第三十代にして最後の王)は、妲己に心迷い、世を乱し(『酒池肉林』の語源となった)、周の幽王(周朝の第十二代王) は、褒姒を愛して、国を傾けました、遠い昔のことではございません」と、度々諌めましたが、まったく、聞く耳を持ちませんでした。呉王が、西施のために宴を催して、群臣を集め、枯蘇台(枯蘇城。現江蘇省蘇州市姑蘇区)で、花見に酔いました、玉を敷き、黄金で飾った瑶階([玉の階段])を上る時、伍子胥は裙を高く持ち上げて、深き水を渡るようでした。人はこれを怪しみ、その訳を訊ねると、「この枯蘇台も、たちまち越王(勾踐こうせん)に滅ぼされ、草深く、露繁き地となること遠い先のことではありません。わたしに、もしそれまで命あればですが、昔の跡を見るような思いです、袖より余る荊棘([イバラなど、とげのある低い木])の露深い階を、上っているように思えて、このような姿で渡ったのです」と申しました。君王(夫差)をはじめ、聞く者にとっては、不思議なことでした。果たして思い合わせられたのでした。


続く


by santalab | 2015-06-27 10:53 | 曽我物語

<< 「曽我物語」呉越の戦ひの事(そ...      「曽我物語」呉越の戦ひの事(そ... >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧